スポンサードリンク


自宅で大阪風串カツ祭り!

追記:
この記事を書いた後、回数を重ねた我が家の大阪風串カツ祭り、美味しい串カツを味わうためのヒントをKAYSホームページにまとめてみました。皆さんのご参考に…。「モノ・インプレッション」、049番の記事です。




冷蔵庫の残りものも含め、どんどん作っていきます。


このブログに何度も書いている通り、KAY2は大阪風の串カツが大好きです。ソース二度漬け禁止のチープな味が大好き。カツも大ぶりで贅沢なものよりは小振りで一口でぺろっと食べられる「貧相な(失礼!)」物が大好き。

大阪に行けば必ず松葉など、立ち飲みのお店に通ってしまいます。

ただ、東京に住んでいるとなかなか良い串カツ屋さんに巡り会いません。例外的に幡ヶ谷の名代、仙川の番兵にはお世話になっていますが、おしとやかな女性(笑)であるKAY1、「立ち飲みとか、疲れているときにはやっぱりちょっと抵抗あるんだぁ…」と言われると、なかなか誘ってというわけにもいきません。

そうなると…解決策は一つ。

「自宅で串カツ」

そうです。これしかないんです。ところがKAY1はなんとなく消極的。「え~っ!わざわざ自宅でしなくても、外で食べればいいじゃん。」「でも、君が外だと嫌がるから…。」てな会話が交わされます。実はいくつか解決せねばらならない問題があったのです…。

ということで問題解決すべく、数年がかりで計画を立ててきました。(大げさ?)

最初の問題。まずは何で揚げるか。普通の鍋か、天ぷら用の鍋を買うか、それともフライパンか…。それぞれにメリットデメリットがあります。この問題はほどなく解決。KAY1の実家から結婚式の引き出物にもらった電気式のフライヤー(揚げ物調理器)が送られてきたのです。手軽だし、何よりも安全を考えるとこれが一番!

次の問題。

あの独特のソースはどうする?

これ、最近になって解決策がみつかりました。インターネット、偉大です。クックパッドにその名の通り「大阪風串カツ」のソースレシピがあったのです。投稿されたイル・ロッソさんに感謝です。
http://cookpad.com/recipe/1064835


kushikatsufair8wm.jpg
串カツを漬けやすいように深い湯飲みに入れたソース。
我が家ならもちろん2度漬けもOK!



そして最後にして最大の問題。

揚げ物、自宅で調理するのをKAY1はいやがります。清潔好きの彼女、油が飛び散って油の匂いが台所につくのがイヤだとこぼします。串カツも揚げ物、そうとう、油が飛び散るのは間違いありません。そこで…、台所じゃなくて外ではどう?暖かい季節になったし、我が家の狭いベランダに出てそこで電気フライヤーで揚げるのは?うん、いいぞ。それに休日昼間、太陽のもとで串カツなんて最高やん。

というわけで3つの問題が無事に解決し、某月某日、良く晴れた早朝、深夜の勤務を終えて自宅へ向かうKAY2、仙川駅で降りて、24時間営業の西友に寄ります。串、パン粉、天ぷら粉、野菜、肉、ソースの材料などなど、すべてが西友で揃います。深夜働きづめでヘトヘトになっているはずですが、「大阪風串カツ・ラブ」のKAY2、興奮状態で買い物も苦になるどころか楽しい楽しい!

ということで我が家の「大阪風串カツ祭り」、はじまりはじまりぃ…。


kushikatsufair1wm.jpg
こうした地道な作業が大切。


まずはパン粉を小さく小さく砕いていきます。これ最重要。KAYSにとって大阪の串カツのイメージはやっぱり小さく砕かれたパウダーのようなパン粉です(と勝手な思い込み)。

そしてソースをレシピ通りに作ります。一度煮立ったところで火を止めて…。味見をしてみると…おおお!見事、あの味じゃないですか。これ、2度漬けしてもいいんですよ!あたりまえだけど嬉しい。

串を入れやすいように、ソースは底の深い「湯飲み」に入れておきます。

そして、材料を適当な大きさに切って、水で溶かした天ぷら粉にくぐらせて、パン粉をつけます。そして次から次へと皿に載せていきます。串カツの材料というのは守備範囲が広いです。ほとんどどんなものでもOK。ですから冷蔵庫の残り物処理にも最適なメニューとして主婦のみなさんにも好評だとか。この日は買ってきたもの以外に、冷蔵庫に残っていた長いもやウィンナーも投入。

さらに、サイドディッシュはもちろんキャベツを適当に切った物。とことん大阪の立ち飲み風。

以上で準備完了。本当に簡単です。

よく冷やしたビールとともに、ベランダに出てフライヤーの油が温まるのを待ち、串を投入。待つこと数分。

kushikatsufair6wm.jpg
うーん、期待どおりの揚がり方!


揚げたての串をソースにつけて、いよいよ口に入れると…、

「うめぇっ!これじゃ、これっ!大阪の味やぁ!」

ということで、あっという間に数十本が胃袋に消えていきました。

我が家の第1回大阪風串カツ祭り、これにて終了。

KAY1談「めちゃ、楽しくて美味しかった。またやろうね!」

めでたしめでたし。


追記:
その後、回数を重ねた我が家の大阪風串カツ祭り、美味しい串カツを味わうためのヒントをKAYSホームページにまとめてみました。皆さんのご参考に…。「モノ・インプレッション」、049番の記事です。






KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント

ベラ串!

KAYSさま
いつも楽しい美味しい記事ありがとうございます。

ベランダで串カツ!最高ですね!!!
掃除の手間が省けるのも素敵ですが、ビアガーデン気分というのがなんともわくわくして素晴らしいです!

我が家でも「庭串」チャレンジしてみようと思います(*´∇`*)
素敵なヒントありがとうございます☆

Re:

mickey tanさま、

コメントをありがとうございます!
なんという偶然。実はさきほど大阪から戻ってきたばかりなんです。
もちろん、松葉やだるまなど串カツをはしごしてきました。で、自宅についてパソコンをオンにしたら、串カツの記事にmickey tanさんのコメントが…。すばらしいタイミング。嬉しいですね。

本場大阪の味、あらためて味わい、その奥深さに圧倒されました。

とはいえ、自宅で串カツとなると、我が家ならではのメリットも沢山ありますよね。

「庭串」、楽しみですね!いい季節ですから。ぜひソース2度漬けで!!(^^;)



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる