スポンサードリンク


昼間からワイン天国~ルージュ・エ・ブラン・コウハク


入口からワイン大好きオーラがあふれ出ています…



KAYSの「大阪リゾート化構想シリーズ」、いよいよ最終回…のつもり。

Hさんの「大阪でディープで美味しく、そして安くワインが飲める」おすすめのお店。その3店目がこちら。

最初に名前を伺ったときには我が耳を疑いました。

「こうはくさんです」

へ?コウハクって、紅白歌合戦?

改めて名前を調べてみると、

「Rouge et Blanc Kohaku」

赤と白、そっか、ワインだもんね。と妙に納得してしまいました。

「とにかく、安くて美味しいですよ!」と特に絶賛&お墨付き。きけば立ち飲みスタイルのバーとのこと(スツールはあり)。

そこでネット情報を見てみると…。わ、すごすぎ。

まず料理が独特なんです。

自慢の料理はおでん…、へ?おでん?

それが、日本のおでんを想像すると全く別物。見事に洋風に昇華されています。

たとえば、この1品、大根のポルチーニソース。

kouhakuwine02wm.jpg


これ、ものすごいインパクトです。口いっぱいに広がるポルチーニソース。140円なり。これ1品でワインのグラスが3杯はいけます。いったい、シェフはどんな人?

はい、元フランスの日本大使館料理長だそうです。

いやぁ、すごいですねぇ。そして、次から次へと繰り出される料理とその御値段のコスト・パフォーマンス。

鴨肉に舌鼓をうち、フォアグラの茶碗蒸しにノックアウトされ…、ああ…!

いや、それだけじゃなくて、ワインがすごいんです。

グラスで常に20種類以上も。

最初にシャンパーニュを頼んだ我々ですが、その後、次から次へとグラスワイン試してみると、また、いいワインをそろえているんです。

一方、お客さんの舌も肥えています。右隣のお客さん、お店の人の薦めに「あ、そのワイン、僕には合いませんから…」どんなん?と思って我々が同じモノを頼んでみると「あ、ベンゼン香、強すぎ…」と、まぁ、そういうワインもあるのですが、ほとんどがうまみ抜群のものばかり。

さすがに美味しいワインが安く飲めるとあって、お客さんの頼み方、半端じゃないです。

近くに座っている若い女性二人連れ。一人が「私、赤の気分」もう一人が「私、悪いけど白の気分やわぁ」「ほな、1本ずつ別にしよ…」とボトルを2本頼んでいる猛者です。

ああ、客も凄すぎ。

ま、値段が安いので、ある種の割り切りも必要なのは確かです。

kouhakuwine03wm.jpg
~常に活気に満ちた店内


一つはカウンター、狭いです。カウンターの向こう側にメニューを置きますが、取り出すたびに手前のワイングラスを倒さないように気を遣います。

もう一つ、喫煙率。高いです。1時間いると、ほぼ、間違いなく、大半の時間を煙とともに過ごすことになります。それだけは我慢我慢。

でも、昼からワインと料理でおなかがいっぱいになる素敵な空間。今回の大阪旅行で楽しんでいるお店の数々。みなリピートしたいお店ばかりですが、我々が一番気に入ったのは最初に訪れた「ヒミツ」のお店と、このKohakuさんになります。「ヒミツ」のお店のマスター、Hさんのおすすめはダテではありませんでした。欲望に忠実な街、大阪を堪能したひとときでした。

ルージュ・エ・ブラン・コウハク (Rouge et Blanc Kohaku)
  ランク:A+
  電話:06-6315-5089
  住所:大阪市北区角田町ホワイティ梅田 ノースモール
  時間:11:00~23:00
  定休:ホワイティ梅田の休業日(年に数回)
  値段:3000円位~
  場所:ホワイティ梅田(JR大阪駅より徒歩5分)
  地図はこちら
  メニュー例:大根ポルチーニ茸ソース 140円、仔牛のヘルシーステーキ 680円
  クレジットカード:
  HP:
  その他:


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる