スポンサードリンク


絵本「このあとどうしちゃおう」に癒やされる…

konoatodou201611wm.jpg


絵本、子供の時によく読みましたよね。でも、大人になってからは小さなお子さんを持つご家庭は別にして、なかなかご縁のないもの。

でも、時折、新聞を読んでいると下の広告欄に出ている絵本のタイトルを眺めてなんとなく気になったりして…。

そんな1冊が「このあと どうしちゃおう」という不思議なタイトルの絵本。作者はヨシタケシンスケさん。

KAYSの友人たちの間でも話題になっている絵本です。

おじいちゃんが亡くなったばかりの男の子が、一冊のノートを見つけるというお話。おじいちゃんが書いたノートには「このあとどうしちゃおう」というタイトル通り、これから自分が死んだ後のことが自筆で描かれていたのです。

と、これだけ書くと、どんな深刻な話になるのかと思いますが、そこはお子さんを対象にした絵本のこと。

描かれているのは、天国に行ったらこんなことをして遊びたいとか、あるいは生まれ変わったら何になりたいのかなど、楽しげな夢が描かれています。

で、その内容が実に子供らしく、そしてユニークで、ほのぼのするのです。ネタバレになってしまうと面白くありませんから、ごくごく一部の紹介ですが、たとえば、生まれ変わったら何になる?という問いかけに対して「お金持ちに飼われる猫」というのは、なるほど、そうだよなぁ…と感心しますし。「末っ子!」というのには、自分のまわりの人たちを思い浮かべ思わず「そうそう、そうだよ!」と叫んでしまいます。

そんなふうに読み進めると思い当たることで思わず膝を打ったり、あるいは、なるほど!と頷いたり…。時にブラックな、そして軽やかなユーモアも見え隠れしつつ、とにかく、1ページの中に何度も何度も、笑みがこぼれてしまう。素敵な本なのです。

自分にイジワルをした「アイツ」には地獄に行って欲しいと願うのですが、その地獄の生活というのがまた、おもわずクスッと笑ってしまうようなもの…。ヨシタケさん、すべての人間に対する愛情が深いなぁと関心します。だから、安心して読むことができるのです。人への肯定、愛情がある人の本を読むことほど、こちらの心が癒されることはありません。そして、絵の質感もあって、シンプルながら品の良さを感じさせます。

そして、そのノートを読み終えて主人公の男の子が見つけた結論とは…。

お子さんがいるご家庭も、そしておこさんがいなくても、ぜひこの絵本を読んでみてください。特に、生きるのに疲れを感じ始めている方、この本を読むと、きっとどんなお薬よりも心が楽になるに違いありません。お子さんのために買っても、案外、買った親の方がハマってしまう本かもしれませんね。

このあと どうしちゃおう」、KAYSオススメの1冊です!





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる