スポンサードリンク


通勤ルートを変える実験(どっちーもは役に立つ?)


京王のホームページに詳しい説明があります。


炎の料理人、KAY2は頻繁に渋谷エリアで仕事をします。長年通い慣れた街ですが、京王線から明大前で井の頭線で乗り換えて神泉に…というルートをとってきました。

井の頭線の混雑は昔からヒドイのですが、最近はますますそれを感じるようになります。明大前の駅のホームの混雑はもともと狭いホームということもあり、かなりのストレスです。以前はホームの吉祥寺寄りだと比較的空いていたのですが、マークシティができ、渋谷駅に新しい改札が吉祥寺寄りにできてからは、これも混雑が激しく…。

人間、歳を取ってくるとストレスに弱くなります。

朝、ただでさえ「衰え」を感じ始める身体。人混みであちらこちら体を他の人にぶつけられると、心身共に消耗して、仕事場の厨房に着く前から疲れきってしまいます。

ただ、仙川から明大前までは、まだ楽なんです。各駅停車では座って行けることもあるし、万が一座れなくても、立ってても周りに余裕のスペースが確保できます。

問題はこの明大前…。

と、半ばあきらめていたのですが、ふと、思いつきます。

以前、明大前で乗り換えのために降りず、そのまま新宿まで行き、そこからダイエットのため歩いて原宿まで行っていたよね。そう、KAY2の厨房は神泉と原宿の中間点にあります。下車駅は原宿でも良いのです。

ま、あの頃はダイエットという目標があったし、そのために30分以上早く家を出ていたからねぇ…。

ん?

新宿から原宿までは山手線を使ったら?混雑するのはするけれど、明大前ほどのストレスではないのでは?それにたった2駅だし。

ということで、仙川からいつもの各駅停車に、余裕で座れます。そして、いつもなら明大前でため息をつきながら混雑した井の頭線ホームに向かうのですが、今日は、そのまま座ったままで…新宿へ。新宿ではそれほど混雑していないホームを歩き、山手線ホームへ。こちらも、微妙にラッシュは過ぎている時間なので、比較的余裕があります。

そして、ホームに入ってきた電車も、さすがに座るのは無理でも、立っていても周囲に余裕のある状態。

いいですね!

原宿駅に降り立ち、仕事場に入ると、なんと、いつもより1~2分早く到着しています。

そっか!いつも明大前駅では接続が良くなく、急行をやりすごして、各停を待っていました。その分の時間のロスがあり、実は、こちらの方が早く到着してしまうのです。驚きでした!

ついでに言えば、ネットの乗り換え案内サイトでは「仙川」と「渋谷」で検索してしまうと、「京王線+井の頭線」が早いと出てしまいます。「京王線+山手線」ではないのです。でも、原宿で降りるという選択肢があれば、そちらが早いのです。うーん、これは盲点でした。

ということは、今後は新宿経由を普段の手段にしてもいいな…なんて思います。もちろん山手線の料金が別にかかってしまいますから、そのあたりがネックですが。

さらに、ふと考えると、帰路の時間帯は、逆に新宿の混雑が気になります。

うーん、帰路はやはり井の頭線かな…。

そこで急に思い出したのですが、通勤定期をお持ちの方は「どっちーも」を使うという手がありますね!

京王が昨年始めた「どっちーも」。新しいアイディアを出すのが得意な、企画力満載の京王電鉄らしいユニークな定期券のオプションです。1枚の定期券で新宿と渋谷両方を目的地にできるというシステム。

ところが、これ、微妙に使い勝手が…という面があります。

・通常の定期券と比べ、一月の差額が1000円します。これはちょっと大きな額ですよねぇ。本来渋谷までの定期に「どっちーも」をプラスした場合、新宿まで8回乗車してはじめて元がとれはじめる勘定です。しかも定期券は6ヶ月などの単位で購入される方が多いでしょうが、その場合、5400円という差額はさらに大きな負担に感じます。

・例えば本来渋谷までの定期に「どっちーも」で新宿をプラスします。新宿駅利用は問題ないのですが、途中駅での下車は「どっちーも」の対象になりません。つまり、例えば初台や幡ヶ谷で降りれば、しっかりと明大前からの料金が別に引かれてしまいます。

と、せっかくの名アイディアなのに、この二つが気になって利用していないという人も多いのではないでしょうか。

逆に言えば、

1ヶ月500円くらいの差額にする。

もしくは、

途中駅下車が可能。

であれば、素晴らしい企画で、皆さん、購入されるのではないかと思うのですが。

京王さん、いかがでしょう?

と、少し話が横道にそれましたが、都心の場合、いくつも交通経路があるとき、いろいろと実験してみる価値があると言うことです。今回のように意外な結果が出ることもあるわけです。また、YAHOOなどの路線でどのルートが早いかと言うことを調べることもありますが、これ、比較は同じ駅を目的地にした場合は簡単ですが、KAY2のように、同じ場所に行くのに幾つかの駅が利用できるという場合は、実際に乗車して体験してみるのが一番良いということになりそうです。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる