スポンサードリンク


昭和の想い出がまた一つ消えていく~ホテルオークラ



ホテルオークラ東京、9月から本館が建て替えになるんですね。先日、虎ノ門を散歩していて、ふとホテルに入り、そこで表示をみつけ、しばらく感慨にふけってしまいました。

子供の頃から映画やテレビなどで何度も見ていたホテル。そして、歴史の舞台にも何度もなったホテル。

大人になってからはいつか宿泊したいなと思っていました。夢がかなったのはつい数年前。母親の喜寿の祝いでした。「桃花林」での食事とともに、ホテルに一泊。母親も喜んでくれましたし、我々もいつか宿泊したいという夢がかない大興奮でした。

チェックインしてすぐにホテルの中を歩き回りましたが、「なつかしい」&「すばらしい」内装に圧倒されます。トイレの表示一つとっても、かつての昭和時代の重厚さが残っています。

本館が建てられたのは昭和37年。1962年ですから、すでに半世紀が経ったことになるんですね。ロビーに一歩入ると都会の喧噪が嘘のような静かな空間が広がります。特に和のテイストのロビーは足を踏み入れる度に心が安らぎます。

hotelokura01wm.jpg

エレベーターに乗ろうとすると、和服姿のスタッフの静かながら無駄のない動きに感銘を受けたり…。

これはもう一つの文化ともいえると思うんです。ホテルオークラという。

建物の古さが旧さを感じさせない。そんな不思議な体験ができるのがオークラ。

かつて若い頃、仕事をしながら、修士課程の勉強をしていたことがあります。場所は神谷町。7~9月などは集中的に講義があり、神谷町から溜池あたりを炎天下、歩き回っていました。ふと、涼みたくなるとオークラのロビーに。瞬間、学業や仕事の苦しみから解き放たれて、心安らぐ一時を味わえる。そんなマジックのような体験を何度もしました。

でも、その陰には古くなった施設で不便さを感じさせまいというスタッフの大変な努力があったのでしょうね。だからこそ建て替えなのかなと想像します。

もう、このような昭和な雰囲気の中でのリフレッシュという体験はできないのでしょう。

一つの文化が消えてしまうのは本当に残念です。特に海外からの建て替えへの反対意見も大きかったと聞きます。

KAYSも正直に言えば、建て替えずに残して欲しかったなぁ…と思います。

ただ、時代は移って行くもの。昭和の懐かしさを大切に思う自分もいつかはこの世から消えていきます。

何十年か経って、新しい世代が、いずれ同じように「懐かしい」と思うだろう「新しい」文化を、新装ホテルオークラは担うことになるのでしょうね。




コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる