スポンサードリンク


目的はむじゃきにかつ寿 フルムーンパスの旅~10

fullmoon201610_05wm.jpg
これが鹿児島中央駅


3日目
新大阪(08:04)→鹿児島中央(12:13) さくら547号 グリーン車
鹿児島中央(14:34)→新大阪(18:42) さくら560号 グリーン車


フルムーンパスの旅、昨日は新函館北斗から新大阪に移動。そして、本日3日目は新大阪から鹿児島中央に移動し、ようやく到着しました。

改札を出ます。実は帰りの新幹線までわずか2時間ほどの滞在時間です。

事前リサーチで、鹿児島では昼食とデザートを食べて大阪に戻るというこれまた「酔狂」な内容。真剣に旅行される方からは怒られそうな内容です。昼食は鹿児島ラーメンか鹿児島の黒豚を使ったトンカツのどちらにするか迷いますが、当日、朝食抜きだったことから、おなかが空いており、トンカツに…ということで、これまた駅直結のビル、「アミュプラザ」の地下にある「かつ寿」さんにおじゃまします。12時過ぎでしたが、幸い並ぶことなく入れました。通路には沢山の椅子が並べられていたので、おそらく休日は相当人が並ぶのでしょう。もっとも我々が入った直後に行列ができていたので、我々がたまたまラッキーだったのかもしれません。

店内は大きなコの字型のカウンターが目をひきます。その一番端に座ります。可愛らしい女性の店員さんがお茶を注いでくれます。

それぞれに黒豚のロースとヒレを頼みます。いつもは味噌汁とご飯のおかわりが自由だそうですが、本日はキャベツもおかわり自由。まず最初に出されたキャベツにダイダイの和風ドレッシングをかけていただきます。

お味噌汁は白味噌。KAY1は「久しぶりに白味噌のお味噌汁をいただいたわぁ!」とうれしそう。

fullmoon201610_02wm.jpg
豚の脂の甘さ!そして柔らかさ。
さすが鹿児島の黒豚。


ややあって登場したトンカツ。見た目はやや濃い色に揚がっています。そして、切られた断面を見ると、ヒレの方は中心部がピンク色。ミディアムレアのような揚がり具合です。お肉に自信があるのでしょう。

口にいれてみると…ほぉ!これはやわらかい!そして肉のうまみが口の中に広がります。

ロースの方は脂身が口の中で甘く溶け出します。これもおいしい!

トンカツのソースは「あまくち」と「からくち」の二種類がありますが、KAY2は「あまくち」の方が好みでした。

そしてお店のカウンターには大根を薄く切った千枚漬けのようなものが取り放題で置かれていますが、これ、トンカツの油を見事に中和してくれ、抜群の相性なのです。KAYSはカツのおいしさもさることながら、これにハマりました。

fullmoon201610_01wm.jpg
お店の外観です。


さて、それとなくお店の中を見渡してみるのですが、お客さんは観光客もいますが、圧倒的に地元の方が多いようです。そして、みなさんおしなべて顔立ちが濃い!さすが九州だと感心します。

3,000円ちょっとのお会計をカードですませます。今日は偉いぞ!昼間からお酒を飲まなかった!!そんなん自慢しても誰もほめてくれませんよねぇ…。

さぁ、今度はデザートだいっ!

「かつ寿」さんの数十メートル先に、我々が食べたかったデザートが。それは「白くま」!

fullmoon201610_03wm.jpg
むじゃきという不思議な名前。


我が家では定番のアイスクリーム。よくコンビニで買って食べるのは以前、このブログでも紹介しました(こちら)。でも、本来はかき氷。そして、中でも有名なお店は鹿児島市内にある「むじゃき」というお店のもの。諸説あるようですが、こちらも元祖を名乗っているようです。これはぜひ本場を食べてみたいじゃないですか!そのお店の系列店がそこにあるのです。ちなみに「むじゃき」さんでの表記は「白くま」ではなく「白熊」。

というわけで、食後、一端休憩をはさんでお店に。

お店にはいると、昼下がり、お客さんはまばらです。地元の女性一人客とおぼしき方は焼きそばを召し上がっていらっしゃいます。そう、「むじゃき」って、実はお好み焼きや焼きそばなどを提供するお店なんですね。

そして、出張中のビジネスマン風の男性は白熊を!

スモールサイズにしてはやや大ぶりなかき氷ではありますが、一人でいけないことはない!ということで、スモールサイズを注文。KAY1は王道の「白熊」。KAY2は「ストロベリー白熊」です。

fullmoon201610_04wm.jpg
これが鹿児島名物、白熊。


しばらくして出てきた白熊。なぁるほど。上から見れば確かに。目と口があって…。そして、一口味わうと…。

おおおおお!この、かき氷のやわらかいふわふわ感!こりゃ、未体験ゾーンに全身をどぷりと浸した感じです。これ、いいなぁ!そして、人気の秘密である練乳ミルクの味わいもまた魅力。

これを体験したいがためにわざわざ新幹線で鹿児島に来たようなもの。KAYSは二人とも念願かなって幸せをかみしめます。思わず無言で中年の二人がかき氷をすすっているの図…。さまになりませんねぇ…。でもいのです。二人が幸せならば。

その後、駅の外に出て、しばらく市内を散策し、再び駅に戻ってきます。2時間ちょっとの滞在。胃袋は大満足。こんな旅でいいのでしょうか?鹿児島県民のみなさん、すみません。真剣に観光名所を紹介せずに…。

さて、買うつもりはなくともおみやげやさんは散策しないと…。はらごなしもあるし…といいながら、試食コーナーでしっかりとまたおなかを満たし始めるKAY1です。(笑)考えてみると、黒豚も有名ですが、さつまあげも…。焼酎のつまみに事欠かない鹿児島です。

それにしても、駅構内のおみやげどころ。かなりの数のお店がはいっており、働いている店員さんの数も多いですが、実はみなさん、美女ぞろいなのです。こんなに大勢の美しい人が働いている場所って、KAY2は今までの長い人生で見たことがありません。もう、KAY2はキョロキョロ、キョロキョロ&キョロキョロ。買うつもりないのに店員さんに話しかけたり…鹿児島は美人の産地なのでしょうか?

「熊本もよっ!」とお隣、熊本県出身のKAY1が睨んでいます。おお、コワイ。

さて、先ほど到着時に見た弁当角ウチのコーナーに後ろ髪をひかれつつ、ホームへ急ぐKAYSでした。14:34の発車10分前にはふたたび、グリーン車の人となり、午睡、読書、そしてガラポンTVで録画した「逃げるは恥だが、役に立つ」を楽しみながら、新大阪へと向かいます。途中徳山で、工場越しに瀬戸内海に沈む夕日がきれいでした!そして18:42、新大阪到着。

さて、フルムーンパスの旅、まだまだ続きます。乞うご期待。

そして、2016年は明日1日で終わります。どうぞみなさん、よい新年をお迎えください!


fullmoon201610_00wm.jpg
やっぱり気になるホーム階段を下りた先の「PATIO鹿児島」






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる