スポンサードリンク


「肉のこごし」(江津市)のお肉はすごいのです…。

kogoshi201704_01wm.jpg
こちらが「肉のこごし」さんです。


島根県江津市は「洋食王国」、という話を以前に書きました。人口が少ないのに、なぜか洋食の名店が昔から多いのです。そして、その洋食をささえる食材といえば、なんと言ってもお肉!

そのお肉を提供するお肉屋さん。これも、名店があるのです。

「肉のこごし」がそのお店。

実は、KAY2の母が数十年にわたり、ずっとひいきにしているお店なのです。「あの店なら絶対にお肉はハズレはないけぇ(石見弁特有の語尾です)」そう母に言わしめる名店。

KAY2は子供の頃から、そのこごしのお肉で育ちました。そう、KAY2の体の何パーセントかは「肉のこごし」のお肉で出来ているのです。大げさでかな…。(笑)

こごしでは昭和40年代、当時珍しく、ロースハムをお店で切って販売していました。KAY2母はそれが大好き!他のお店のロースハムは結構脂が多いのが苦手。ところがこごしで提供されるロースハムはそれがなく、あっさりしているのです。その近くにあった、洋食の名店「あさひレストラン」のAランチではこのハムが提供されていました(これは母の証言です)。そんな思い出のあるお店でもあります。

そしてここ数十年は帰省のたびにKAY2母がこごしでステーキのお肉を買ってくれ、そして、それを焼いてくれるのが楽しみで…。

もともと店舗は江津駅前の国道9号線沿いにありました。その後、大型店舗である「グリーンモール」の中で営業され、今回グリーンモールがゆめタウンに変わることとなり、再び9号線沿いで営業をされています。

kogoshi201704_02wm.jpg
見てください、このフィレ肉!


今回の帰省でも、お邪魔しました、そして、ステーキ肉を…。この日は特に良いお肉が入ったと言うことで、見せていただきますが、実に素敵な色合いと、脂の具合!レストランで食べたらいったいいくらするやら!というお肉です。それを切っていただき、そして、食べ方のポイントなどもアドバイスを受け、お店を出る時にはもう、食事への期待で思わずステップを踏んでしまうほど!

さぁすがに母は緊張します。

「KAY2さん、これは自分で焼いてみたら?こがぁに高級な肉は緊張して、私はようせんけえ…」

確かに80を越えた母に焼かせるのは忍びなく…(でも、今も料理が上手なんですよ)、そして、そこは日頃から厨房に立つKAY2、焼く直前に味付けし、そして、油、バター、ニンニクで、細心の注意をもって焼いていきます。

数分後、その結果が…ごらんの通り。

kogoshi201704_03wm.jpg
分厚い肉もKAY1好みのミディアムに焼けました!
食べるのに夢中で(笑)、綺麗な写真が
撮れなかったのが残念…。


KAYSが生まれてこの方食べたお肉の中でも、間違いなく最高においしいお肉だったと言えます。また、これからの人生、今後このレベルのお肉に出会うことができるのか?「お母さん、ありがとう!」とヨメのKAY1も感激の面持ちです。

いや、こごしさんにお願いすればまた味わうことができるでしょう。それほど、スゴイお店なのです。

そしてお肉のお供には当然、ワイン!となりますが、これまた数軒となりのスゴイお店、「エスポアたびら」さんのおすすめのCHINONを合わせました。しっかりと濃い口のワインですが、シルキーななめらかさもある、すてきなワインとのマリアージュでした。

江津に帰省した幸せをかみしめるひとときでした、いや、肉はかみしめるというより、ものすごく柔らかくて…(笑)。いずれにしても、幸せです。はい。


肉のこごし
  電話: 0855-54-0323
  住所:島根県江津市江津町908-19
  場所:江津駅より徒歩2分
  その他:


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる