スポンサードリンク


猛暑の甲州市、シャトー・メルシャンを訪問



連日39度という日本一の猛暑を先月記録した甲州市(今月に入ってついに40度を超えちゃいましたが…)。その勝沼にあるワイナリーの中でも人気の高いメルシャンのワイナリーに行ってきました。KAYSにとってのワインの師匠、Sさんご夫妻が誘ってくださったのです。

実は以前も訪問したことがあるのですが、数年前、大規模なリニューアルを施し、以前にもまして素晴らしくなったと評判を聞いていました。それに、日頃からメルシャンのワインは大好きです。ちょっと財布に余裕があるときの定番は「シャトーメルシャン長野メルロー」。残念ながら、最近は懐がすっかり寂しくなっているので、ちょっとご無沙汰しています。

さて、S夫妻が誘ってくださったのにはワケがあります。実はこのワイナリーでは有料のテイスティングを中心にしたセミナーがあり、とても人気があります。中でもホリデースペシャルコースというのは6種類の人気ワインをテイスティングさせてくれるのです。2千円~3千円クラスのワインが主体です。それでいて、講義も含めて1000円!S夫妻が「ダメもと」で予約の電話を入れたら、連休中にもかかわらず空きがあった!ということで申し込んでくださいました。

というわけで行ってきたのですが、いや、もう、大満足!

セミナーでは講師の方が「ワイン大好き!」という感じで熱弁をふるわれるのですが、その愛情に思わずぐいぐい引き込まれてしまいます。それにしても…お酒を語る人は多いのですが、ことワインに関しては情熱とおしゃべりの内容が他の種類の酒を圧倒しているように思うのはKAYSの思い込みでしょうか。どんなワインセミナーに参加しても、講師の皆さん、参加者ともに、皆さん情熱的。そして多弁。

さて、実はメルシャンワイナリー、セミナー以外に物凄いものがあるんです…。これです。

merciannew02wm.jpg
三種類の超高級ワインに加え、デイリーで楽しめる「萌黄(もえぎ)」(右)もお願いしちゃいました。


そう、併設のワインギャラリーという飲食と買い物の出来る施設ではワインを数種類ティスティンググラスでいただくテイスティング・セットを頼むことができるのですが、4つのセットのうち、「シャトー・メルシャン グランドティスティング」という1500円のセット。物凄いんです。え?1500円ってセミナーより高い?いや、それがその内容を見たらびっくりです。

左から、いずれもシャトー・メルシャンが誇る最高級ワイン、「北信シャルドネ2011」、「桔梗ヶ原メルロー2005」、「城の平カベルネ・ソーヴィニヨン2006」。ボトルで買えば(2013年現在のネットでの流通価格。四捨五入しています)それぞれ1本あたり約7千円、1万円、1万6千円!

それがこうして飲めるなんて!なんて贅沢なんでしょう。つまりトータルで3万円以上。分量的にはそれをテイスティンググラスでいただきますが、写真でみるとそれぞれ30ml程度入っていますから、単純計算すると、それぞれおおよそ300円、500円、800円。ほぉ、販売価格よりもお得!

しかも、そもそも普段は絶対ボトルでは買えないお値段なので、上記のワイン、一生味わうことはできなだろうと思っていました。いやぁ、こんな計算をしてしまう相変わらず貧乏性のKAYSですが。(^^;)

で、カウンター越しにソムリエさんが注いでくださるのですが、「城の平」、栓を開けた途端、約50センチ離れた我々の所にかぐわしい香りが飛んできました!驚きです。かつて、我が家でSご夫妻と素晴らしいワインを開けたときの記憶がよみがえりました(こちらがその記事)。物凄いワインというのは、本当に物凄い香りのパワーを持っているんです。

そして、それを席に戻り、料理とともに味わう幸せ…。ああ、生きてて良かった。Sご夫妻、素敵な体験を本当にありがとうございました。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる