スポンサードリンク


W SengawaでグラスもWのサービス!


こうして二種類のグラスが…。


最近KAYSが絶賛しているW sengawa The Living Room(こちら)。

ここで先日また嬉しい体験をしました。

こちらはベテランのソムリエさんがいらっしゃて、いろいろと相談にのってくれます。

ワインに関しては永遠の初心者であるKAYS、ワインの名前も生産している地方の名前もなかなか覚えることができません。そうなるとソムリエさんに全面的にアドバイスをお願いすることになるのですが、そんな時、ソムリエさんの性格が重要。気さくな人であれば、こちらも気軽に相談できるではないですか。

その点、このお店のソムリエさんは100点満点、気さくな上にユーモアあふれる会話で、いろいろなことを教えてくださいます。

この日も、「スパークリングが飲みたいんですが、このお店で人気がある、オススメは何ですか?」と尋ねるとたちどころに数本、持ってきてくれます。

そして、説明を…。

「こちらはオーストラリア。ピノ・ノワールが主体ですから、しっかりとした味わい…」。

「へぇ、オーストラリアのピノですか…。」

「タスマニアなので、南極に近いこともあり、冷涼で良いピノができるんです」

なんて具合の会話。そこで、そのワインを頼んでみたら。

なぜか、グラスが2種類。

「よろしければ、飲み比べてみませんか?このタイプのスパークリングになると、通常の胴の細いグラスよりも、白ワイン用のチューリップも別の味わいが楽しめるんですよ」

ほぉ!なんと2種類のグラスでそれぞれ味わってみるという贅沢をさせてくれるなんて!

同じことをこれも我々が愛する「ラ・マンチーナ」でお店のサトシさんの提案でやってみた楽しい記憶があります。こちらWでも同じ提案をしてくださるなんて!

これって、お店にとってはよけいにグラスを洗う必要もあるわけで、何の得にもならないのですが、でも、確実に我々のお店への好感度はアップ。いや、本当に嬉しいですね。

そのお味は…、

驚きの変化です!

もともと、酸味とともに、ミルクのような独特の膨らみを感じさせる味わいのワインですが、その香りが白ワイン用のグラスの方が圧倒的に強いのです。

逆に胴の細いスパークリング用のグラスでは、さわやかさが強調されるような気がします。

そう、どちらが優れているという問題ではなくて、どちらもおいしい。

1本を2種類の味わい方でダブルに楽しめる、まさに「W」Sengawaならではの思いがけないサービスに感動した夜でした。(ホントは「W」、ダブリューとダブルは別なのですが…ま、いいとしましょう)

このところ、訪れるたびに面白い体験ができるお店です。


【追記】
ところで…、その翌週再びお店に行き、同じように2種類のグラスで飲んでいたら…あることに気付きました。ワインの消費が早い!グラスをダブるで飲むと飲む勢いもダブル!(笑)あっという間に1本飲み干して、追加のグラスワインを…。

つまり、やっぱりお店の得になっていた!やられた…。ま、実際、楽しいからいいけど。(^^;)



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる