スポンサードリンク


調布の、いや、東京の至宝 ~ ドンブラボー(国領)

donbravo201610_01wm.jpg


「ケタ違い」の「感動」でした…。

その日、仕事場の同僚であるI君に勧められた、調布市内のあるお店に行ったのです。

I君、飄々としながら、実にクールに仕事をこなす、素敵な人です。一方、グルメな人でもあり、千歳烏山周辺の素敵なお店をいくつも教えて下さっています。

その彼が、ある日、とても真面目な、そして少しはにかんだような表情で話しかけてくれます。

「仙川からはちょっと遠いんですが、KAY2さんにはぜひ行って欲しいお店があるんです。もの凄いお店です。僕は記念日には必ずそのお店にお世話になるんです…」

それが国領駅近くの「ドン ブラボー(Don Bravo)」でした。

実はグルメたちの間では大変な有名店であるらしいのですが、KAYSは寡聞にして知らず。あらためて、調布のグルメ本を見てみたら、すぐに出てきました!

お店についての詳しい記事は、ぜひ、そうしたグルメ本や食べログで読んでみてください。KAYSの文章よりもずっと詳しく、正確ですから。(^^)

ただ一つ、予約をする際、電話はレストランの営業時間にはかけない方が良いようです。お店のホームページの記載を読んで、いぶかしく思いましたが、実際にお店に行って良くわかりました!スタッフの皆さん、本当に全身全霊をかけて調理とサーブをなさっているのです。営業時間を避けて、10:00~11:00 14:00~18:00に電話するようにしてあげてください。

予約した当日です。

お店に伺って、とにかく驚いたのはその料理の細やかな手のかけよう…。

たとえば、前菜の一品をとっても、素材がまずシェフの奥様のご実家で作られた新鮮野菜であったり、あるいは、吟味した素晴らしい食材の数々。僅か1品に惜しみなく多くの食材を投入しています。そのソースも、単に、何かをすりつぶしたとか、ミックスしたとかではなく、時間をかけて様々な処理の過程を経ています。

いったい、準備にどれだけの時間をついやしていらっしゃるのか。

シェフの平さんは本当に料理を愛して愛してやまないのだと思います。朝起きてから深夜眠りに就くまで常に料理の事を考えていらっしゃるに違いありません。いや、比喩ではなく、文字通り!そうでないと、これほどの料理はできないはず。そんな全身全霊をかけた料理をいただけるなんて…こんな幸せはないと思います。

しかも、お店の雰囲気はカジュアルで訪問しやすく、そして値段も、その内容から考えたらとてもリーズナブル…。

KAY1が言います。

「私、料理で感動したことって、若い頃に、都心のもの凄く有名なレストランで一度だけあるの。それはもう大変な値段のレストランだから当然と言えば当然なんだけど。でも、もう二度とないと思っていた。実際、その後、それを越えた料理は食べたことがなかったの。でも、今日はそれを軽々と越えてしまった!しかも、この国領の地で!」

「うん十」年、夫として付き合ってきたKAY2、そんな感動に打ち震えるヨメの姿を見たのは初めてです。

この日、隣のテーブルで楽しそうに食事をしているグループ。聞こえて来た会話から、なんと都内のレストランのシェフ達でした。料理のプロが認めるレストラン、それが「ドンブラボー(Don Bravo)」なのです。

と、数ヶ月前、ここまで書いておいた記事です。その後、2度ほどおじゃましています。せっかくですから、先週伺った時の料理をご紹介!

まず飲み物ですが、スパークリングで1本最後まで行くことにします。このお店ではワインに関してリストはありません。そのかわり、その日のオススメを数本ソムリエさんがテーブルまで持ってきて下さり、そこから選びます。この日は3本。プロセッコ、微発泡の白ワイン、そしてフランチャコルタ。

お店には伝えていませんが、実は今日はKAYSの結婚記念日。ということで、贅沢に…フランチャコルタに。ただ、微発泡の白ワインもかなり気になりました。

さて、料理ですが、事前に電話でお願いしていたのは、和牛をメインにしたコースで、ピザを抜きにして、その代わりに前菜を1品増やしていただきました。

さて、最初の一皿から今回も圧倒されます。

donbravo201610_02wm.jpg


お魚のカルパッチョ。熊本の茄子を魚醤で味付けして焼いたものを下に敷き、その上に新鮮な白身のお刺身、シャインマスカット、生姜の洋風酢漬け。さらに、エストラゴン、かぼすの果汁をあわ状にして載せてアクセントに。また、お皿には梅のソースが。

この1品だけで、どれだけ手がかかっているやら…。もう、眺めながらため息です!

donbravo201610_03wm.jpg


次に出てきたのは、ウイキョウとセロリ、そしてからすみを組み合わせた一品。セロリとからすみの料理がイタリアには伝統的にあるそうで、それをアレンジした物。オレンジをシャーベットにしたもの、そしてシュレッドされたチーズが香りをひきたてます。独特の心地良い後味が残ります。

donbravo201610_04wm.jpg


牛肉のタルタル。とはいえ、ユッケは現在味わえませんので、代わりに、新鮮な牛肉を塩水で長時間さらし、生ハムとして製造・出荷されたものをタルタルしています。そして味付けは牡蛎と浅蜊のクリームソース。このソースって、普通は魚のポワレなどと合わせるとは思うのですが、これを牛肉に持ってくるところがまた素晴らしい発想!塩水でさらしたたため、水分が不足した物をこの、ソースで補うということもあるそうです。フランチャコルタがしっかりと合っている。牡蛎とあさりのクリームソース…、良い香りがいつまでも口の中に残ります。

donbravo201610_05wm.jpg


魚料理です。薪の窯で火を入れたであろうサンマにフランス産の鶏のレバーパテの組み合わせ。そして、それを飾ってくるのが、なんと蒸し栗!スタッフさん総出で3日間かけてむいたという栗。それをまた、惜しげもなくシュレッド!そして、料理全体にまぶしています。なんと贅沢な秋の「名スター」たちによる供宴です!

皿を下げていただくときに可愛らしい素敵な奥様とも話したのですが、秋は食材が豊かなので、シェフの料理のアイディアがいろいろ浮かぶというお話。確かに食欲の秋は食材の秋でもあるのですね!

ここでフランチャコルタ、すっかりと飲みきってしまいました。ソムリエさんに、グラスの赤をお願いしてみました。ソムリエさん、ちょっと考えて、持って来て下さったのは、アマローネの有名な作り手によるワイン。アマローネに分類はされませんが、同レベルの味わいが楽しめるというもの。次のメニューに合わせて選んで下さいました。

口に含んでみると熟成された芳醇な香りが口いっぱいに広がります。美味しい!

donbravo201610_06wm.jpg


次に出てきたのはパスタ。平打ちのパスタはもちろん、自家製の手打ち。そして、様々な種類の茸が!まいたけ、エリンギ、ひらたけなどなど。美味しいきのこって調理次第では本当に味わいが深く、時にお肉をはるかに凌駕します。そして、このパスタはトリュフの香りも高く、なるほど、この独特のワインと見事な相性です!

あっという間に飲み干してしまい、次のグラスワインを。今度はネビオーロとピノノワールを合わせたワイン。こちらも美味しい!

donbravo201610_07wm.jpg


いよいよお肉。和牛は宮崎牛、ビーツとフランボワーズのソース。こちらもワインの香りとフランボワーズの香りが見事に調和して素晴らしいマリアージュです。お皿にひろがるフランボワーズの赤いソースが上品な香りで和牛をひきたてます。

donbravo201610_08wm.jpg


最後に出てきたデザートの盛り合わせ。

これは「しめシャン(〆のスパークリング)」と行きますか…と、ソムリエさんにグラスのスパークリングをお願いしてみたら、「KAYSさん、先ほど興味を示された微発泡、開けようと思うので、もしよければ、そちらをどうぞ!」

なんと嬉しい!

というわけで、飲み始めたら…、結局気がつくと1本開けていました。

帰りは国領から仙川まで歩いて帰宅。すっかり酔っぱらった二人に秋の夜風が心地良く、幸せな結婚記念日となりました。帰りの道すがら二人で声を合わせてつぶやきます。

「国領、『DON BRAVO』に幸あり!」

仙川にはもう一つ、都内イタリアンの秘宝(と我々が勝手に呼んでいる)「ラ・マンチーナ」があり、我々はいつもお世話になっています。

「ドンブラボー」、「ラ・マンチーナ」、どちらも素敵な個性のお店。

その両方を同じ市内で楽しめるなんて…。二つの素晴らしいお店を知ると、美味しい食事をいただくというのは、「生きる幸せを感じる」ことなんだなぁと、改めて実感します。


DON BRAVO (ドン・ブラボー)
  ランク:AAA
  電話:042-482-7378
  住所:調布市国領町3-6-43
  時間:11:30-15:00
    18:00-23:00
  定休:水曜日
  値段:7、000円位~(飲み物も含め)
  場所:国領駅から徒歩1分以内
  地図はこちら
  メニュー例:ランチセット 1,100円~
  クレジットカード:可
  HP:http://www.donbravo.net/
  その他:


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる