スポンサードリンク


「スロー」ビールのススメ Y.Y.G. BREWERY

yyg2016_02wm.jpg


おいしいビールが飲みたい!

先日、出来たばかりの「THE OLD STATION」新宿店におじゃまして、久し振りに家庭ではなかなか味わえない、きちんと温度管理された生ビールを飲んでから、すっかりビールづいているKAYSです。「THE OLD STATION」がサントリーのお店なら、キリンのお店に…と昨夜、久々に「KIRIN CITY」を訪ねたら、やはり美味しい!

でもね、KIRIN CITYって、ビールのグラスは基本300ml。少し飲み足りないままお店を出ます(倍量のメガグラスもありますが)。実は、この日、もう1件、ハシゴしようかと相談していたのです。きっかけはその前日に郵便受けに入っていたサンケイ「リビング」の記事。3軒のクラフトビールのお店を紹介していました。そのうちの1軒、「Y.Y.G. BREWERY(ワイワイジー・ブルワリー)」がこの「KIRIN CITY」にほど近い場所にあるのです。

まず甲州街道を渡ります。左に、こちらもビールの名店、「クライネヒュッテ」を見ながらファミリーマートで右折。すぐにベルギービールの老舗「カフェ・ヒューガルデン」が見えてきます。そのすぐ先に目指すお店が。ほぉ、このエリア、これじゃ、まるでビールエリアと呼んでもいい状況ではないですか!ちなみにこのあたりはKAY2がかつて仕事の通勤経路としてよく歩いたエリア。

yyg2016_00wm.jpg


目指すお店は普通のマンションのようなビルの1階にあります。ちなみに7Fはこの醸造所で作ったビールを提供するレストランが。7Fと違って、ビールを造る工場と、それを飲ませるバーが一体化しているのです。

オープンしたのが春ということで、まだ4ヶ月ちょっと。

お店のテラス席を横目に見ながら入ってみると、白木の内装の明るい店内です。オーナーは女性だと聞いているので、女性を意識した作りなのかもしれません。そして何よりも目を惹くのが、カウンター越しにガラスで仕切られた向こうのステンレスタンク。ピカピカに光っています。うわぁ!本当に目の前でビールを造っているんだ…。

お店のカウンターには若い男性が。「いらっしゃいませ!」と笑顔で声をかけてくれたのは醸造長のYさんです。ヒゲをはやしたなかなかのイケメン青年。

パステルカラーのテーブルの上に置かれたメニューを見ると、自家製のビールが4種類。そして、ゲストビール3種が記されています。それぞれに特徴が簡潔に記されており、自分の好みで選べるように。

ところが、ビール好きの我々。全部頼みたくなっちゃいます。まず2種類、頼んでみます。

yyg2016_03wm.jpg


と、カウンターの向こう、白いタイルの壁に直接タップが11個。てっきりビール工場らしいユニークな装飾かと思っていたら、ガラスのコップを持った醸造長、いきなり、その壁に向かい、タップの一つを手前に…。

あ、本当にビールが出てきた!

琥珀色のエールがグラスになみなみと注がれます。

キャッシュオンデリバリーなので、そこで、800円×2杯を払って受け取ります。

その琥珀色のビールは「代々木アンバーエール」。柑橘の香りが非常に高く、うまみも強い、自己主張の強いビール。時間をおけばどんどん香りが高くなっていきます。1杯をゆっくりと飲む。ゆっくりと、ゆっくりと、時間をかければかけるほど、ビールの芳香はより強く漂ってきて、鼻腔を幸せで満たします。親しい友人や恋人、KAYSのように夫婦で…というのも良いでしょう。そう、エールビールはスロービールなのです。昨今スローフードが言われますが、そのスローフードに合うのは、冷たくキンキンに冷えて、すぐに飲み干したいようなピルスナータイプではなく、こうしたエールビールなのだろうな…と思います。

yyg2016_01wm.jpg


さて、もう1つのビールは「新宿ペールエール」こちらももちろん香りが高いのですが、やや標準的なビールに近く、飲みやすく、定番とも言えそうなエールです。実際に、お店の説明を見ても、「季節を問わず美味しい」と書かれています。

季節を問わず…という言葉の通り、こちらの醸造所では、季節を代表する果物や食材をビールに取り込んでしまうということもしています。現在醸造中なのは枝豆。そろそろ仕上がるそうで、楽しみですね。そして来月になれば、松茸にも挑戦したいと熱く語るY醸造長です。

ところで、醸造長のYさん。平井堅に似た男前ですが、若い頃(今だって十分若いのですが)からのビール好き。特にクラフトビールへの情熱は半端でなく、ついに脱サラまでして、都心のクラフトビールでボランティアを…。やがて、このビルのオーナーさんと出会い、ご自分の工場を持つことが出来たのだそうです。実際はもっと長いお話だったのですが、ざっと短くまとめるとそういうことになります。

夢が叶った!という素敵なお話でした。

それにしても…。このタップが沢山ついた壁、我が家にも欲しい!と物欲しげな顔をみてYさん、裏を見てみます?と声をかけてくださいます。え?本当??とビックリしながらも、Yさんがカウンターから出てきた後に従います。重いドアをあけたら…。

yyg2016_04wm.jpg


と、写真でご覧のように、ケグがいくつも置かれ、そこから、チューブが…。嗚呼、夢のような冷蔵倉庫!我々も、こうした部屋と、そしてタップ付きの壁が欲しい!

さて、グラスに少しだけ残ったお酒を飲み干したところでYさんから再び声がかかります。「次はどうされます?」

もちろん、残りの2種類を…というわけで、「千駄ヶ谷IPA」。こちらはマンゴーの香りが特徴的、柑橘よりもトロピカルなフルーツという味わいのビールでした。そして「ゴールデン街エール」。Yさん出身の愛媛県特産、夏みかんの香りがユニークです。そしてこれは今年の最終醸造。つまり、ふたたび夏みかんのシーズンとなる来年までお預け。季節のビールならではの楽しみですねぇ。そしてこのビールのみグラスがチューリップでした。

さて、お店には我々が入った後もお客さんが入ってきます。カップルもいればサラリーマンも。そして何より女性の一人客もビールを1杯だけ頼んで、ゆっくりと味わってお店を出て行く姿を見ると、珈琲がわりにこのお店に立ち寄るのもいいなぁと思います。

週ごとに新たに加わるビール。それを楽しみに、我々も、これからこのお店に立ち寄ることが多くなりそうです!



Y.Y.G. Brewery
  ランク:A+
  電話:03-6276-5550
  住所:渋谷区代々木2-18-3 オーチュー第一ビル
  時間:17:00~23:30(月~金曜日)
     12:00~23:30(土・祝日) 
     12:00~21:00(日曜日) 
  定休:無休
  値段:800円位~
  場所:新宿駅西口・南口より徒歩6分
  地図はこちら
  メニュー例:ビール 800円(390ml) 
  クレジットカード:
  HP:http://www.yygbrewery.com/
  その他:禁煙(テラスの一部が喫煙)


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる