スポンサードリンク


自然豊かな島根で久々に見たアレとアレ…

島根への帰省。帰るたびにいろいろな発見があります。

もちろん、美味しいお店の発見も多々あります。が、やはり自然豊かな島根。そちらの面でも色々と新鮮な驚きがあります。

以前このブログに書いたようにKAY2の母は1万歩の散歩を日課としています。雨の日を除いてほとんど毎日続いています。凄いですねぇ。どうしてこの勤勉な母親からぐーたらなKAY2が生まれたのか不思議で仕方ありません。本当に母を尊敬!

fukinotou2016wm.jpg


その母が散歩の度に野山でいろいろな食材を見つけてくる話を以前書きました(こちら)。今回の帰省時、母親が散歩から持って帰ったものは上の写真。わかります?そう、「ふきのとう」。母は嬉しそうに見せてくれます。ふきのとう、スーパーでも売っていますが、そのほとんどは畑での栽培もの。天然のふきのとうは香りがぜんぜん違うといいます。

実に豊かな食生活が散歩から、しかもタダで!これはホントに田舎ならでは。

そして、今回、一番感激したのがこれ。

minomushi2016_2wm.jpg


わかります?枯れ木にすずなり…とまではいきませんが、いくつもくっついている小さな物体。

拡大しますね。

minomushi2016wm.jpg


ほら!

「蓑虫」なんです。KAY2は多分数十年ぶりに見たんじゃないかな…。場所は浜田市の山間部。

お若い方のために蓑虫の説明をすると、蛾の幼虫が、枯れ枝などを集めて自分の体のまわりに、まるで「蓑(みの)」のように巣を作るわけです。ちなみに蓑って、ワラなどを編んで作った昔の雨具です。

子供の頃、よく見つけてはとってきて、それを分解し(蓑虫が可哀想…)、毛糸や紙くずを与えて、それでまた蓑を作らせたりした記憶を年配の皆さんは持っていらっしゃるんじゃないでしょうか。廻りにあるものを何でも引き寄せて自分の周りに手当たり次第つけちゃうんですねぇ。(KAY2の物の増える一方の乱雑な部屋みたいだとKAY1が申しております。(-_-;))

ところが、この蓑虫、昨今、全く見なくなりました。自然破壊?と思いきや、外来種の寄生虫の影響でどんどん消えているそうなんです。

でも、まだ島根ではこんなたくさん蓑虫がなっている場所もあるのですね。

この時はしばらくじっと眺めて子供の頃を懐かしんでしまいました。

こうした懐かしい自然との再会があるから、故郷の島根は大好きです。

蓑虫を見たい!という方、島根にどうぞ…。

あ、そういえばこの度KAYSも会員である島根県をコッソリ応援するサイト、「リメンバー島根」ですが、「しまねのうた」とやらを作ったとか…。

島根ファンのみなさん、まぁ、見ちゃんさい(見てくださいの石見方言)!



今回は短い島根県の「宣伝」でした(笑)。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる