スポンサードリンク


調布の「吉呑み」で幸せなひととき…


赤提灯がその目印。


「吉呑み」って聞いたことあります?これが今、密かな人気とか…。

吉野家が今年7月から新業態の営業に乗り出したんです。吉野家の既存店舗の2F部分を夕方から夜にかけて居酒屋にしちゃうという仰天発想。もしかしてKAYSがブログに書いた「朝の晩酌を求めて3~吉野家」が影響した!?と思わずびっくりしてしまいました。(ま、当弱小ブログ、そんなことはあるわきゃないですが…)

ご存じのように吉野家、昼は結構なにぎわいで、2F席に案内されることもよくあります。そして、大きなターミナル駅周辺だと2F席も満席ということも。でも、ピークの時間を過ぎると2Fはがらがら。いや、2Fそのものをクローズしてしまうこともよくあります。

そう、スペースがもったいない。

そこで、その2F席を夜の間だけ居酒屋として営業しようという発想。

もちろん、居酒屋となっても「やすい、うまい、ごゆっくり」は変わりなく!(最後は牛すき鍋登場以来「はやい」から変わったのだそうです)

しかも「吉呑み」、現在全国に実験店舗的に10数軒あるのだそうですが、その中にわが調布市の店舗が!

これは一度訪ねてみなければいけません。

というわけで、先週行ってきました。

駅舎の地下化以降、常に変わりゆく調布駅北口、ひっきりなしにバスが発着する一角にある吉野家。かつてはダンキンドーナツだったことを覚えている方は少ないでしょう。

おお!その吉野家に燦然と輝く赤提灯。お店に入り、2Fに上っていくと…。

ほぉ!従来の吉野家と違う点がいくつか。

yoshinomi2wm.jpg


・テレビがある!これはゆっくりと1人で呑む人にはうってつけ。新たに設置したんでしょうね。

・全席禁煙の吉野家に喫煙室がある!これも、新たに設置でしょう。逆にいえば、たばこの煙を気にすることなく飲める!これは喘息持ちのKAY2にとってはうれしいですね!


というわけで、吉野家の2F、見事に居酒屋になっています。

そして、メニューを見ると…、安い!

だって、生ビールが350円。ホッピーの外は200円。うわぁ、これは助かる。生ビールもしっかりとサントリーのモルツ・ザ・ドラフトです。

居酒屋専用のメニューとして、ウィンナー(250円)だったり、冷や奴(150円)だったり、数は少ないものの、それなりに楽しめるメニューが。そして、吉野家にはすしや総菜などのグループ企業がありますから、そこから仕入れたのでしょ、マグロの刺身(350円)やメンチカツ(350円)、牛すじ煮込み(350円)なども。そして、なんといっても通常の吉野家のメニューも注文できるんです。牛すき鍋単品もOK!

これはいいです!そもそも吉野家のメニューって、牛皿にしても、牛すき鍋にしても、あるいは丼のトッピングにしても酒のつまみとしては最高。それで、いままで居酒屋という発想が無かったのが不思議なくらい。それで、さらにメニューも増やせば、もうこれは百人力ではあ~りませんか。

yoshinomi3wm.jpg
楽しいいつものKAYSの居酒屋タイムが吉野家で!
ちなみに各テーブルの紅ショウガも食べ放題!(笑)


見ていると、カウンター席には次々と1人客が。サラリーマンがちょい呑みで来てたり、学生さんがやってきたり。

1Fの通常営業の席が一杯になると、牛丼を食べたいお客さんも2Fに案内されます。途中で高校生のグループが2Fに案内されて、みな目を白黒。そりゃそうですよね。まわりはおじさんたちがホッピーだのハイボールだのを頼んでいるんですから。

ダイの大人がどんなクダをまきながらお酒を飲んでいるか、牛丼を食べながら彼らにとってよい社会勉強になったことでしょう。

さて、さんざん飲み食いしたあげく、最後の〆は…「牛すい」をお願いすることにします。関西の料理。「肉すい」としても知られています。牛肉うどんのうどんを入れずにスープのようにした一品。吉野家がどんな味を見せてくれるか…。おなかにまだゆとりのあるKAY1の願いでうどん入りでお願いします。

yoshinomi4wm.jpg


おおおおおおお!これは美味しいではないですか!!

関西だしのスープには圧倒されます。これ、本当にうまい!きしめんのようなうどんは「?」という感じはしますが、肉もスープも玉葱も…。良いなぁ…。

これだけを何杯もおかわりできそうです。

いや、これは大変なものです。

そして一杯になったおなかをさすりながらお会計をしてみると1人2千円に届きませんでした。これは素敵すぎる!

ちなみに神田など、都心の店舗は早い時間に満員となってしまうそうです。調布はそうでもないようで、お店の人によると、「たまぁに一杯になる程度ですね」とのこと。ありがたい!これからも利用させてもらいます。

「吉呑み」、他の店舗に広がっていくのか、今後が楽しみですね。


吉呑み(吉野家)・調布店
  ランク:
  電話:042-489-4463
  住所:調布市布田1-37
  時間:吉呑み 17:30~22:30
  定休:無休
  値段:1000円位~
  場所:京王線調布駅徒歩2分
  地図はこちら
  メニュー例:生ビール 350円、メンチカツ 350円
  クレジットカード:
  HP:http://mb.yoshinoya.com/y/map/info.php?sh_no=041436
  その他:全席禁煙(喫煙室あり)


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる