スポンサードリンク


松屋の中華に驚く~松軒中華食堂・千歳烏山店

matsukenshokudo201708_02wm.jpg
この直後に、お店の前に長い行列が…。


牛丼や定食でお馴染みの外食チェーン「松屋」。KAYSも大ファンだというのは、先日もお伝えしたばかり(たとえばこちら)。

そして、松屋は他の業種展開もしており、実験店舗が何種類か。その中でも、とんかつの松乃家は成功だったようで、すっかりと店舗数も増えています。他にも,お寿司屋さんがあったり、イタリアンがあったり…と結構興味深いお店が本社所在地の三鷹にあります。

そして、この度、新たな業種展開が。

それが中華!

「松軒中華食堂」です。

しかも、場所は我々の地元仙川の隣駅、千歳烏山。ここに一号店ができるなんて。

あれ?このあたりは中華の東秀の本社があり、千歳烏山にも駅の両側にその店舗が…。うーん、仁義なき戦いだ。

で、お店のコンセプトは…とHPで確認してみると…、

ふむふむ、松屋のモットーである、安心な食材を添加物を使わない調理で…。これが中華でも実践されるのか。少なくとも食材は、そのこだわりが見えています。うーん、楽しみです。

そして、値段も。なんと醤油拉麺(ラーメン)が450円。そしてビールの中ジョッキにいたっては270円。つまみの皿もいろいろあるし、これはKAY2のような「ちょい飲み愛好家」にはたまりません。

8月22日に開店して、数日たちます。KAY1がお店の前を通りかかり報告してくれます。「凄いよ。夜9時だというのにお店の前には行列ができているの!」

そうなるといてもたってもいられません。少し早い時刻にということで、翌日、夕方の6時過ぎに駅で待ち合わせします。少し早めの6時前に駅に着いたKAY2、偵察してみると…、うん、まだお店のテーブル、空きがあります。

そしてKAY1を駅に迎えに戻り、6時10分、お店の前に到着すると…

嗚呼!

なんとお店の前に行列が。もう7人も並んでる!タッチの差です。恐るべし。

このあと、行列は我々がお店を出る時まで途切れることがありませんでした。

20分ほど並んで入ったお店。テーブルは狭いけれど、全体に明るく、お店のスタッフの威勢もよく、なかなか良さそうなお店です。

そして、メニューをゆっくりと見てみます。

ラーメン、炒飯、そして中華のつまみ。定食も色々とありますが、まだ、準備が完全には整ってはいないようで、定食の幾つかは9月中旬よりの提供となっています。

何はともあれビールでしょ!

ということで、生ビールを頼み、つまみとして、チャーシュー、チキンサラダを。うん、これだけ混んでいるから、もしかしたら調理に時間がかかるかも…ということで、もうメインも頼んじゃえ!と、生姜焼きの単品、そして炒飯のセット(餃子+ミニラーメンがつきます)を注文します。

あらためて周りを見渡してみると、一生懸命写真をとっていらっしゃるブロガーさんもいますが、女性の一人客がすでに何人かいらっしゃるのが印象的。若い女性もいれば、ご高齢の女性も。

もちろん、一人のサラリーマンもいらっしゃるし、小さなお子さんを連れた家族連れも。そう、ファミレスのように、ありとあらゆる層にアピールしているようです。

オープン当初ということで、ラーメンが激安価格の300円になっていたり、そうした魅力はあるでしょうが、他のお客さんのテーブルを見渡してみると、必ずしも、そうしたメニューだけを頼んでいるわけではなさそうです。

これはなかなか良い船出ですね。

さて、10分ほどで全ての料理が出てきました。さっそくいただきましょう。

matsukenshokudo201708_01wm.jpg
我々が凄く気に入った叉焼。


うん。悪くはありません。もちろん、しっかりとした中華から考えれば、ご愛敬という部分はありますが、何せ、この値段から考えれば…、OKです。

それと、非常に印象的なのは、味わいです。普通、安い中華と言えば、うまみ調味料てんこ盛りの、インパクトの強い、非常にわかりやすいアミノ酸味がします。それが好きという方も多いでしょう。でも、こちらの味わいはかなり押さえて、控え目です。たとえば醤油拉麺、口に含むと醤油本来の味わいが素朴に広がってきます。そして炒飯はこれまた、自己主張が強くないシンプルな味わい。

なぁるほど!そこに松屋の中華展開の意味合いがあるのですね。「みんなの食卓でありたい」という松屋精神が中華になると、こうなるのか!というわけです。

そうそう、個人的に一番気に入ったのは叉焼です。おつまみで頂きましたが、濃いめの味付けながら、後に重さが残らず、良いです。リピ有り!

あと半月すれば、メニューもフルラインナップに。その頃、またぜひおじゃましてみたいと思った訪問でした。それと、今はまだフル営業ではありませんが、やがて、深夜2時までの営業となります。夜中に中華のおつまみでちょい呑みして帰るということもできますね!おお、楽しみ!

2人で飲んで食べて、あわせて2,000円ちょっと。お財布にも優しいお店でした。


松軒中華食堂
  電話:03-5969-2303
  住所:世田谷区南烏山6-4-1 烏山かどやビル1F
  時間:本来11時より午前2時までの通し営業ですが、現在、営業時間を制限しています。
     ランチタイム 11:00~15:30
     ディナータイム 17:00~23:00
  定休:無し
  値段:500円位~
  場所:千歳烏山駅 徒歩1分
  地図はこちら
  メニュー例:醤油拉麺 450円 
  クレジットカード:
  HP:https://www.matsuyafoods.co.jp/shop/matsuken_ch/





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんわ!
このお店、オープン前から話題になってます。(店舗側が話題にしてたかも?)
最初はラーメンやと言うことでしたが、東秀や日高屋などのような割安な中華店になりましたね。
店舗の運営もまだまだ途中のようです。
うまくいけば新たな店舗展開が出来そうですが、どうなるでしょうか?

仙川商店街の中にある「書原」が24日で閉店ですよ。
桐朋があるので、音楽・演劇などの専門書も多く扱っているお店ですが、通販でも書籍が購入できるようになって経営が厳しいのでしょうね。
仙川の住人としてはまた寂しくなりますね。

Re:

せんがわくん、

やっぱり話題の店だったのですね。今後どう変貌を遂げていくか、楽しみですね。

書原、閉店なのですか!もったいない。音楽関係や映画関係など、得意な分野のある本屋さんだけにもったいないですねぇ…。本屋さん、経営は厳しいですもんね…。

時々寄っては買っていただけに、残念です。


スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる