スポンサードリンク


通勤時のリスクを回避する方法


通勤ラッシュを終えた時間帯でもご覧のように
構内を走る人が…。駅は常に危険と隣り合わせ。



2013年、明けましておめでとうございます。

今年もみなさんにとってすばらしい1年となりますように。うん、大丈夫、こんな毒にも薬にもならないページをごらんになっているくらいですから、みなさん、時間に余裕のある方ばかり。素敵な1年を送られるのは間違いなし…。(笑)

冗談はさておき…。

KAYS恒例、新春のトリビア的な話題を…。

とはいえ、最近ネタ切れ気味のKAYS、過去ネタからの「リサイクル」、得意技です。(爆)

2年前に都会の交差点で人とぶつからないための工夫について書きました(こちら)。読んだ方から「そーだったのか!」という感想を複数いただきましたが、なんとその中には東京生まれで東京育ちの方も。あたりまえのように生活していて気づかないことがあるんですねぇ…。

で、実はそのときのタイトルにも書きましたが、「師匠をさがせ!」というのは何も交差点だけではないんです。都市生活でトラブルを回避するために様々な状況で役に立ちます。そう、いわば都会暮らしで必須の知識なんです…と信じるKAYSです。

たとえば通勤時。朝込み合う駅で改札に向かいますよね。で、何列かある自動改札に定期をかざして「ピッ」。

そのとき、実は反対側から同じ改札機を通って外に出ようとしていた人がいて、タッチの差でこちらが早かった…なんてことになるとお互い気まずいもの。気の立った世の中、場合によっては、気分を害した相手が突然…というトラブルもあるかもしれません…くわばらくわばら。そんな危険が通勤客で混み合う駅では常にあります。でも、そこであの一言を思い出しましょう。

「師匠をさがせ!」

そうです。誰か他人の後にぴったりとついていき、そして改札を通過するのです。そうすれば、反対側からの人と改札でぶつかり合う心配はなくなります。たとえぶつかり合っても、自分ではなく、自分の前の人が矢面に立たされるので、安全。(^_^;)

改札だけではありません。電車に乗り込んで、自分の降りる駅に着いたとしましょう。ドアがあいてホームに降りる。そのときも、事前にドアの前に立ち、ドアが開いた。さぁ、降りようとすると、逆に一刻も早く乗り込もうとホームに立っていた乗客と正面衝突。ここでもトラブルに…ということにもなりかねません。「降りるお客さんのためにドアの前を広くあけてお待ちください」と駅員さんはマイクで毎日のようにアナウンスしていますが、みんながみんな、ちゃんとマナーを守るとは限らないのです。そう、その場合も、

「師匠をさがせ!」

自分が最初に降りるのではなく、だれか降りる人をみつけてその後ろにぴったりとついて降りればリスクを回避できます。万が一人とぶつかる状況でも自分ではなく、自分の前の人がぶつかり、その人がかわりにリスクを負って下さいます。自分は安全。(^_^;)

さて、無事に降りたい駅のホームに降り立ちました。ここからも大変。通勤ラッシュの時間帯。出口に向かうのに殺気立った人々が殺到します。このときも、自分も早くと焦って進むと誰かの鞄にぶつかったり、足を踏んづけたり踏んづけられたり…これもトラブルの元です。そこで、

「師匠をさがせ!」

そう、誰か同じ方向に向かう人をみつけたらその後ろにぴったりついて歩けばいいのです。そうすれば、万が一コワーイオジサンが向こうからやってきたとしても、ぶつかるのは自分の前の師匠。師匠がリスクを負って下さいます。自分はやっぱり安全。(^_^;)

というわけで、都市での安全な通勤方法は、

「師匠をさがせ!」(しつこい!?)

これをキーワードに今年も乗り切っていきましょう。ちょうどこの時期、これから受験をへて、都会に出るみなさんも多いでしょう。ぜひ、この一言を覚えて実践してみてください。きっと役に立つはず…だといいなぁ。(笑)




KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる