スポンサードリンク


修理してもらえたAR7030 PLUS


前に置いてあるのが消耗して取り出した電池。
修理明細によると今度はCR2032を入れてもらったようです。



KAY2が愛用しているAORのAR7030 PLUS。短波放送の受信機です。

抜群の感度と聞き疲れのしない音質でファンの多い機種です。また、KAY2はDRM(デジタル短波放送)の受信もこの受信機で初めて行いました。独特の操作性は好き嫌いが分かれるでしょうが、少なくとも付属のリモコンを使う限りは問題はありません。

もう購入して17年も経ってしまいました。メーカーでもすでに製造中止となり相当時間が経ちますし、修理部品も保有期限を過ぎていることでしょう。それが証拠にメーカーの公式ページを見てみてもこの商品の修理はバージョンにより修理が可能という但し書きが書かれています。

ところが、先の周波数調査の際、USBモード以外での受信が不可能になってしまいました。電源は入るのですが…。というわけで、もっと古いAR3030を使って調査したというのは以前ここにも書きました。

まもなく次の周波数調査が始まるので、一か八かメーカーに修理ができるかどうか問い合わせてみました。メーカーによると電源投入時、画面に表示されるバージョンが20B以前は修理不可能と言うことですが、残念ながら16B。一応メールでの回答は「送料は自己負担で製品を送ってみて下さい。その上で修理可能であれば修理しますし、不可能であれば着払いでお送りします」とのこと。

そこで、送ってみたところ数日で帰ってきます。「あれ?早いゾ。ダメだった?」と一瞬思いますが、配達してくれたお兄ちゃんの「KAYSさん、代引きです!」のひと言に「あ!修理してくれたんだ!」

そう。送料を含めて8千円ちょっとでした。

で、修理の明細を見てみると、意外な内容でした。

「電池交換および点検、調整」

なるほど!本機はメモリーなどのバックアップにリチウム電池が使われており、それが長年の使用で消耗したためだったんです。ということはKAY2と同じような症状で困っている人もいるかもしれません。ま、普通、そんな長期に使われることをメーカーも想定していないんでしょうね。

そして、メーカーでは各部の点検と調整もしてくださいました。これでまた当分この愛機とともに短波放送を楽しむことができそうです。

というわけで、皆さんも愛用のAR7030、KAY2の愛機と同じような症状で調子が悪くなっても、修理が不可能だから…と諦めずに、一度メーカーに相談してみることをおすすめします。

あともう少しで春の周波数調査を始めます。今期はAR7030 PLUSも復活!楽しい調査になりそうです。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる