スポンサードリンク


勝沼醸造に行って来た 3 ~ 料理とのマリアージュ

katsujou07wm.jpg

勝沼醸造でのワイナリーツアー、いよいよ最後のイベントは食事とワインのマリアージュ!

勝沼でも評判のレストラン「風」は勝沼醸造直営のお店です。こちらで、ローストビーフをメインしたランチと4種類のワインを味わうことができるんです。

お店そのものの評判は前もってインターネットで調べていました。今回も勝沼醸造さんの見学とは別にこのレストランに行きたいと思っていたので、それを組み合わせたツアーということになり(1回目に書きましたが)、結果的にとてもハッピーな二人です。

見学をした勝沼醸造の本社から有賀弘和さんが車を運転してくださいます。お着物のお二人と楽しくお話をしながら、数分で到着。それにしても、着物っていいものですねぇ。お二人は普段から着ていらっしゃるということで(着物の普及活動もしていらっしゃるようです)、着こなしが抜群というともあるでしょうが、ティスティングの時にも着物でワインという姿もまた「粋」なんですよ…。なで肩体型のKAY2に「着物似合いそーだから、着てみなよぉ」としきりに勧めるKAY1です。

さて、お店は事前にネットで見たとおり、長崎の大浦天主堂を模した内装は調度品一つ一つに至るまで統一感あり、また贅沢なものになっています。これ、お金かかっていますよねぇ…と思わずボンビー症のKAYSは思ってしまいます。

店内は平日の午後14時前だというのにお客さんで賑わっています。お店の普段からの人気具合がうかがえます。

さて、席に着くとメニューはセットで決まっていますので、とりあえずダメな食材がないかどうかを確かめて、何もないとなるとスタート!

katsujou08wm.jpg

まずスパークリング。これがまた人気の「アルガブランカ ブリリャンテ」です。数年前、数多くの国産ワインからロバート・パーカー氏が1位に選んだというワイン(ちなみにこの時の3位がイセハラだったそうです)。

初めて口にすることができました。まず香りに圧倒されます。青リンゴのような素敵な香りです。これも甲州種でできているんです!信じられない!!

そして、料理が…。マスをサラダ風にアレンジした前菜から。散らしてあるイクラもワインにちゃんと合います。うーん幸せ…。やがて、ワインは「アルガブランカ クラレーザ」が運ばれてきます。こちらは有賀さんイチオシのワイン。そして料理は次に椎茸のスープ。

katsujou09wm.jpg

ところでそれぞれのテーブルの上にはメニューとともに立派な皮表紙のファイルが。中を開いてみると勝沼を代表するワイナリーの資料とエチケットが…。それを眺めていたらサーブをしてくれている若い男性、「このファイル、マネージャーと一緒に作っているんですよ」と声をかけてくれます。お二人であちらこちらのワイナリーに行き、取材し、コメントをもらい、こうして少しずつ書き足していっているとか。自社のワインだけでなく、他社も一緒に勝沼全体を盛り上げようという気持ちが清々しく、嬉しいですね!

その彼も、勝沼のワインが大好きで、ワインを語る口調はやはりワイン人、熱い!年齢から想像するに彼が大人になってお酒が飲めるようになった頃は既に勝沼ワインが美味しくなった時期。「良い時期に大人になりましたねぇ」と思わずKAY2は若い彼につぶやいてしまいました。

katsujou10wm.jpg

さて、いよいよメインとなる「ローストビーフが運ばれ、目の前でシェフに切り分けてもらいます。ワインはマリアージュするワインは「アルガブランカ ピッパ」。ピッパというのは「樽」の意味。その名の通り、深い樽香が印象的です。樽のチャコールが炭火焼きのローストビーフにピッタリという相性。くどいようですが、こちらも甲州種です。白ワインなんです!

有賀さん、我々のテーブルにもやってきて「ローストビーフの美味しい食べ方は、こうして、まずわさびを山盛りに皿にとります。そして、それをふんだんにつけて、そして、それにたまり醤油をちょっとつけて食べる…決してわさびと醤油を最初にまぜないでくださいね!」と丁寧に教えて下さいます。指導通りにちゃんと食べると…うううううううううう!絶品。

それにしても、こんなにわさびを山盛り食べても刺激でクシャミが出るどころか、ホントに美味しくいただけるなんて!わさび、新鮮な良いものを上手にすり下ろして使っているんですね。

そしてワインとの見事なマリアージュ。ワインも料理も味をお互いに高め合ってくれます。白ワインと牛肉ですよぉ…このマリアージュが素晴らしすぎて…(ため息)。

さらにホール担当の彼もローストビーフの牛肉にまつわるエトセトラを話してくれます。なぁるほど…色々な試行錯誤があったんですねぇ…と何度も頷くKAYS。

そして、最後はデザート。こちらは沢山の種類が載せられたカートから2種類をして、果物と共に皿にとりわけてもらいます。そしてワインは「アルガブランカ ドース」とても上品なデザートワインです。さらにくどいようですがこれも甲州種です。

そう、食前酒から食中酒、そして食後酒まですべてが甲州種葡萄のワインによる夢の競演。

ああ、こんな時代が来るとは!


80年代を思い出し、本当に夢のようです。勝沼醸造を初めとして、夢を諦めずに追い求めた勝沼の人たちの努力。本当に頭が下がります。

ではそろそろ…と有賀さんから声をかけらて時計を見たらなんと午後3時半。5時間に及ぶ夢のワイナリーツアーだったことになります。

有賀さんに勝沼ぶどう郷駅まで送っていただき、思わず車が見えなくなるまで手を振ってしまいました。いやぁ、去りがたし。思わず「勝沼にもう一泊しようよ」とつぶやくKAY1でした。そう、勝沼、前泊したのですが、その話はまたいずれ。

その前泊も含めてKAY1曰く「今までの人生の中でもトップクラスの旅行だった!」。KAY2も全く同感です。素晴らしいワイナリーツアーでした。

改めて最後に勝沼醸造、そして風の皆さん、ありがとうございました。また次に伺える日を楽しみにしています。また、快くご一緒させていただいたお着物のお二人にも感謝です!


勝沼醸造に行ってきた 1 ~ 憧れのワイナリー
勝沼醸造に行ってきた 2 ~ 夢を追う





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/



ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる