スポンサードリンク


レストランLAUT(松江店)はやっぱりスゴイ…。


こちらが入口。リゾート地の雰囲気。


KAYSが6年前に書いた(こちら)奇跡のレストラン、「LAUT(ラウ)」福光店。とても人気があったのにもかかわらず閉店。お店の建物を持っている市とのテナント継続交渉がうまく行かなかったと噂に聞いています。ああ、残念。

すばらしいインテリアとこれまたすばらしい料理。そしてフレンドリーな接客と、どれをとってもそれまでの石見地方には珍しい(?失礼!)タイプのお店だっただけに本当に閉店したときは悲しかったものです。しばらくは閉店が信じられず、福光のお店の前まで何度か車を走らせたことがあります。そう、「LAUT」ロス症候群という感じで…。

そうなると気になるのはもう1軒、松江にあるお店です(出雲大社にも系列店はありますが若干コンセプトが違うようです)。こちらも以前からあり、大変評判がいいのですが、何せ、松江、車で2時間かかります。そういうわけで、おいそれといけなかったのですが…。

父の七回忌があり、家族全員がそろった際、妹、嫁が一致して「LAUTにいきたい!」の大合唱。そこで、松江へのドライブとなりました。

福光のLAUTは日本海の砂浜沿いというすばらしいロケーションでしたが、松江もこれまた信じられないくらいベストロケーション。宍道湖沿い、しかも、イングリッシュガーデンという公立施設のなかにあります。

事前に予約をして…と思いましたが、残念ながら土日の予約は値段の高いコースのみ、そこで、直接店に早めの時間に行って…と考えます。

それでも、途中で渋滞にはまり、到着予定時間が大幅に超過。到着した12時にはすでに50分待ちとのこと。

ところが、ここがLAUTの良いところ。何せお店がイングリッシュガーデンという施設の中にあります。携帯の番号さえ伝えておけば、ガーデン内の散策ができる!

ちょうど地元の中学校の吹奏楽団が演奏会に向けてリハーサル中。自由に出入りくださいとの表示もあり、久しぶりに生で吹奏楽を楽しみます。湖北中学、KAY2の中学時代の演奏よりも遙かに上手でした!

そうこうしているとあっという間に時間は経って、電話が…。

お店の入り口はかつて福光にあったLAUTを思わせるアジアのテイストがあふれています。そして、フレンドリーなホール担当者に案内されて店内に入ると、その広さに驚きます。まずは、左手に広い厨房を見ながら右にソファーの並ぶラウンジ、そしてそこを通ると湖に面したホール。

「うわ、広いですね!」と思わず声を上げると「これ以外にも、この奥にチャペルがあり…」なんと結婚式と披露宴のパーティにも使えるんですね。

この日は晴れていることもあり、とにかく湖面に反射した光がきらきらとお店の中を照らしています。

それだけでハッピーな気持ちになれる素敵なお店です。

スタッフのみなさんの笑顔も印象的。そしてお客さんたちの表情も楽しそうです。昼間だというのにワイン片手という人も多い!KAY2は残念ながら運転があるので無理ですが、一度、しんじ湖温泉にでも宿泊してこちらでワインとともに夕食もいいですねぇ…。特に世界的にも有名と言われる宍道湖に沈む夕日を見ることができると最高でしょう!

料理は…、相変わらずお見事です!我々が頼んだのは、パスタランチ、そして前菜付きのコースをお肉と魚で…。

パンにはバターではなく、オリーブオイルにバルサミコ。これ、美味しいです。自家製3種類。おかわりできるのがありがたい!

そして、前菜を目にして満面の笑みがこぼれてしまいます。

lautmatsue02wm.jpg


美しく盛り付けされた、ホタルイカに、野菜、お魚。ワンプレートに載ったそれぞれの前菜がまるで絵画のように見えてきます。妹もKAY2も写真を撮るのに忙しい忙しい…。(笑)早く食べなよ!とKAY1がせかします。

やがて、パスタランチを頼んだ母にはパスタが…。こちら、大きめのベーコンやチーズがカルボナーラを主張していますが、海老なども入って、とってもゴージャス。

そして、出てきたメインの魚!一目見て、美しい!

lautmatsue03wm.jpg


火の通りも強すぎず、弱すぎず。そして、一緒に添えられた野菜の彩りが。本当にLAUTでいつも感じるのは料理の配色の美しさです。見ているだけで、本当に満足なお料理。ソースもまた外しません。惜しむらくはせっかく2切れあるお魚に合わせてソースをもう少し多めにしてもらえれば幸せはさらに増幅するのに…と思いますが、ま、それはソースが美味しすぎるから思うこと。

そして、お肉も出てきました。厚めの豚肉ですが、ローストの色がお見事。そして、こちらも野菜との配色が素敵です。ソースもしっかりと肉汁を利用した味わいで、シェフのセンスの良さを感じます。

lautmatsue04wm.jpg


しばらくは食べることに夢中になり、家族の会話が途切れます。だって、出てくる言葉はと言えば「美味しい!」以外にないのですから。パンをおかわりし、ソースにつけて…。そして、またお肉を…ということをくり返します。

前菜から感じることですが、すべてに手を抜いていません。いや、全力を尽くしています。その満足感というのはもの凄い体験ですし、他のお店ではそうそう感じる事はできません。そこがLAUTの凄さなのだと思います。

ただし、全体に量は少なめです。これであれば、メインを2種類頼めるコースにすれば良かった!と思ってしまいます。もちろん、そうなると値段も一気に4000円台に跳ね上がりますが…。

食べ終えると、飲み物を…。実は食後のドリンクは、入口に近いサロンコーナーでもいただく事ができるそうです。そう、ソファでゆったりしながら飲み物…というのもいいですよね。

ただ、我々、どうしても眺めを楽しみたかったので、そのままの場所でいただく事にします。

食べ終えて、ようやく当たりを見渡す余裕が出てきました。

lautmatsue05wm.jpg
宍道湖に面したお店。
イングリッシュガーデン内ということで、緑も豊かです。


客層は本当に老若男女。下はファミリーで訪れている中学生から上は親戚で集まっているという感じのグループ、70代のおじいちゃん、おばあちゃんまで。あらゆる層にアピールするお店です。

ホール担当のスタッフの接客も抜群。隣のカップル、実は男性が誕生日で、女性が密かにケーキを予約していました。そして、食後にロウソクのついたケーキを女性スタッフが運びます。「ハッピーバースデイ、歌いましょうか?」二人の様子と店内の様子を見て、ニコニコとささやきます。その押しつけがましくない一言に、ああ、いいお店だなぁと改めて思います。日曜日のランチなので、店内はかなりのお客さんで賑わっています。ということはスタッフも仕事をこなすのが大変なはずですが、決して、それを表に出さず、常に気配り。ファミリーでカメラを持っていれば「お撮りしましょうか?」。車いすのお客さんが動こうとしたら、すぐに介助したり。

いつかきっとディナーで泊まりがけで…と思い、飲み物のリストを見てみます。コスパの良いワインが並びますし、なんと奥出雲ワインまで!これはいいなぁ…。「絶対にまた来るぞ!」とつぶやきます。

何から何までがパーフェクトなお店。そうそうないです。福光と変わらぬLAUTを久し振りに体験できて、本当に幸せでした。

ところで、これほど素晴らしいお店ですから、結構貸し切りも入っています(ランチでも!)。行くと決めたら、必ず事前にHPを見るか、電話でお店に予定を問い合わせてから行くことをオススメします。


LAUT松江店(レストラン&カフェ ラウ)
 ランク:AA
 電話:0852-36-4100
 住所:島根県松江市西浜佐陀町330-1
 時間:11:30~14:30(土日祝は予約不可)
   18:00~21:00(ディナーは予約制)
 定休:毎週火曜日(祝日・イベントを除く)、月曜日は15時閉店
 値段:
 場所:一畑電鉄 松江イングリッシュガーデン前駅から徒歩10分
 地図はこちら
 メニュー例:お肉ランチセット 1750円
 HP:http://matsue.laut-japan.jp/
 クレジットカード:可
 その他:禁煙


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる