スポンサードリンク


公共交通機関利用で心の贅沢を

busgotsuwm.jpg
江津駅前に到着した石見交通バス
その向こうに工事中の囲いが…


KAY2@島根県江津市です。帰省して故郷を満喫しています。

いつも東京からはJRで。そして途中の広島か出雲でレンタカーを借りて帰省します。そうすれば、1日にバス便が6本だけという公共交通機関の利便性がきわめて低いわが故郷を自由に動き回ることができます。

ただ、問題は「おつきあい」。

今回は高校の同窓会に初めて出席することになりました。なぜか、炎の料理人、KAY2に話が聞きたいと、講演を依頼されてしまいました。ホントは同窓会の苦しい台所事情、外部講師を呼びたいけど、予算がつかなかったのかも…(笑)。

で、ふつうに会場で講演をして帰るだけであれば、会場までの30kmの道のり、借りたレンタカーで行き来すればいいのですが、今回は、その後、懇親会があり…そうなると乾杯のおつきあいをしたくなるじゃないですか。

というわけで、その日は車を実家に置いて、公共交通機関を利用することになりました。

そうなると、一気に不便さの洗礼を受けることになります。

地元から浜田市にある会場まで、まずバスで江津まで出て、そこからJRで浜田まで乗らなければならないのですが、レンタカーだとわずか30分の行程。ところが、公共交通機関を使うと、1~2時間ほどかかります。タイミングによっては江津駅で何十分も待たねばならない場合もあります。

そして、肝心なのがバス。

会場には準備のため、朝、8時30分に集合と幹事さんから連絡がきます。

行程を逆算してみます。

浜田に8時30分に間に合うためには、江津駅を7時44分発の特急に乗る必要があります。特急料金を払わないですませるには、その前、7時32分発の各駅停車に。じゃ、それに間に合うバスは?6時43分発。江津での待ち合わせ時間が30分ほどあり、トータルで1時間半で着きます。

ところが、バスの時刻表を見て気づきます。この6時43分のバス。黒い丸印が。いやな予感が的中。「土・日・祝は運休します」と書かれています。同窓会の日は土曜日!

次のバスは1時間ほどあと。7時37分。その時間だと…集合時間に30分ほど間に合いません。

嗚呼。

他の交通手段はタクシーですが、タクシーを利用すると目玉が飛び出る料金となります。

そこで、仕方なく幹事さんにメール。

「ごめん、超田舎なんでバスがない。30分遅れていい?」

心優しき幹事さんはOKしてくれました…。

さて、当日、良く晴れており、朝から日差しがぎらぎらとしています。ただ、東京とは違い、風は少しひんやりとしており、汗がだらだら流れると言うことはありません。

自宅の前から乗ったバスは空いていました。赤字路線なので、結局江津までの20分、お客さんはKAY2以外はお一人だけ。降りる際、「ありがとうございました!」と、運転手さんの笑顔の挨拶が印象的です。石見交通、しかも波積線(大田営業所管内)の運転手さんは優しい笑顔の人が多いです。

JR江津駅で降りると、次の列車まで20分ほどの待ち時間です。駅の待合室にいても仕方ないので、ぶらぶらと駅周辺を歩いて散歩します。お盆ということで、いつになく活気があり、駅前には人通りがあります!(いつもは、本当に人がいないのです)

駅前は再開発でしょうか、工事のために囲いが出来ています。そこに掲げられた表示を見ると、「市民交流施設(仮称)」が新たに建設中なのだそうです。詳しい説明に見入ってしまいます。そして、その背後、かつて映画館のあった一角は(その後「ファニチャーあけぼの」という家具屋さんとなっていましたが、ずいぶん前に閉店)、なんと大手のビジネスホテルが出来るそうで、その建設も進行中となっています。

デパート、そして、洋服屋さんなどが撤退して、駅の真ん前という一等地の表玄関が長い間うち捨てられていた江津。ようやく、ここにきて、新たな施設ができることになったのですね。最近、なにかと街の活性化に頑張っている江津のみなさん、努力を着実に重ねているのだなぁと、今は東京に住んでいるKAY2も嬉しくて思わず応援したくなります。

考えてみると、いつもはレンタカーでこの前を通り過ぎるだけ。公共交通機関の利用ということで、乗り換えの待ち合わせ時間が生じたため、地元の新しい動きを知るという副産物ができたわけです。

goutsustation01wm.jpg
のんびりとした空気が流れる江津駅ホーム
非電化区間なので架線がなく、空が気持ちよいほど広いのです!


やがて、時間が来て駅に戻り、三江線というローカル路線から直通で山陰線に出てきた1両編成のディーゼルカーに乗り込みます。ディーゼル特有のうなり声を出しながら列車(一両編成で「列」車と呼んでいいのやら)がゆっくりと動き始めます。

江津から浜田まで、車なら高速を使うと15分程度の距離を40分かけて走ります。

急に汽車(電車にあらず)通学だった高校生の頃を思い出します。懐かしいなぁ。あの頃は毎日この々車窓を朝夕に眺めていました。

今日は天気も良く、車窓は最高。エメラルドグリーンに輝く日本海を右に、青い山並みを左にみつつ、「ガタンゴトン」という音をBGMにしていると、子供の頃の様々な情景が思い浮かびます。親戚の叔父や叔母たちにつれられて海水浴に行った思い出とか…。

途中、反対列車の行き違いで、何度か数分間の停車をします。そのたびに、思い出はさらにあふれるように出てきます。

夏に帰省は何度もしていますが、たいてい広島か出雲で車を借りて運転。そうすると、こうして眺めをゆっくりと楽しみながらもの思いにふけるということがないのです。

列車を降りる頃には、なんだか、まるで1冊の本を読み終えたような、そんな充実感がありました。

公共交通機関の旅。いいものですね!

たまには皆さんも車を置いて、いかがですか?


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる