スポンサードリンク


函館~大阪まで一気に! フルムーンパスの旅~08




2日目
新函館北斗→(09:31) 東京(14:04) はやぶさ16号 グリーン車
東京(14:33)→新大阪(17:26) ひかり517号 グリーン車



フルムーンパスの旅、2日目となる函館です。

夜中、ものすごい音で目が覚めます。雷です。おそらく、つい近所に落ちたのでしょう。しかし、東京あたりで聞く雷の音と違い、音が反響せずに、拡散していくためか、とても乾いた音がします。しかも、その音の大きさたるや、思わず地球の終わりかと錯覚して飛び起きました。

が、アルコールの力は偉大です。それにもかかわらず再び爆睡。次に目が覚めたのは午前7時ごろでした。KAY1は先に一足先に起きてお風呂に向かいます。中国の方お二人が先客。「おはようございます!」と挨拶するとあちらも何やら中国語で返してくれたそうで、短い国際交流を楽しみます。

食事はビュッフェスタイル。広大な体育館のようなホールですが、窓の外には駒ヶ岳。幸い、夜に降った雨も止み、頂上こそ望めませんが、その雄大な山体は眺めることができました。

また、入口にはコーヒーマシンが置いてあり、紙コップに入れて、お部屋に持ち帰ることもできます。我々のような珈琲飲みにはとても良いサービスですね!


fullmoon201608_2wm.jpg
お部屋からの眺めはまさに北海道の大自然!


部屋に帰り、荷造り。そして、起き出してきたKAY2が食事。そして、二人でフロントに向かい精算します。

ホテルの前にやってきた新函館北斗に向かう大沼交通のバス、今回は完全貸し切りでした。

駅に到着したら、まず弁当確保。今日はグランクラスではなくグリーン車です。本来のフルムーンパスの利用法。ですから、自分たちで食事を確保する必要があります。向かったのは昨日「あたり」をつけておいた「BENTO CAFE 41°GARDEN」です。平熱36.4°のKAY2にはちょっと熱すぎるサービスですが(シツコイ?(笑))、豚丼、ウニ&イクラ丼、それにサラダのセットを一つの箱に入れてもらいます。笑顔のないスタッフさんですが、こちらからボケをかまながら話しかけると、やがて素敵な笑顔に。こちらもプリンスホテル仕様(!)のようです。(^^;)

fullmoon201608_0wm.jpg
これが新幹線

fullmoon201608_3wm.jpg
そして、これが掃除機


駅の構内を掃除しているおばちゃん、床を磨く大きな機械にも北海道新幹線の配色が…。おもわずカメラを向けると、大サービスで、身体が写らないようにと、後ずさり。「あ、ありがとうございます!」と思わずこちらでもお話ししてしまいます。

ホームのサッポロ寄りから先を眺めると、線路が途中でとぎれて行き止まり。この先を旅するときはいつになるのかなぁ…などと感慨に耽ります。

列車は始発ということで、09:31発車の20分前には乗り込めます。東京の時のような、出発時のあわただしさがないのはありがたいですね。昨日は大枚はたいてのグランクラスでしたが、今日はグリーン車。さすがにファーストクラスのような座席ではありませんが、それでも、足はシッカリと伸ばせて、十分な空間です。自由にグリーンが使えるフルムーンパスのありがたさです。

まずは読書。しばらく読みたくても仕事が忙しくてつんどくになっていた本を旅行前、一気に自炊して電子書籍化したので、iPad miniで読み始めます。食堂のおばちゃんで有名な山口恵似子さんの「おばちゃん街道」は傑作。なんだか元気が出てくる本です。

読み終えたところで、本日も昼前からお酒。車内販売で「とれたてホップ」と、モンデの白ワインを購入。このワイン、こちらはカップもついており便利ですねぇ。甲州のきりっとしたワインです。そして、先ほど買い込んだ弁当の登場!

fullmoon201608_4wm.jpg
お弁当、美味しかった!


これがね…、すごくおいしいのです!

ポテトサラダが大人の味付けでお酒が進みますねぇ。そして、贅沢なイクラとウニの寿司ですが、ゆずの香りが高く、これまたおいしい!

これ、今後も新函館北斗を利用するのであれば「リピあり」ですね!こうして、気に入った弁当を食べていれば案外、食事が決まっているグランクラスよりも、むしろグリーン車や普通車の方が楽しいかもしれません。そう、食事を選べる楽しさも旅行においては大きいのです。

それと、一つ気づいたのですが、車内販売でビールを買い求める際のポイント。北海道新幹線直通の東北新幹線、時間あたりの本数が少ないこともあり、結構な混雑です。車内販売の需要も高いのでしょう、いったん、10号車のベースを出たら1号車まで行き、再びグリーン車に戻ってくるまでに相当な時間がかかります。するとビールなどは冷えが悪くなってきます。したがって、ビールを買い求めるのは、まずベースを出た直後にした方が良いようです。

あと、盛岡で連結のために停車時間が結構あります。その時にホームの売店で買い求めるというのも。売店、ホームに数カ所にあるので、便利です。もちろん、グリーン車のすぐそばにも。

fullmoon201608_5wm.jpg
車窓からの眺めは飽きることがありません…。


車窓は紅葉の山並みが広がります。気づくともうすでに東北を通り抜け、関東に。

そして地下トンネルに入り、上野、東京終点と、4時間半にわたる旅の前半は今回もあっという間です。14:04到着。いったん改札を出ます。フルムーンパス、必ず有人の改札を出なければならないのだけは面倒です。時間に余裕をもって行動するようにしましょうね。

グランスタでさらにお酒のつまみを…。今度は「鳥麻」で高級な地鶏を3本買い求めます。これだけでさきほどの弁当に匹敵するお値段ですから、これまた超贅沢なおつまみ。そして、お酒は、先日場所を移動した「長谷川酒店」で、缶のスパークリングとハーフのピノノワール。これで次の車内飲み会も完璧です!

fullmoon201608_6wm.jpg
このところ「のぞみ」ばかりで、
「ひかり」に乗るのは久し振り!


東海道新幹線は「のぞみ号」が使えないというルールがありますから、「ひかり号」です。新大阪までのひかり、本数が少ないので、時間や行動がやや制限されます。さらに、停車駅が多く、時間もかかります。それでもまぁ、何と言ってもグリーン車利用ですから。より長い時間乗っていたいという我々にとっては好都合。ちなみに、名古屋から先はすべての駅に止まります。

14:33発車。北海道、東北新幹線に比べると、随分と振動を感じます。さすがに半世紀以上もたつ路線ですから。歴史ですね…。

そして乗り込むと、安心感が。帰省にもよく使う東海道新幹線はホームグランドという雰囲気です。やっぱりそれにくらべると東北、北海道新幹線はKAYSにとってはまだまだアウェー感がありました。

再び読書&お酒ざんまい。空も暗くなり始めます。

fullmoon201608_7wm.jpg
超高級な焼き鳥と安いスパークリングのマリアージュ。


新大阪駅には17:26到着です。ホームからエスカレーターで降りるお客さんの列。右側に立って並んでいる姿を見て、大阪に来たなぁ…と実感します。

ところで新幹線、通路を挟んだ隣は、中年のカップルでした。スラリとした長身できりっとした顔立ちの美人女性と、竹中直人風の男性。男性は英語の論文を読み込んだりしています。会話は少な目。長年つれそった夫婦なのかなぁ…と思っていたのですが、なんと、京都に到着すると、わざわざ二人で車両の別方向の出口から降りていきます。ふーむ、不倫カップル?そういえば、東京から京都の移動で「のぞみ」ではなく、あえて「ひかり」というのもアヤシイかも。学会かなにかで、京都に行き、そこに不倫の相手を連れていった。で、当然、京都では仲間などもいる可能性があるので、あえて、分かれて出て行った…と、こんな筋書きが浮かんできます。KAYSの二人はあーでもない、こーでもないと、どんどんストーリーを膨らませていきます。人を見るだけでも、色々なドラマが想像できて楽しいですよね。だから、旅行はやめられないのです。

さて、今回、宿に選んだのは新大阪駅直結の「レム新大阪」です。駅の改札を出てすぐ。雨に濡れずに駅と行き来できる直結の便利な宿で、我々の昨年の大阪旅行でも利用しました。人気があるらしく、今回、数ヶ月前の予約でしたがその時点ですでに金曜日だけは満室。旅行が決まったら、早めの予約が必要です。

fullmoon201608_8wm.jpg
ホテルの外観です。新大阪駅直結!


コンパクトな機能的なデザインのお部屋は好き嫌いが分かれると思いますが、我々にとっては居心地がよくて、好みのホテルです。

荷解きをしたらすぐにまたエレベーターで駅に向かいます。実は、KAYSが大阪に来たときにはまず儀式のようにはしごするお店が、新大阪駅構内にあるのです。それは「だるま」と「赤白(コウハク)」。いずれも、過去の記事(こちら)をごらんの方はおなじみでしょう。串カツ「だるま」は新世界の人気店。それが数年前に新大阪の改札内にできて人気。さらに、昨年、新大阪駅の飲食街にももう1店舗進出したのです。ここでビールと串カツはマスト。そして、「赤白」はワインの立ち飲み屋さん。グラスワインが豊富な種類あり、しかも、立ち飲みとはいうにはもったいない料理も出てきます。梅田のホワイティのお店ですが、こちらにも昨年開店。店舗の数も次第に増えてきているようです。

fullmoon201608_9wm.jpg
そして、いつもの「だるま」に…。(笑)


「だるま」でビールを2杯とアツアツの串カツをはふはふ…。そして、「赤白」でワインを3杯と洋風おでんをいただき、さらにマックでチーズバーガーとナゲットをお持ち帰りでホテルに…。気がついたら、再び撃沈でした。あぁ、毎日同じ終わり方だ…。(笑)









KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)





コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる