スポンサードリンク


イヤホン選びは必ず音を聞かないと…


ポーチと様々なサイズのイヤピース、コードの留め具が付属しています。


KAY2は携帯音楽プレーヤーのイヤホンとしてBang&WolfsenというメーカーのA8という製品を使っていることはここに以前書きました。

値段は高いですが、それだけの満足感を与えてくれるすばらしい製品です。

でも、独特の便利な耳かけは、持ち運びにはややかさばり、鞄に入れるときには専用のポーチを使うなどして、結構気を使います。コードもこの耳かけに絡まったりしますから、持ち運びにはやや取扱注意。

最近になって、通勤途上でiPod TouchやNexus7で動画を見ることが多くなり、そうなると、本体にイヤホンを取り付けたまま鞄に放り込みたい衝動にかられます。そうなると、もう少し安価で、手軽に扱えるイヤホンが欲しくなってきます。

もう一つ。A8はオープンタイプのイヤホン。通勤時、車内放送の音などもちゃんと聞こえるので便利ですが、その一方、小さな音は外ではやや聞き取りにくくなります。特に最近のテレビドラマ、出演者は結構ボソボソとしゃべることがあるので、イヤホンで聴き取れないことも多いのです。少し前にハマったテレビ東京の「なぞの転校生」。ガラポンTVで録画してあり、それを携帯端末で持ち出して見ているのですが、意外と音がオフで撮影されているようで、結構聞き取り難易度(!)が高いのです。たぶん、KAY2が年をとってきて聴力が衰えているというせいもあるかもしれません。(^_^;)

そいういうわけで、インナータイプのイヤホンがほしいという思いもありました。

ただ、以前にも書きましたが、「ヘッドフォンやイヤホンは安いものを決して使うな。耳の健康と聴感を損なう…」という学生時代の我が師匠の教えを忠実に守るKAY2です。実際、ポータブルオーディオの製品を買って付属してくるヘッドフォンなどを使うとピアノの音がひずんだり、耳が痛くなったり、結構厳しいものがあるのは事実です。

そうなると、やはり実売価格で5~6000円台のものが欲しいところです。この価格帯であれば最近は国内メーカーでかなりコストパフォーマンスの良い製品が出ているという話をよく聞きます。

KAY2の条件をまとめるとこうです。

・持ち運びのジャマにならない大きさとデザイン。

・クラシックも聞くけれど、むしろ、映画などを気軽に楽しむためのもの。


そして上記の価格設定です。

すると、いくつか候補が挙がってきました。いつもKAYSは「amazon」と「価格コム」のレビューを読みます。すると、条件に沿った製品がいくつか出てきます。その中でさらに絞り込むと…

ネットで検討していろいろと検討してみると、SONYのMDR-EX650かオーディオテクニカのATH-CKM77という製品あたりが魅力的です。どちらも実売価格は6~7000円前後。

普通ならそこで、どちらかに決めて、画面でクリック、即購入となるのですが…。

ここが我慢のしどころです。オーディオ製品、特にその音の出口であるスピーカーやヘッドフォン、イヤホンは現物を確かめてみなければならないのです。

というのも、ネットのレビューにしても、あるいはオーディオ専門家が雑誌に書いた批評にしても、いずれも個々人の好みが大いに反映されています。その解釈が実に難しい!

たとえば、ロック好きの人が好むイヤホンであれば、当然低音がよく出てメタリックな高音が出る商品を「良い音」と書くでしょうし、クラシックが好きな人は全体のまとまりがよく、ややいぶし銀のような音を「良い音」と書くかもしれません。そうなると、それを取り違えて「良い音」だから…と買ってしまうと不幸なことになるわけです。ロック好きの人がいい音と思ったイヤホンがクラシック好きには全然そうは思えない…と、そういう事が起きるわけです。それに言葉で伝える事の限界もありますし。

そこでありがたいのが大手量販店。実際に視聴させてくれるところが増えました。

足を運んでみると…候補に挙がっている両者がちゃんと実際に試せるように置いてあります。

そこで試してみると…。やっぱり試聴は重要です。

オーディオテクニカの方は、イヤーピースがKAY2の耳に合わず、まずこの時点で候補から落ちてしまいます。もちろん、イヤピースだけを別のメーカーのものにするという手はあるのですが…。ただ、思ったおとり音質は高音のメリハリが利いていながらバランスもよく、みなさんの高評価がよく理解できした。しかし、そういう「思わぬ」事情で残念。やっぱり実際に身につけてみるものですね。

そこでSONYです。こちらも同様、デザインがよく、サイズもかなり小さく魅力的。心引かれます。そして耳に付けてみると、こちらはオッケーです。そして、実際に音を聞いてみると…。

ほぉ、高音、すごいですね!ものすごく出ています。オーディオテクニカと良い勝負。明るく、メリハリがあって軽やか。真鍮をハウジングにも使っているというのがウリです。そのおかげもあるのでしょうか。SONYらしいい硬質の音です。ただ、やや、それが強すぎるようにも感じます。実際はエージングを経ていけば次第に落ち着くのでしょうが。もしもKAY2がまだ30代だったら、絶対に気に入ってすぐに購入したでしょう。とくにこれで聞くピアノのキラキラした音、若い頃、大好きでした!うわぁ、懐かしい音色だなぁ…。

でも、すでに50をすぎたおっさんにはちょっと元気が良過ぎるような気がします。ホント、年齢で好みが変わるんです(耳の衰え…なんて言わないでね!)

で、ふと横を見たら同じSONYのMDR-XB70という製品が。低音を相当増強した製品らしいということで、事前にレビューも見た記憶がありますがそれほど印象に残っていません。でも試しにつけてみると…。

ものすごい勢いの低音にびっくりします。イヤホンって、こんなに低音が出せる時代になったんですね!まるでオーディオルームでサブウーファーを効かせたスピーカシステムで聞いているみたい。でも、これって出過ぎでは?

いや、でもよく考えると今回のイヤホンの目的は電車の中などでのドラマや映画などの視聴中心です。ハリウッド映画などのアクションものであれば、このイヤホンをつけて見ていれば、思わず現実を忘れてしまいそうです。ということはこの方がより楽しめるかも。

そして、もう一つ。中高音、MDR-EX650と比べるとややエッジがとれて丸い音なんです。もちろん、しっかりと音そのものは出ているのですが。おそらくこれを物足りないという人も多いと思いますが、KAY2的にはこれのほうがより自然で、クラシック音楽をホールで聞く音に近い…という感じもします。

一方で、実は低音に関してもこのイヤホンの方がベター。というのも、もともとクラシックでもオーケストラ作品の再生には実は相当に低音のパワーが必要です(室内楽や楽器のソロとは相当に違う要素なのです。このあたり、クラシックと一言で片づけられないのが難しいところ)。たとえば大太鼓の音をきちんと再生したり、コントラバスのピチカートを再生するためには、これだけのエネルギーがあったほうがいいと踏みました。

もう一つ。コードの材質がからまりにくいものを使っているところも高得点!

お店には他にもたくさんの種類が置いてあり、試してみましたが、おお!と気を引くものは値段が倍以上。むしろこの製品がこの価格帯でここまでの性能を発揮することに心底驚きました。

というわけで、オーディオ製品はレビューを読むだけでなく、必ず自分で音を聞いて買うこと…。これ、重要ですよぉ。

ちなみに、その後KAY2が迷ったSONYの2つの製品、両方買っちゃった太っ腹な方のブログを購入後に発見。kunkokuさんという方のブログです。その方の記事は美しい写真とともにとても参考になりますから、これから買おうかなと思われる方はぜひ。勝手にリンク張っちゃいます。すみません。
http//kunkoku.exblog.jp/19492071

それにしても…イヤホンのラインナップをお店で見るとものすごい数。しかも1万円以上のハイエンド商品の多いこと!時代はすっかり変わり、イヤホンにこだわる人が増えたんですね。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして!

はじめまして!実は、明大前からお引越ししてすでに1年を過ぎたイッシューさんへ今日行ってきたところです。といってももう4,5回ランチやディナーで利用しています。本当に手が込んでいて、シェフの気持ちが伝わってくるお料理です。

それもそうなんですが、いろいろ私に関係している?(って特にどうってことないんですけど)ことが載っているのでうれしくなってコメント入れさせていただきました。

まずはイヤフォンのオーディオテクニカ!実は友人がそこで仕事をしているので私も7,000円ぐらいのを数年前に購入したこと。

また、江津に私の友人が住んでいること、駅前で郵便局まですぐなんです。学生時代に江津の友人のところへ遊びに行って、夏に美味しいいかさしを食べたこと。大蛇の舞を見たこと。海で(日本海)で島に渡ったこと。再開発の話、高校野球はよく江の川高校の話もききました。友人は、海岸のごみ拾いのボランティアを続けていること。もう40年以上、江津に行っていないこと!いろいろ思い出され懐かしくなりました。

またロマンスカーの旅もいいですね。私は小田原生まれなのでまたまた楽しくなりました。鶴見川の写真を拝見して、今は鶴見川の近くに住んでいるので、あらら~鶴見川だ~と拝見させたいただきました。

私も最近、スマホにしたりIpadを持ったりとただいま、いろいろ挑戦中です。その辺も参考になるブログのようですのでゆっくり見せていただきますね。

あまりに、楽しかったので長いコメント?になってしまいました。お邪魔しました。m(__)m

Re:はじめまして!

kanko様、

コメントをありがとうございました!
なぁんと共通点が一杯!ご縁ですねぇ。びっくりです。
イッシュウさん、お元気なんですね。嬉しいなぁ。私たちも早く新しいお店に行かなきゃと思いつつ、なかなか機会が出来ないでいます。そろそろおじゃましたいなぁ…と思います。

それにしても江津はビックリです!「いかさし」は本当に最高です!しかも夜は漁り火を…なんて、いいですよぉ。ぜひぜひ40年ぶりに遊びにいらしてください。まもなく駅近くに大手のビジネスホテルも出来る予定なので、アクセスは格段に良くなるはずです。

>あらら~鶴見川だ~と拝見させたいただきました。

書斎旅の時は結構写真を撮っり、どれにしようか悩んだんですが、「鶴見川」という文字が入っているのが決め手だったんです。あの写真にして良かった!こうしてkankoさんに喜んでいただけて。

iPadをお使いとのこと。ホントに便利ですよね。日常の様々な事が何でもできちゃいますから。我が家ではKAY1は最初おっかなびっくりだったのですが、家計簿アプリを入れてからは俄然、使用頻度が増しました。以前、このブログにも書きましたが、家計簿アプリは便利ですよぉ!

kankoさんのブログも読ませていただきました。とっても暖かいお人柄が伝わる素敵なブログですね。これからもちょくちょく読ませていただきますね!

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

No title

Kay2さま、さっそく、コメントのお返事ありがとうございます。イッシュウさんご夫婦お元気ですよ。いつも玄関までちゃんとお見送りしてくださいます。近くの薬師池公園も紫陽花もいいですし、夏になると大賀はすが咲きます。その奥にイッシュウさんがあります。駐車場も3台とめられますしいいですよ。って、宣伝してるみたいになりました。

今日、安倍さんが出雲へ行かれましたね。地域活性化?今年は皇室でもお祝いがありますのでその為かしら?でも島根が発展するといいですね。本当にまた江津に行こうかしら?ブログを拝見したら温泉もいろいろあるんですね。

島根は出雲もいいですけど、竹内まりやもそうですし(関係なかったかな?)いろいろ楽しいことがいっぱい!小泉八雲、不昧公?隠岐の島!隠岐の島も友人宅へ泊まり、海でサザエをとって(とってもらったんですけどね)浜で焼いて食べて美味しかったです。

食べることばかりです。ってこれも40年前のことでした。
昔行ったときは、岡山から米子へ出て江津へ行ったと思います。
また長くなっちゃいました。ブログゆっくり拝見させていただきます。

明日から、名古屋へ行ってきます。娘夫婦孫まで風邪でダウン!ヘルプです。こっちがうつりそうですけどね(-_-;)新幹線でスマホの扱い勉強して見ます。

No title

kankoさま、

コメントを読ませていただいて、ますますイッシュウに行きたくなりました。車を持っていないので電車ですが、天気の良い日にピクニック代わりに歩いてランチというのも良いかなぁ…と画策し始めました。(^^)

>でも島根が発展するといいですね。

数年前まで「日本で47番目に有名な県」と自虐的に宣伝していたのが嘘のように最近はメディアで取り上げられるようになっちゃいました。でも、実際、美味しいものも沢山あるし、温泉もいたるところにあるし、そして、人柄も素朴だし…と、自慢したくなる県でもあります。そうそう、竹内まりやも田中美佐子、佐野史郎も出身です。

>昔行ったときは、岡山から米子へ出て江津へ行ったと思います。

今は江津まで高速道路が通っているので、広島からレンタカーで車で…というのが便利かもしれません。

ぜひぜひお越し下さい!私も帰省中のときであれば歓待いたします。(^^)

名古屋へのヘルプ旅、大変ですね!今日は暑いですから、どうぞお気を付けていらしてください。




スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる