スポンサードリンク


アルザス好きなら…ジョンティ(浅草橋)


この黄色のエチケット(ラベル)、ご覧になった方も多いでしょう。
ヒューゲル社のジョンティ…お店の名前の由来です



東京に住むということの幸せは、色々な各国料理が味わえるということでもあります。しかも、ドイツ料理、イタリア料理という国別の形だけでなく、もっと細かく、地域に特化したお店も。

ブラッスリー・ジョンティ(Brasserie Gentil)。

ジョンティという言葉にフランスのアルザス地方を思い浮かべた人はかなりのワイン好きでしょう。

ヒューゲルというブランドのワインを気に入ったKAYS。ある日、このブランドのジョンティ(GENTIL)というワインを購入します。1900円。高級ワインではありません。ジョンティというのは、もともとはアルザス地方の数種類の品種をブレンドしたものを指しますが、同時に、ヒューゲルの商品名でもあります。ヒューゲルのは5種類の葡萄をブレンドさせています。

おいしかったですよ!と飲んだ翌日、KAYSにとってワインの師匠であるSさんに報告したら、「まさにその名前の名店が浅草橋にあるんですが…」とのお話。

聞けば、富田裕之さんという元ホテルレストランのソムリエさんが、アルザスのワインと料理に惚れ込んで、専門のお店を2009年に開いたのだそうです。

その方がホテル(インターコンチネンタルホテル東京ベイ)に勤務していらした時、そのホテルのレストラン「ラ・プロヴァンス」では月に一度のワインセミナーが人気。普段は高級レストランで我々のような庶民は食事できないお店でしたが、そのときは、数千円でディナーと数種類のワインをソムリエさんの講義付きで味わえる。そんな夢のようなワインセミナーがあったんです。

残念ながら、ホテルの日本での経営母体が変わった頃にセミナーは休止してしまいました。ホテルにとっても採算はあわなかったのでしょう。でも、ワインの文化を良き料理とともに伝えようというホテルの啓蒙思想は見事なものでした。当時のホテルの経営陣とスタッフのみなさんにKAYSは敬意を表します。

gentil02wm.jpg
アルザスといえば、この細身の瓶が印象的。
お店のワインもグラス単位で飲めて、美味しい!


我々のワインの師匠は長らくそのセミナーに通っていましたが(最後の頃、数回、我々もS師匠に誘われて参加しました)、その中でも、特に思い出に残るのが、富田さんが辞められる直前に担当された回だったそうです。「心に残るワイン」と題された回では、ホテルを辞めてお店を開かれるということで、彼のおすすめのアルザスワイン、マルセル・ダイスのリースリング(2006)が中に入っていました。ちなみにほかにはドメーヌ・ルロワの「ブルゴーニュ・アリゴテ 2005」、ドメーヌ久の「ドメーヌQ ピノ・ノワール 2006」、フランソワ・ミジャヴァルの「ロック・ド・カンブ 2001」が供されていました。見事なワインたち、中でもダイスのアルザスワインに師匠はすっかりと心を奪われたそうで、なぜ、富田さんがが自分のお店を持とうと思ったのかが、よぉくわかったそうです。

「心に残るワイン」というタイトルで行われた2009年1月のワインセミナー、師匠にとっては「心に残るワインセミナー」となったようです。

そんなお話を聞いたからには、行かないわけにはいきません!師匠の教えを忠実に守るKAYSです。

偶然と言えば偶然ですが、そのホテルにたまたま宿泊した機会に電話で予約をします。人気のお店ですから、予約がベター。幸い2人の席が予約できました。

gentil01wm.jpg
印象的な店構えです。


港区にあるホテルから浅草橋まで、せっかくなので歩くことにしました。距離からすれば結構ありますが、3時間ほど歩くと着いてしまいます。途中、新橋、京橋、日本橋、と「橋」のつく地名を通ります。そっかー、江戸は橋だらけだったのねと「東京発見」。やがて、室町、小伝馬町、馬喰町と江戸の面影の地名を楽しみながら歩きます。

浅草橋に到着すると、神田川に係留されている屋形船の数々が目を引きます。少し早めに到着したので、ぶらぶらと散策。このあたりは服飾の問屋さんがある関係でアクセサリーの専門店が数多く並びます。そんなお店をKAY1が夢中になってはしごしていると時間を忘れてしまいます。気がつくともう6時。お店にと急ぎます。

お店の外観はブルーの壁が目立ちます。そして、ヒューゲル社のエチケット(ラベル)の黄色を思わせるシェード。そして、お店の雰囲気は実に気さくな下町のビストロという趣。気取ったところがまったくないのです。本来は目立つ配色なのに、見事に周囲の風景にとけ込んでいます。

お店に入ると、ベテランの雰囲気を醸し出した男性がまず応対してくれます。めがねに髭が印象的。声もよく通り、周囲の空気にまったく動じず、まるで、テレビドラマに出てくる「執事」さんのような雰囲気です。その彼が勧めてくれる料理の数々。これが実に玄人受けのするものばかり。そう、我々のような永遠の初心者グルメにはなかなか勇気が必要ですが、本当の食通は泣いて喜びそうなメニューの数々です。現に我々の後に入ってきた3人組の方々は「ほう、今日の鹿はよさそうだね」なんて言ってました…。ちなみにお店のその日の一番のおすすめは子羊のお肉に子羊の脳味噌を添えたものだそうです。「脳味噌、白子のような食感でおいしいですよ」と羊氏、いや、ちがった、執事氏。(^_^;)

我々は無難に、サラダに、お肉のパテ、タルトフランベ、そして、鴨のロースト。

サラダは「榎さんのサラダ」。「榎さんって誰ですか?」と思わずシンプルにKAY1が問いかけると、執事さん、「シェフの名前です」。出てきたサラダに思わず笑みがこぼれます。葉物たっぷりの野菜に、エノキダケのマリネが榎さんを主張。なぁるほど。

gentil00wm.jpg
ほら、右下に榎さんの主張が…。(笑)


そして、それまで他の接客をされていた富田さん登場。古い世代としてはついつい自分の若い頃人気の俳優さんに例えてしまいますが…若い頃の浜畑賢吉さんと市村正親さんを足して二で割ったような男前です。

富田さんに我々の師匠の話をすると…、とても懐かしげな表情でした。実は師匠からは当時のワインセミナーの資料を預かってきていました。それをぜひ見せてあげてほしいというのが師匠からの指示でした。富田さん、しばらく真剣な表情でページをめくっていました。こうした過去の資料を残しているのって、ありがたいですね。初対面の我々もお店の人と親しく話せるきっかけになるのですから。

さて、お店のワインですが、アルザスの代表的なワインがグラスで色々といただけるのが魅力。最初の泡もクレマン・ダルザス、白とロゼの両方があります。そして、白が中心で、ジョンティのブレンドに使われる5種類の葡萄、それぞれのワインがあります。しかも、リースリングだけでも3種類。赤はピノ・ノワールが2種類。という具合に、全部試してみたくなるんですよね…これが。

ソムリエさんがオーナーで、またホールも担当していらっしゃるというのは、ありがたいですねぇ。ワインに客が悩む必要がないのですから。

また、お店のblogなどをみてみると、フランスからこのお店で扱っているワインの醸造家の方がいらっしゃって、パーティをすることもあるとか。ファンなら夢のひとときですねぇ!

料理はさすが!アルザス風のピザであるタルトフランベは出された瞬間の玉葱やニンニクの香りの高さが、食欲をそそります!ああ、これならハーフでなく、フルに1枚頼むんだった!

gentil03wm.jpg
この肉厚!


そして、鴨は分厚い胸肉が印象的。臭みもなく、添えられたシメジや玉葱がまた、口をさっぱりとさせてくれます。

気がつけば、しこたま酔っていました。もうおなかも十分に満たされています。ただ、まだグラスワインを全部制覇できていない!と、その点だけ、後ろ髪引かれる思いでお店を後にしました。

ここにくると「アルザス大好き人」になるのは間違いないでしょう。自分自身が惹かれ、そしてお店を持ち、そして、お店に来る人もアルザスファンになっていく。すてきなサイクルではありませんか!

我々もお店をやりたいなぁ。島根の食材と奥出雲葡萄園のワインで…、と一瞬夢を見た夜でした。


ブラッスリー ジョンティ
  ランク:AA+
  電話:03-5829-9971
  住所:東京都台東区浅草橋2-5-3
  時間:11:30~14:45(月~金)
      12:00~15:45(土日祝)
      18:00~23:00(月~金)
      18:00~22:30(土日祝)
  定休:水曜日、第三火曜日
  値段例:鴨胸肉のロースト 2300円
  場所:浅草橋駅より徒歩3分
  地図はこちら
  クレジットカード:可
  HP:http://b-gentil.com/
  その他:





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる