スポンサードリンク


松屋でシャリアピンの嬉しさ(松屋・仙川店)

matsuya201707_01wm.jpg
「厚切りポークソテー定食」と書かれたのぼりが風にはためきます。


KAYSが好きなチェーン店、「松屋」。このブログでも何度か取り上げています。たとえば、こちらとか、こちら。その松屋は結構定食系のメニューが充実しているのですが、それに加え、期間限定のメニューが登場します。時には「?」ということもあるのですが、「おお!」と驚くヒットも世に数多く送り出してきました。中でも、グリーンカレーはタイ料理好きのKAY1が太鼓判を押したメニュー。そしてKAY2の太鼓判は厚切りの豚ロース肉を使った「トンテキ定食」。どちらも繰り返し登場することから、我々だけのお気に入りではなく、多くの人が気に入ったメニューと言えそうです。

そのトンテキ定食、今回「厚切りポークソテー定食」という名前でカムバックしたのですが、写真を見て思わず、息を呑みます。

え?

シャリアピン?

そうなんです。いつもの厚切り豚ロース肉に、たんまりと「シャリアピンソース」がかかっているのです。

シャリアピンソース、あの帝国ホテルの有名メニューとして知られます。80年ほど前の話。ロシアの名歌手、シャリアピンが来日中、やわらかいステーキを所望し、帝国ホテルのシェフが考案したステーキの調理法。そこで用いられるそのソースとして知られています。今でも帝国ホテルの代表的なメニュー。

そのソースがかかっているの?

すでにこの春、チキングリル定食としてシャリアピンソースは登場していますが、我々が大好きな厚切り豚ロースに!

これは食べないわけにはいかない!と、はやる気持ちを抑えつつ、とある夜、「松屋・仙川店」へと向かいます。

が、

店頭でショックを受けます。

「本日、完売、終了致しました」

えええええっっっっっ?

ショックは大きく、1時間後、気がつけば居酒屋でやけ酒をあおっていました。

仕事を早めに切り上げて、前日より早い時間にお店に急ぎます。

が、

ちょうど、「厚切りポークソテー定食」と書かれたノボリを定員さんが片づけているところでした。またもや、完売!

気がつけば、この日も居酒屋でやけ酒をあおっていました。(飲み過ぎです!←KAY1談)

翌日は土曜日。

いつもは昼までマッタリと過ごすのですが、この日は違います。目をらんらんと輝かせ、11時にはKAY1をひきつれて「松屋・仙川店」に。

お店に入る度に思うのですが、「松屋・仙川店」は女性の一人客が多いのです。これは他の松屋と違う雰囲気です。そんな穏やかな店内なのに、なぜか、鼻息も荒く、激しい勢いで券売機に向かうKAY2、鼻息の荒さで、思わず出てきた食券が飛んでしまうほど。

ややどん引き気味の店員さん、食券を受け取り、「調理にお時間が10分ほどかかりますが…」

もちろん、結構!我々はこの時を10分どころか、2日間も空振りしながら待ったのです!

というわけで出てきた「厚切りポークソテー定食」。

matsuya201707_02wm.jpg
見よ!この厚切り!


感想ですか?

最高!に決まっているじゃないですか…。

いやぁ。ポークロース肉もいつもよりもさらに分厚い感じがして、それでいて、決して固すぎもせず。コスパも悪くないし、シャリアピンの味わいも、ご飯が進む、しっかりとした味付け。それでいて、添加物は全く使用しないといういつもの松屋のポリシー。さすがです。

ま、唯一、「バター」のように添えられたのが「マーガリン」だったのだけが残念といえば残念ですが…。

それにしても、ガーリック、よぉく効いています。ご夫婦やカップルの場合、「ニンニクくさ~~~い!」と相手に言われないために、ぜひお二人ともご一緒にお召し上がり下さいネ。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる