スポンサードリンク


朝の晩酌を求めて~番外篇・バスタ新宿~wharf



以前シリーズでお届けした「朝の晩酌シリーズ(この記事の下にリンク一覧があります)」。徹夜で仕事をし、朝、自分へのご褒美に一杯飲んで帰宅。

本当に晩酌が朝できるのか?

それが24時間眠らない不夜城、東京。できるのです。

一番手軽なのはチェーンの外食店。吉野家、やよい軒などなど。そして、24時間営業の居酒屋。ただ、本来は忙しいサラリーマンや学生さんが朝食をかっ込むために利用しているお店。そんな中一人、カウンターでビールを飲みながらというは、味気ないものです。

ところが、この4月から、思わぬ場所でおしゃれな朝の晩酌が…。

それが、「バスタ新宿」に併設の「ニュウマン(NEWoMan)」です。NewとWomanをかけた造語とか。

新宿南口に4月4日にオープンしたばかりの高速バスターミナル。そこにその大規模な商業用施設ができたのですが、2F部分がフード・ホールになっており、朝7時から翌朝4時まで営業のレストラン群が6店舗。そのフード・ホールは4月15日にオープン。

そして、そのうち1軒、シンガポール発、日本初上陸のオイスターバー「wharf(ワーフ)」では、朝7時からビールやワインが提供されているというのです!


というわけで、とある徹夜仕事明けでやってきました新宿南口。

newoman2016_01wm.jpg


交差点の前で、真新しいビルを見上げてため息が出ます。

すごい…。前は広大な新宿駅の線路群の上を橋がかかっているだけだったのに、いつの間にこんな巨大なビルが…。

感慨そこそこに、KAY1がお腹すいたぁ…と叫び、現実に戻ります。時刻は午前7時55分。

南口改札前の横断歩道を渡り、サザンテラス横を右に見ながら進むとすぐにフードコートが見えてきます。そして、短い階段を下りると…。

うわぁ…広ぉい!

天井の高い空間が広がりますがその巨大な空間にお店が入っています。いずれも木を多用した心落ち着くインテリア。そして、通路は広々。なんと贅沢な空間の使い方でしょうか。

そんな空間ですが、入口入ってすぐに右側がそのwharfです。

newoman2016_02wm.jpg
右側から奥にテーブル席があります。


にこやかなおねぇさんが「どうぞご利用下さい!」と声をかけてくれます。朝8時前だというのに、すでにお客さんは3組。

入口の横にビール好きなら思わず立ち止まってしまうポスターが。「タイガー生」

そう、シンガポールといえば「タイガー」ビール。これ、さっぱりしてて美味しいんです。KAYSの二人は若い頃から大好きなビールですが、いままで瓶でしか飲んだことがありません。「生飲めるの?」「はい、お出ししております!」とお姉さん。

ということで、3分後には目の前に背の高いグラスに注がれたビールが。

さらにドリンクのメニューにはグラスでスパークリングや白、赤のワインも何種類か選べます。朝から本当にスパークリング・ワインが飲めるの?と、完全に興奮状態です。もちろん、スパークリング大好きのKAY1はスペインのカヴァ「カステルロック」を。

ただ、このお店、この時間は食べ物については4種類の朝食メニューのみです。そう、つまみ類はもっと後の時間にならないと出てこないのです。

それでも、KAY1の大好きなフォーとチャウダーがあったので、それをつまみにビールとワインを飲みます。

それにしても…、

いままでKAYSのこのブログで取り上げた朝の晩酌シリーズが7軒、また、シリーズではありませんが、同趣向のお店を数軒とりあげています。しかし、いずれも、飲むにしてはちょっともの哀しさを感じさせるお店でした(そこが良いという面もあるのですが)。

このお店はそんなこととは無縁。とにかく、おしゃれ~~~に朝の晩酌を楽しめるのです。

newoman2016_03wm.jpg
オイスターチャウダーにはバゲットも。


ああ、時代は着実に変化していますねぇ…。

外を歩く若者達もオシャレ。テーブルに置かれたワイングラスを通して、そんな道行く人たちを眺めます。

フォーもまた美味しい!このお店は全国各地から集めた牡蛎がご自慢。麺の上に乗っている兵庫県赤穂産の牡蛎と別皿に載せられたやわらかい鶏肉をつまみにスパークリングが美味しいこと!

さらにオイスターチャウダーは牡蛎はもちろん、中にジャガイモや人参などの具が一杯。さらにバゲットとサラダもついてきて、これはりっぱなワインのおつまみになります!

というわけで、徹夜明けの晩酌とは思えない、ゴージャス&ファッショナブルな雰囲気でビールとワインを飲み干してお店を出ました。

ん?上品すぎて、まだお腹が空いている?

そうだよね。やっぱり居酒屋行こうか…、ということで、午前8時40分にはすぐそばにある「磯丸水産新宿南口店」のうらぶれた&けだるい雰囲気の中で魚を焼く煙にまみれながら、ホッピーを飲んで塩辛を食べていたKAYSの二人でした。やっぱり最後はこうなるじゃん。(笑)


OysterBar wharf(オイスターバー ワーフ)
  ランク:A+
  電話:03-3351-7788
  住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 ニュウマン新宿店 2F
  時間:07:00~11:00(Morning)
     11:00~15:00(Lunch)
     15:00~04:00(Dinner)
  定休:
  値段:1000円位~
  場所:JR新宿駅直結
  地図はこちら
  メニュー例:兵庫県赤穂の海でとれた牡蛎と鶏肉のフォー 680円 
  クレジットカード:可
  HP:http://www.opefac.com/wharf/index.html
  その他:完全禁煙


KAYSで過去取り上げた「朝の晩酌」記事(タイトルをクリックすれば読めます)
ついにここまで安く~早朝の一軒め酒場(渋谷)
松呑み、密かに始まる!(松屋~店舗限定)
朝の晩酌を求めて~7 やよい軒・渋谷東口店
朝の晩酌を求めて~6 嵯峨谷・渋谷店
朝の晩酌を求めて~5 日高屋・下北沢南口店
朝の晩酌を求めて~4 特別版 すしざんまい
朝の晩酌を求めて~3 吉野家
朝の晩酌を求めて~2 松乃家(千歳烏山
朝の晩酌を求めて~1 幸楽苑・道玄坂店
朝から中華で飲むぞ!渋谷「兆楽・道玄坂店」


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる