スポンサードリンク


電車書斎は関西が豪華!


阪急電車、イメージキャラクターは「おけいはん」…。
音の似た二人のKAY(けい)は親しみを感じます。(笑)


「大阪シリーズ2015」も5回目になりました。

列車書斎、あるいは電車書斎…、以前、このブログで書いた記事(こちら)で作った言葉です。

自称「炎の料理人」のKAY2ですが、書き物をすることが多い生活をしています。下手すると一日中パソコンに向かってキーボードを打つ生活。我が家の物置兼書斎に籠もって、パラパラとキーボードを打ち続けます。一応、窓の外の眺めが目を楽しませてくれ、気晴らしにはなるのですが、そんな生活を毎日続けていると、時には飽きてくることも。

そうなると「電車書斎」の登場です。以前記事に書いたときには読書が目的でしたが、ポメラが一台あれば、しっかりと出先で文章を打つのも自由自在。そこで、ポメラを片手に電車書斎ということになります。

東京の場合は安価な私鉄特急で…ということで、小田急だったり、西武や東武ということになります。通常の運賃に数百円をプラスする有料特急で大きな窓の車窓の眺めを楽しみつつ、文章を書くという楽しみがあります。

しかし、有料じゃなくて、普通の料金で立派なシートの特急が走る関西ではこれが実にオトクにできてしまうというのが魅力。しかも、関東とは違い、競合路線が多いのです。例えば、大阪と京都で考えれば、JRの他に、阪急電車、京阪電車、そして遠回りで良ければ近鉄も使えます。つまり、行きと帰りで別路線が利用出来る!

というわけで、電車書斎、関西バージョンを体験!

ちょうど大阪旅行の「なか日」です。この日はKAY1か買い物を兼ねて散歩の日。女性の買い物に付き合うのが苦手のKAY2、別行動をKAY1が許可。「だって、あなたと買い物行くと、つまらなさそうな表情をしているから、私もつまらなくなるから…」

うん。わかってらっしゃる。(^^;)

ということで、今回の大阪旅行記を書こうと一人で電車書斎へGO!

地下鉄御堂筋線に乗って梅田へ。そして、電車で京都に向かうのに久々の阪急京都線を利用します。

10時50分発。特急系不要の片道400円で43分間の旅。もちろん、クロスシート!(あの、横並びじゃないシートのことです)

梅田駅のひろ~いホームに上がります。ホームから見渡すと阪急カラーであるマルーン色の電車がいくつも並ぶ様は壮観!いつ見ても凄い風景です。こればっかりは東京にはないなぁ…。いつも利用している京王線の新宿駅は比較にならないくらいに狭いですから…。。

発車の綺麗な音楽とともにドアが閉まり、動き始めた電車はぐんぐん加速していきます。十三に向かって3つの電車が併走する姿はこれも圧巻。関西私鉄の雄、凄いですねぇ。

denshashosaikansai01wm.jpg
重厚感を持つインテリアの阪急電車で


さてさて、室内はとても落ち着く色合いです。木目調の壁と、そして、座席は深緑のモケット。

この日は良く晴れており、青空が眩しいくらい。それでも、車窓の眺めを楽しみつつ、ポメラを打つ手が軽い軽い!あっという間に記事が1本書けてしまいます。いいなぁ…電車書斎。

わずか43分で終点、河原町です。

そこからは先斗町をぶらぶらと歩きます。気になる和菓子屋さんを覗いてみたり、鴨川縁のお店を眺めたり…。

そして、三条、さらに出町柳へ。

そこから始発の京阪電車です。

京阪電車、阪急よりも少し運賃が高く470円。しかし乗車している時間は15分多い58分!

乗車時間が長ければ長いほど喜ぶ電車書斎。

しかも乗車時間で計算すると阪急は1分あたりの料金が9.3円だったのに対して京阪は8.1円。オトクだなぁ…。うれしいなぁ。(「やっていることが、何か違うゾ…」、KAY1談)

やってきたのは、8000系と呼ばれる一部がダブルデッカー(二階建て)の特急。もちろんこれも特急料金不要。この車内のシートは阪急よりも豪華。

denshashosaikansai02wm.jpg
このシートが心地良い!


到着後はすぐには乗り込めません。車内の点検があり、やがて、自動的に一斉にシートが逆方向に転換。これ、見物です。思わず動画で撮っちゃったくらい。(笑)

始発駅ですが、意外とお客さんは多く乗り込みます。ちょうど紅葉シーズンを前にして、出町柳は叡山電車との乗り換え駅ですから、それで混むのかもしれません。もっとも、10分待てば次の特急が来ますから、慌てる必要はありません。

さて、二階部分に乗り込み、再び電車書斎に…。13時4分発。淀屋橋には14時2分到着。

乗り心地の良さでは阪急よりも京阪に軍配が上がるなぁ…なんて感想を独りごち、心地良い揺れに身を任せつつ、再び今回の大阪旅行記を書きます。筆が、いや、ポメラがすすみます。

denshashosaikansai00wm.jpg


ちなみに一番先頭に乗ると、運転台越しに展望が楽しめます。別の日に逆方向でもう一度乗った時は、3000系というダブルデッカーではない車両で残念だったのですが、代わりに先頭車両で眺めを楽しみました。最初はカーテンがおろされているものの天満橋を出ると上がり、景色が楽しめました。しばらく複々線が続き、速度も100Kmくらい出して、快調に進む電車の車窓を堪能できます。

そうそう、運転台を眺めているとハイテクぶりに驚嘆。モニターには各車両の混雑状況がパーセンテージで表示されるんですよ。凄いですねぇ。重さで測っているのでしょうか。

というわけで、往復2時間、途中1時間の散歩がついた電車書斎、合計870円でこれほど楽しめる…。

喫茶店よりもオトク感を持ってしまうのはKAY2だけでしょうか?(「そうそう。あんただけや…」、KAY1談)





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる