スポンサードリンク


500円硬貨を巡るある「事件」


これがその「証拠物件」


上京中の母が「あれ?」と声を上げました。

買い物から帰って来たときです。財布の中身をレシートを見ながら確認していたところ、妙なコインを発見したのです。

取り出してみたものは…500円硬貨と同じ大きさですが、デザインが違います。ゲーム用のコインをおつりにもらった???

何処で受け取ったんだろう?と母は思案顔。

お店の人、気付かなかったのかなぁ?

以前、韓国の500ウォン硬貨(50円相当)を削たものが自動販売機で見つかるという事件がありましたが、今回は表面に500円と書いてあり、偽物であれば、より悪質です。

でも、まてよ…。改めて、その硬貨をしっかりと見てみます。偽造硬貨だとしても、「500円」と刻印しているし…。あ、ちゃんと日本国って書いてある。でも、山形県とも書いてある…。

もしかして、山形県内だけで通じる硬貨として作られたのが、東京に来ちゃった?それって使えるの?

そんな不思議な思いが交錯します。ぽかーんと眺めている我々を見ながら、ネットで調べれば?と言ったのは冷静なKAY1。おお、そうだった、そうだった。

すぐに答えは見つかりました。

地方自治法施行60周年記念貨幣

そう、正式な硬貨だったんです。2008年から継続的に発行されているもの。山形県は昨年発行されています。情報に疎い我々、知らなかった!いや、そもそも、発行され始めて5年経ちますが、今まで一度も目にしたことがないなんて、やっぱり、あまり流通せず、コレクター向けの硬貨という存在なんでしょうね。

次の問題は、本当に使えるの?

もちろん、日本国が作っている硬貨ですから、銀行や郵便局ではOKでしょう。ただ、お店の人の認識ってどのくらいあるのでしょう?それと、自動販売機で使えるのでしょうか?

ということで、或る日、思い立って、近所の自販機を試してみました。

結果、

10台中、硬貨を受け付けた自販機の台数…、



そう、1台も使えなかったんですぅ…(泣)。

これじゃ、意味ないっすよねぇ。ネット情報によると、たまぁに使える自販機もあるそうですが。結論として自販機では硬貨としての実用価値はあまりないみたい。

というわけで、とある薬屋さんで使ってみました。

堅物で知られる薬屋のオヤジさん、硬貨をしげしげ眺めます。

「おまえさん、オモチャのコインで騙すつもりかい?」なんて誤解されるのが怖く、思わず「これ、記念硬貨。使えますよね」とだめ押しをすると。

「いいよ。でも、これ500円硬貨じゃなくて、コインだけどね…」

と意味不明な言葉をはきつつ受け付けてくれました。オヤジさんの心の中では「しぶしぶ」という事でしょうか。

というわけで、無事に日本経済の流れに再び乗ってくれた山形県の地方自治硬貨。我々とは短いおつきあいでしたが、「良き旅を!」という気持ちで送り出しました。

ところで、母と話していて思い出したのですが、KAYSが子供の頃、記念硬貨の発売というのは大変なお祭りでした。東京オリンピック(これは記憶にないけど…)、大阪万博、沖縄海洋博…その発売日には近所の郵便局に買い求める人たちの行列ができるほど…。今でも、そのどれかを居間に飾っている人、いるでしょ?

それからすると、現在は記念硬貨、発売されたことさえ知らない人もいる(我々も)時代です。

記念切手と同様、時代が変わったのですね。

そんなことをしみじみと感じる我が家の「事件」でした。




島根県版もありますよぉ…。お一ついかが?



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる