スポンサードリンク


お話するとお得! シャトーメルシャン東京ゲストバル




ここ数年日本のワインがすごいことになっているというのは、このブログでも何度か書いています。その牽引力となった一つがメルシャンです。

え?メルシャン?どーせ国産大量生産のまずいワインだろう?

その考え、古すぎです。改めましょう。今や猛烈に高品質のワインを生み出す、世界にも誇れるワイナリーです。昨年はリニューアルした勝沼のワイナリーに再訪した話を書きました(こちら)。

そのメルシャン、幅広いラインナップの商品をグラスで取りそろえた飲食店を東京に開いたんです。それが「シャトーメルシャン東京ゲストバル」。

できた当初から人気沸騰。評判は上々です。いつか行かなきゃなぁ…と思っていました。場所は六本木1丁目の駅直結である「アークヒルズ・サウスタワー」の地下1解です。便利な場所ですが新宿や渋谷中心に生息しているKAYSにとってはちょっと行きにくい。

ところが、KAYSにとってワインの師匠であるSさん、「もう行きましたか?え、まだ?それはいけない!」と諭されます。おまけに翌日はわざわざ分厚いお店のメニューまで持ってきて「これを見たら、行きたくなるでしょ?」。

本当です。もう、ウズウズ…。というわけで今回の都心の旅、2日目に行くことに!予約もばっちりとりました。

場所は上記の通りなのですが、この日は天気も良く、それほど暑くなかったので、浜松町のホテルから歩いていくことに。

yonayonagarden01wm.jpg

そしてかつてマッカーサー道路と呼ばれ、将来は日本のシャンゼリゼと呼ばれるようになるかもしれないと今話題の(笑)環状2号線を歩きます。できたてのホヤホヤ、歩道はとても広く取ってあり、気持ちの良いさんぽコースです。

そんなわけで、浜松町~御成門~虎ノ門ヒルズ~ホテルオークラ(やがて取り壊される昭和建築の味わい)~サントリーホール…と歩くコースは見所満載で本当に楽しいものでした。さらに、サントリーホール横のカラヤン広場で前回書いたよなよなビールを食前酒代わりに飲み、いよいよ乗り込みます!

アークヒルズからは新しく陸橋が整備され、サウスタワーへは楽々。どんどん便利になっていきますねぇ。サウスタワーからは泉ガーデンにもつながっていますから、そのうち中にあるホテル・ヴィラフォンテーヌに泊まってというのもいいですねぇ。

merciantokyo01wm.jpg

さて、時刻は夕方の5時。本来閑散としている時間でしょうが、この日は祝日ということもあり、お客さん、それなりにちらほらと。バーという位置づけのため、背の高いカウンターとこれまた背の高い金属製のスツールいすが中心です。長居をするにはチトつらいかもしれませんね。

で、先日S師匠から見せてもらっているのと同じメニューを広げます。もう中身は暗記しているぞ!と、思いきや、シーズンメニューもあり、また、その日のおすすめもあり、目移り目移り…。

この日、一つ作戦をたてていました。メルシャン、大手のワイナリーですから、その商品は比較的簡単に手に入ります。ただ、中には少量生産のものもあり、さらに、海外でも評判の高い高級ワインも。自宅では普通のワインは味わえますから、ここは滅多に飲めないワインだけをいただきましょう。このお店ではほとんどすべてをグラスで注文できるわけですから、高級ワインでも手は届く…。

と、そういう作戦です。

で、選んだのは…。
「きいろ香 アン・オマージュ・ア・タカ」
「北信シャルドネ」
「桔梗が原メルロー」
「城の平カヴェルネソーヴィニヨン」
とまぁ、珍しいものと高いものの路線。

そして、飲みましたぁ!

さすがメルシャン、やっぱりワインははずしません。そしてワインに合う料理ももちろん!

merciantokyo04wm.jpg

でも、実はこの瞬間まで、このお店に対する印象はそれほど良いものではなかったんです。というのも、お店のスタッフさんたち、笑顔がなく、やや事務的な対応で、ちょっとがっかりという感じでした。

そもそもワイン好きはワインを語りたい!それは客もそうですし、お店のスタッフもそう。でも、このお店、結構規模は大きいし、駅直結なので、ワインのことがそれほど好きでもないお客さんもたくさんいらっしゃることでしょう。そうなると、致し方ないのかなぁ…そう思っていたんです。

ところが…。

上記のワインを一そろい飲み、最後に少し甘めのスパークリングをデザートワイン代わりに飲もうかなぁと注文したところ、男性のスタッフが怪訝そうに声をかけてくれます。「そのワイン、甘めですがいいんですか?」「ええ、デザートワインがわりですから…。今日は日頃飲めないワインをいろいろと飲めて幸せでした」

それまでみなさん忙しそうでなかなかゆっくりと話すチャンスがなかったのですが、このとき初めてチャンス到来。KAY1がさらに話しかけます。「勝沼のメルシャンにも2度行ったんですが、楽しかったですよぉ!」なんて話したところで、

男性スタッフの表情、瞬間的に180度変化です。一気に親しみモードになったら、その口から次から次へとワインの説明が出てきます。

いや、情熱の爆発&炸裂!

そうなんです。一気に会話が弾みます。彼、ニコニコと嬉しそう。そして、さらに「お客さん、これ以外にもこういうワインがあって、おすすめは**と**なんですが…」なんて感じで紹介してもらいます。うん?それ、メニューにはなかったぞ…。「メニューに載せきれないワインもありますから、相談してもらえればそんなワインからもご紹介できますよ」

なぁんだ、そうなんだ!

そこで勧めていただいたワイン、「うぉ!」というものでした。名前はかねがね噂に聞いていましたが、酒屋さんで見かけることは皆無。そんなスペシャルなワインを重ね…。

merciantokyo05wm.jpg

このように足には飲んだワインの名前がかかれた紙が。それがこれだけたまっちゃいました。

ああ、帰りは千鳥足!

それにしても…あのときのKAY1の一言、「勝沼の…」の一言がキーワードでした。そのことで、こんなステキナ体験となって、お見せの印象が180度変わったのですから。KAY1よ、君は偉い!

コミュニケーション、大事なんです。特にワインに関するお店では…。

さて、お店を出て、帰りも六本木から浜松町へ向けて歩きます。そして、それでも呑んべえのKAYS、いつものコースである大門の「ます家」に寄って〆に煮込み&ハムかつとビールでホテルに戻りました…。あぁあ、どこまでも欲望に忠実な二人…。


シャトーメルシャン東京ゲストバル
  ランク:A+
  電話:03-6441-2230
  住所:港区六本木1-4-15 アークヒルズサウスタワー B1
  時間:11:00~23:00(平日)
     11:00~22:00(土日祝)
  定休:無休
  値段:3000円位~
  場所:六本木1丁目駅より直結、徒歩1分 
  地図はこちら
  メニュー例:00円
  クレジットカード:可
  HP:http://www.chateaumercian.com/wine/shop/

  その他:完全禁煙


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる