スポンサードリンク


チャーハンの味がかなり進化した幸楽苑


真ん中に見えるのが炒飯調理器(ちょっとピンぼけでゴメンナサイ)
まかせっきりでなく人手をかけたのが味向上のヒミツ。


最近朝の晩酌が復活したKAY2。徹夜明けの仕事帰りに、飲食店に立ち寄り、一杯飲んで、電車で帰るというわけです。

東京ですから朝もやっている居酒屋さんもあれば、大手の外食チェーンでお酒を提供しているお店も。

中華料理の幸楽苑もその一つ。都内にも多数の店舗を持つラーメン屋さんですが、生ビールとともに実はちょっとしたつまみを提供しています。しかも渋谷の道玄坂店は24時間営業。

以前、このブログにこのお店で朝の晩酌をした話を連続して書きました。もう2年前のこと。そのときにも幸楽苑を取り上げましたが(こちら)、その時、一つ残念だったのが、半チャーハン。炒めたご飯というよりは「混ぜ」ご飯的な触感でした。炒飯好きのKAY2だけにおホントにがっかりで…。

聞けば、かつては大人気だった半炒飯でしたが、2002年頃、全面的に機械で作らせることに方針転換したのだとか。そのためのようでした。ただ、この話、実は追求すれば結構、深い話なんです。チャーハンって、コックさんにとってはもっとも体力を使う料理。重い鉄鍋を振り回すのですから。実際幸楽苑の社長さんによると、当時大変に注文が多く、調理場の従業員さんで体調を崩す人が続出したとか。そのため、断腸の思いでの機械化だったとか。(フードビズ2006年7月号)

その後ずいぶんたって、幸楽苑は低価格路線からついに脱却。おそらく日高屋との競争に影響を受けたのでしょう。ラーメンも少し値段の高いものを中心に添えています。

もしかして何か変わったのではないかと思い、ある日調べてみたら…。

あのチャーハン、なんと「品質向上」とあるではないですか!機械に全面的に頼るのをやめ、人手で調理する作業行程を増やしたとか。去年から今年にかけて、大きな変化があったのですね!

名前も「絶品」チャーハン。自信のほどがうかがえます。

これは食さねば。

そこで2年ぶりの幸楽苑です。朝は7時45分。広い店内には客は10名ほど。それでもラーメンですから、人は次々に入れ替わります。

まず生ビール。そして運ばれるまでメニューを眺めます。眺めても、結局前回来たときとまったく同じ組み合わせになってしまうところが飲兵衛のクセ。

「ちょっとおつまみ」(300円~すべて税別)。そして、餃子とその噂の「絶品半チャーハン」をセットで頼むと安くなります(440円)。

まず、「ちょっとおつまみ」というセ一皿。内容はラーメンの具に乗せるためのチャーシューにメンマ、それに煮玉子。十分、つまみになります。ま、飲兵衛にとってみれば、何でもつまみになるのですが。塩を舐めるだけでもという人もいるくらいですから。(笑)

やがて、餃子が。前回来たときも感動しましたが、しっかりと具の入った餃子が単品ならば200円。いい時代です。

そして、席から眺めていると、中央にある大きな炊飯釜を斜めに立てかけたような機械が動き始めます。これが噂の炒飯調理器。最初に油を。やがて、玉子を投入し、タイマーで20秒。今度は材料とご飯の投入。炒め上がる音が心地良く厨房に響きます。男性の調理員、その釜に向かい合い、自動で混ざっていく具に、さらに大きなしゃもじのようなものでかき混ぜていきます。なぁるほど、機械で基本的には調理しているものの、そこに調理員がつきっきりで炒まり具合を調整するわけですね!

やがて、お皿に移され、テーブルに運ばれてきます。

うわ!見た瞬間に大きな変化を感じます。

<以前の炒飯>
kourakuen03wm.jpg

<今回の炒飯>

kourakuen06bwm.jpg


写真をご覧のように、前回来たときはご飯に油気がなく、上記のように、完全に混ぜご飯の感覚でした。しかし、今回のチャーハンはツヤツヤしています。しっかりと油で炒めたような外見。しかも、具も人参がネギに切り替わり、立派にチャーハンしています。

うれしいな。

そして、口に含むと!

合格っっっ!

決して高級中華のようなパラパラしたチャーハンではありませんが、街なかの中華食堂で味わうチャーハンに近い味わいになりました。

こういう進化は本当にうれしいもの。これで、お店に行く機会が増えそうです。

幸楽苑さん、ありがとう。徹夜仕事の後の楽しみがまた増えました。

KAY2同様、かつての「炒飯ショック」でお店に足を運んでいなかった方もどうですか?きっと今回は満足できるのでは…。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる