スポンサードリンク


時がたつのを忘れるほど心地良いヘッドホン

mdrz701wm.jpg
今やソニーのフラッグシップ的モデル。


このブログの親サイトである「KAYS」のモノ・インプレッション、どうしても書きたくて書きたくてたまらない製品が出ました。

10数年ぶりに密閉型のヘッドホンを買い替えました。昨年、発表と同時に業界が騒然となったというSONYの久々のオーディオ界への挑戦、「MDR-Z7」という機種です。

ハイレゾがちまたで流行し、より自然な音へとオーディオの世界が動いているわけですが、このヘッドホンの特徴は「心地よさ」「大人の味わい」「空間の再現性」といった、それまで、どちらかというと日本のメーカーは苦手でヨーロッパのメーカーが得意としていた分野を取り込んだというところにあるようです。

実際KAY2が導入してみて感じたのは、「装着する幸福感」です。見かけのデザインはやや大ぶりでごっついですが、着けてみるととても、自然。そして流れてくる音の上品さ。思わず音楽に聴き入ってしまいます。

時を忘れてしまうというのはこのこと。

今まで数万円する機種を幾つか家電量販店の試聴コーナーで聞いた事がありましたが、このヘッドホンの音は全く格が違います。また、少し前にHDDの音源を楽しむためにDACを導入したのも幸いでした。DENONのDA-300USB(こちらに記事)との組み合わせも良く、ハイレゾ音源だけでなく、通常の圧縮音源でも、上品でバランスの良い音を響かせてくれます。それまでの機種からは全く世界が変わってしまった印象です。

ショップで試聴し、そして、購入となったのですが、いままで愛用してきたMDR-Z600同様「10年持たせる」のを念頭に購入したので、その値段にはさすがに躊躇したものの、購入しました。実売価格は5~6万円です。

低音から高音までの見事な再現力。その点ではいかにもSONYらしい製品ですが、同時にとても上品で、上質なクラシック専門ホールで音楽を聴いているような優しく、柔らかい音のブレンドを聞かせてくれる。そういう意味では良い意味で今までのSONYらしくない。そんな製品です。

もしかしたらKAY2がドンシャリでパワーのある音が大好きな若い時代であれば、この製品の音の素晴らしさには気付かなかったかもしれませんが。

詳しくはKAYSのホームーページ、モノインプレッションから057番の記事(こちら)でお読みください。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる