スポンサードリンク


ツイてない旅をツイてる旅に変えちゃった!


やった!展望席だ!!


新宿駅の早朝。我々が向かっているのは小田急新宿駅。そして、待望のロマンスカー。

事前にWEB予約をした時にすでに先頭車両の1号車も最後尾車両の11号車も展望席は満席でした。

車両は昔懐かしい学生時代にも乗ったことのある7000形(LSE)という形式です。この車両、運転台がなく、見晴らしの良い展望席が魅力なんですが、満席では仕方ありません。それでも1号車の普通座席が取れたのはラッキーでした。

心ワクワク、思わずホームで先頭車両の写真を撮ってしまう「鉄オヤジ」と化しているKAY2です。

チケットの番号は8A&B。さっそくシートに腰を下ろし身体をのばしていると、一つ前の席に初老のおっちゃんがやってきます。ややくたびれたその姿からは、深夜徹夜で働いて、帰りの朝の小田急で特急を奮発したという雰囲気です。深夜働いて朝帰りの多いKAY2、ちょっと贅沢したいという気持ち、よぉくわかります。お疲れさん。と、最初は同情的に見ていたのですが、やがてそんな気持ちをひっくり返す事件が…。

ややあっておっちゃんの手元から「はぁーーーい、リポーターの山本さん!伝えてください」と元気な声が。

あれ?テレビ?

正解。携帯のワンセグのようです。まさかこのままスピーカーで聞くんじゃないだろうね。いや、きっとイヤホンをつけてくれるはず…と思ったのですが、一向にその気配はありません。やがて、おっちゃん、缶ビールのタブをプシュッと。左手にはスルメイカが。

完全に一人居酒屋モードです。

嗚呼、座席、ハズレちゃった。

確かに音はめちゃくちゃ大きいわけではありません。でも、前後の席には確実に届く音。しかも機械から発せられる音って、意外と耳障りなんです。他の乗客の話し声は気にならないのに。

せめてイヤホンで聞いてもらいたいのですが、こういう時に直接交渉は車内トラブルのもと。まずいものです。そこで車掌さんを探します。意外なことに11両編成の特急ですが車掌さんはお一人のみ。しかも一番遠い11号車なんです。それでも必死に揺れる車内を歩き、車掌さんを見つけ、話しかけます。

「すみません僕たちの前にいる人がテレビをスピーカーで聴いていて」と事情を話し、座席番号を伝えます。席に戻ると程なくして車掌さんが現れます。おじさんに丁寧に、そして遠慮がちに「お客様、他のお客様の迷惑にならないよう、音にご配慮を。」

おっちゃん、「はいはい」と素っ気ない返事です。

イヤホンを取り出すでもなし。確かにボリュームを少しだけ絞ってはくれましたが。これがおっちゃんのせいいっぱいの「ご配慮」のようです。(泣)

でも音、しっかり出てます。

うーん、一言直接注意した方がいいのかな。他のお客さんは気にならないのかな‥と周りを見渡してみると、我々の周りには偶然誰もいないのです。こりゃ参ったなぁー。

でも相手はお酒を飲み始めてるし。絡まれちゃいやだし。

luckyromancecar02wm.jpg
これがその7000形。皆さんも見覚えあるでしょ?
ちなみにこの車両での「はこね1号」は土日祝のみの運行です。



こうなると、我々が座席を他に移るしかありませんね。幸い周囲は空いてるので空席はありそうです。そこで再び車掌室に。

「ダメでしたか?」と、車掌さん、ちょっと悲しげな表情が浮びます。再度、しかも今度はトラブル覚悟で注意することへの悲愴な決意なのでしょう。仕事とはいえ一日の始まりに乗務した「はこね1号」からトラブルはいやだよねぇ。

「あのぉ、お酒も飲んでらっしゃるようですし、多分ダメだと思うので、我々が座席を変わりたいんですがいいですか?」

車掌さん、予想しなかった依頼のようで、一瞬びっくりしたような表情をうかべます。やがて、平身低頭で「ええ?お客様、それは申し訳ないです」。でもその表情には安堵の色も浮かんできました。そりゃそうですよね。KAY2も車掌さんだったら同じ気持ちだもん。

でも、転んでもただでは起きないKAY2。そこがちょっとズルい大人。

ダメ元で「後ろの車両でもいいんですが、もしかして展望席なんて空いてませんよねぇ…」

さきほどの一言で一気に我々の味方についてくれた車掌さん、「任せてっ!」とばかりに軽快に端末を操作。

「1箇所だけですがありました。最後尾車両の展望席ですがいいですか?」

「えっ、空いてますか!もちろんです!」

へぇ!1週間前は満席でしたが、キャンセルが出てたんですね!

というわけで、無事展望席に収まったKAYS。大満足です。棚からボタモチ、いや、災い転じて福となす…という感じでしょうか。

後ろ向きではあるものの、目の前に大山のパノラマが広がる光景に感動したり、贅沢で楽しい時間を過ごしました。

我々はもちろん、車掌さんも嬉しげ。途中でカメラをいじっているKAY2を見て「お二人の写真をお撮りしましょうか?」と声をかけてくださいます。うれしいなぁ。ますます小田急が好きになっちゃいました。

仕事帰りのおっちゃんもきっとひとときの幸せを味わえたにちがいありません…その後周囲に誰も来ていなければの話ですが。それにしても、おっちゃん、今度からはイヤホンを持って乗ろうね。

こんな風な「大人の解決」が出来るようになって、年をとって良かったと思える経験でした(自分が若い時分なら絶対おっちゃんと直接交渉して、いやな思いを味わっていたことでしょう)。もちろん、車掌さんもいい人で、我々がラッキーだったということもあるのですが…。




KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)




コメントの投稿

非公開コメント

逆境?を好転させる技?

ロマンスカー懐かしいです。子供のころから乗っているのでいつみてもいいですね。最近は新しいモデルが走っているのでこういう昔のものは懐かしさ倍増!でももっと前のは、もうないのかな?

しかし、おじ様のワンセグの音、気になりますよね。ましてロマンスカーでゆったりお出かけのときは、雑音はご法度ですよ。でもそれをうまく、ご本人には苦情も言わず、ナイスな展開へ持っていかれたのは年の功?いや失礼!ナイスアイディアでしたね。

私も今日、向丘遊園の人身事故にばっちり遭遇!でも経堂でとまったので、お茶でも飲んで開通をまとうかと思ったけれど、お店は一杯!そこで経堂にすんでる大学のクラスメイトの友達に電話したら偶然在宅で、久しぶりに会えてよかったです。経堂で止まらなかったら電話することもなかった訳だし。2時間も久しぶりにしゃべって楽しい時間をすごせました。不通も前向きに考えれば、思うわぬ展開ありでした!でもこれだけ続く事故はないほうがいいに決まってます。

余計なコメント失礼いたしました。

Re:逆境?を好転させる技?

kankoさま、

コメントをありがとうございました!ロマンスカー、今回乗ったのは本当に懐かしい配色でした。展望席の小さなシャンデリア風ライトも時代を感じさせて良かったです!

さてさて、人身事故での足止め、大変でしたね。でも、それをお友達との再会に…素晴らしい!確かに事故はない方がいいですが、ツイていないと思われることをツイていることに変えること…意外とできるような気がします。

年をとってくるとそう思えることが多くなりました(笑)。

でも、もちろん、初めからツイていることが多いにこしたことはありません。

kankoさん、沢山良いことがありますように!



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる