スポンサードリンク


京王電車で冷房にエコなサービス…

keiodoors2wm.jpg
わかります?奥の扉だけが開いているでしょ?


過去何度かここに書いてきた京王電鉄(たとえばこちら)。KAYSは比較的好きな私鉄です。一度京王沿線に住み始めると、なんだか他の路線に移りにくくて。中央線、西武線と何度か引っ越しで出て行きましたが、結局、その後はいつも京王沿線に戻ってきています。

快適なことの多い電車ですが、一つだけ、不満なことがありました。

小田急と比べて…の話です。

各駅停車に乗っていると急行や特急などの通過待ちで駅のホームに停車することがあります。すると長時間にわたってドアは開いたまま。快適なシーズンならばそれで良いのですが、寒い冬などはせっかく暖房で暖まった車内が一瞬にして寒くなってしまいます。

ところが、小田急の各停。さすがです。そういう場合、お客さんの乗り降りが一旦済んだら、1車両のうち4カ所あるドアのうち3カ所を閉めてしまうのです。そうして暖かさを逃さないで、通過待ち。そして、発車直前にもう一度全部のドアをあけて、閉める。そして発車。この心遣いが嬉しいのです。

ひるがえって我が京王。ごくごくたまぁにそうしてくださる車掌さんがいるのですが、少数派。大多数は長時間の停車でもふつ~にドアを開け放したまま。これがたとえば高架駅の八幡山だと、吹きっっっさらしでしょ。冬は冷たい風がもろに車内にはいってきて、大変な冷え込みになります。

小田急はいいなぁ…と思うことしきりでした。もっとも京王にもおそらく言い分があって、気温が何度以下とか、何分以上の停車とか、厳密な内部規定があるのかもしれませんが、それにしても、小田急に比べると、そうしたドアの措置はきわめて頻度が低いように感じます。

ところが、先日、ものすごく暑い日、京王線に乗っていて、八幡山に到着し、特急の通過待ちだなぁと思っていたらアナウンスが。

「冷房の効率化のために各車両ドアを3カ所しめさせていただきます…」

うわぁ、嬉しい!京王ではめずらしいし、何より夏にこうした措置をしてくれるのはKAYSにとっては初めての体験。

ちょっと嬉しくなりました。

それに、涼しいだけでなくて、車内の温度を自動調整しているでしょうから、電力の節約にもなってエコになりますよねぇ。

京王電鉄さま、今後も、夏、冬とも、もっと頻繁に、ぜひお願いします。


追記:(2013年9月)
希望を叶えてくれる京王電鉄、先日の大雨の日、なんと「雨がふりこまないように」と、このサービスを実施してくれました。うれしいですね。




KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/





ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる