スポンサードリンク


唐揚げの原点 ~ ほっかほっか亭


某所で懐かしい「ほっかほっか亭」を発見!久しぶりに味わいました。


以前書いた唐揚げ祭りのお話(こちら)の続きのようなハナシです。KAY2は唐揚げ大好き。実はKAY2がそうなったのは理由があります。原点となる唐揚げがあるんです。

時代は数十年さかのぼります。高校を卒業し、上京。

親の仕送りを受けながら勉強をしていました。下宿代は比較的安く、しかも親戚の叔父が近所におり、ずいぶん面倒を見てもらったので、貧しいながらもとても恵まれた生活だったと思います。

その頃、叔父の家で栄養バランスのとれた夕食をいただいたりしていたのですが(叔母がものすごい料理上手なのです!)、もちろん、毎日お世話になるわけにはいきません。

週に何日かは自分で…となると、できるだけ値段を押さえたいということで、学食で食べて帰ることもあれば、近所の食堂でということも。

そんなある日、当時破竹の勢いで店舗数を増やしていた弁当屋さん「ほっかほっか亭」が近所にできたんです。そこで、買った唐揚げ弁当、その味に完璧にノックアウトされてしまいました。

あたたかく、出来立ての唐揚げはジューシーで、そして、鶏肉そのものも非常に弾力があり、食べ応え十分。そして、味付けも、ショウガや他の香味料の工夫があり、おいしい!と大満足。当時は弁当といえば冷めたものというのが常識の時代。それを打ち破ったほっかほっか亭には感激しました。

となると、来る日も来る日も唐揚げ弁当。

だからKAY2にとっての唐揚げの原点はほっかほっか亭、そして青春の思い出と言っても過言ではないのです。

さてさて、このお店せにはもう一つの青春の思い出が…。

ある時から店頭に立って注文を受けるのが若い女性のアルバイトさんとなりました。まだ初々しく、おそらく高校生かな…。とても可愛らしい子で、いつも唐揚げ弁当を頼むとき、KAY2はなんとなくドキドキしちゃいました。いいなぁ…なんて、いま思うとほのかな恋心も抱き始めていたんじゃないかなぁと思うのです。その娘さん、その後数年してデビューして人気の出た吉沢秋絵さんに似ていましたね。

そんな時期、運転免許を取るためにこれまた近くにある教習所に通い始めます。教習所では同じ年頃の若者が沢山。そんなかなかで顔なじみが何人か出来始めます。最もよく話していた2人組の高校3年生。一人がなんとそのほっかほっか亭で働いているということがわかります。もう1人はその真向かいにあるセブンイレブンで働く若者。親しく話しているうちに、ほっかほっか亭の彼、こんな話を始めます。

「KAY2さん、お店にね、かわいい子が入ったんですよ。やまちゃんってみんな呼んでいるんだけど。僕、彼女に恋していてねぇ。今度告白しようと思っているんです。応援してください!」

こういうシチュエーション、ありますよねぇ。もちろん、いい人であるKAY2、「おう、いいよ、頑張れ!」となって…。はい、ほのかな恋心も終止符でした。

その後、まもなく免許獲得で来なくなってしまった彼がやまちゃんとどうなったかは知りません。

が、まごうことなき青春の1ページでした。

今でもほっかほっか亭の唐揚げを見ると、そんな想い出もよみがえり、少しだけ醤油味にほろ苦さが加わるような気がします。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる