スポンサードリンク


納得のブルートゥース・ヘッドホン (AKG Y50BT)


AKGのロゴがまぶしい!


どうもこのところ我がブログが物欲ブログに化しているようで…。

先日、iPhoneにつなげるイヤホンの話をしました(こちら)。KAY2が持っていた機種と同じ物をKAY1が新しく購入して大満足をしてくれたという話です。ところで、実はKAY2の方はといえば、音質の点では満足するものの、一つだけ困っていることがありました。

それは…、耳の穴の形です。

おそらく、KAY2の耳の穴、標準的な形、大きさではないのでしょう。イヤホンの耳に装着する部分、きちんと奥まで入れても、数分すると、自然と、ほんの少しだけズレ落ちてきて密着度が落ちるのです。

それでも、じっとしているときはそれほど問題はないのですが、耳にイヤホンをいれたまま、上半身が動いたりするとすぐに隙間ができて、低音の響きが損なわれてしまいます。

うーん。

そうなると、解決策の一つとしては、耳の穴に入れるイヤホンではなく、耳を覆う、頭に掛けるタイプのヘッドホンが良いということになります。

しかし、タダでさえ、耳を覆うと、うっとおしいのに、それにコードがついてくると…、

あれ?

コード無しの無線ヘッドホン、つまり、ブルートゥースがあるじゃん…。

なんで気付かなかったのだろう?

ブルートゥースというと身軽に音楽を聴くイメージがあるので、どうしても、その音の出口も、軽い、インナーのヘッドホン、あるいはイヤホンを連想してしまうのです。

が、多少重さがあっても、コードレスなら、結構身軽では?

そう思ったら、いてもたってもいられなくなり…。

まずネットで情報を集め…、さらに、実際に視聴しようと新宿の「ヨドバシカメラ」さんに出かけます。予算ですが、上限を1万5千円前後としました。学生時代の我が師匠の教え、「ヘッドホンは耳に直接つけて、音波を直接鼓膜に届けるもの。安いものを選ぶな。体の一部となりえるような、しっかりとした作りのものを選びなさい。それがキミの健康を守ることにもなる」を思い出します。


akgy50bt201609_02wm.jpg
購入して箱から取り出したところ。
いつも、胸ときめく一瞬ですねぇ。


お店のフロアで驚きます。おびただしい数の種類が…。へぇ、売れ筋なんですね!

そして、手持ちのiPhoneを実際に接続させて片っ端から聞き比べてみます。

最初の候補はSONY、オーディオテクニカ、そして、BOSE、JBL、AKGという具合だったのですが…。

それぞれにもの凄く音作りが違います。数千円のものと違い、1万円台のクラスになると、いずれも、「性能」という意味では遜色ありません。ネットなどの評判を見て、実機を聞くと、やはり、想像と大きく違う機種も多く…、もう、これは完全に好みの問題。そう、決め手は「音色」、つまり「音作り」という趣味の領域に入ってきます。

そんな中で…、

圧倒的にKAY2にとって好ましい機種がありました。

AKGの「Y50BT」という機種です。

これ、有線で人気のある「Y50」という機種をブルートゥース化したものだそうです。

ちなみに、AKGは「アーカーゲー」と読み、「音楽の都」、オーストリアのウィーンに本拠のある音響メーカーです。

今夢中になっている新録音の「サンダーバード・マーチ(こちら)」では、オーケストラのゴージャスな響きをとても上品にきかせてくれますし、ホールで聴くようなリアリティを結構感じさせます。

さらに、J-POPやジャズも聴いてみましたがいずれも、破綻なく、優等生です。

何よりも、低音から高音まで、それなりに音が出ており、ちょっと聴くと、ややドンシャリ(大好きなSONYのドンシャリ感と比べれば圧倒的に大人しいです)?と思うのですが、よく聞き込むと、とてもまとまり、バランスが良いのです。このあたり、全体印象の美しさというのは、以前から使って感心しているBang & Olufsenなどヨーロッパのメーカーに共通する特徴かもしれません。

バッテリーも3時間の充電で20時間ほど持つということで、全く不足はありません。

通勤などで使いたいので、装着感は重要。イヤーパッドは小振りで耳全体を覆うタイプではありませんが、耳にはしっかりと密着し、それも強すぎず、長時間の装着も問題なさそうです。音漏れもそれほどないようです。

すっかりと気に入ってしまいました。

問題は予算を千円ちょっと越えること。

しかし、他の候補はみな何かしら気に入らない部分があり、それから比べれば、千円の予算オーバーは、ランチを1週間ほどおにぎりに変えれば…と思い始めます。

ということで、30分後、お店を出るときにはしっかりと包装された袋を小脇に抱え、店員さんに「ありがとうございました!」と見送られていました。

さて、実際に使ってみると…。

便利です!

ブルートゥースも全くストレスなくつながりますし、音切れもほとんどありません。iPhoneに入れた音楽も、radiko.jp、Classic FMも、そして「スマホでUSEN」も、全てにおいて、相性は良く、通勤電車という過酷な状況のなかで素敵な音空間を作り出してくれています。そしてもちろん、耳から外れることもなく…。通勤に手放せなくなりました。

さて、一つ、実際に使ってみてのアドバイスを。ネットのレビューなどを見て見ると、畳んでポーチに入れていると、電源スイッチの位置の問題で、いつのまにかオフにしたはずの電源がオンになっているという話をみかけます。これ、実は畳む際に、完全に小さく畳むのではなく、下の写真のように左右非対称にすれば、電源が間違ってオンになることは少ないですよ。少し全体のカサは大きくなっちゃいますが、ポーチには入るサイズです。ぜひ、お試し下さい。

akgy50bt201609_03wm.jpg
赤い矢印の部分に電源スイッチがあるので、
左右のハウジングがお互いにぶつかりあうと、
スイッチが間違って入っちゃいます。


akgy50bt201609_04wm.jpg
少しかさばりますが、こうしてポーチに入れれば
大丈夫。


小振りで軽量ではありますが、それでも大きすぎる!という方は、同じAKGの兄弟分のようなヘッドホン、「Y45BT」を試してみるといいかもしれません。こちらはかなりの小型&軽量です。当然、音質も多少異なりますから、ご興味を持たれたら、ぜひ、お店などで試聴してみてください。

さて、AKGは、個人としては初めての買い物となりましたが、炎の料理人であるKAY2は、偶然ですが、仕事がらみでAKGのコンデンサーマイクを長い間愛用していました。ですから、今回の買い物で久し振りのAKGとの出会い、ある種、懐かしさも覚えるものとなりました。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)






コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる