スポンサードリンク


冬に活躍するスタイラスペン(タッチペン)




寒くなりましたねぇ。

この季節、外でスマートフォンやタブレットを操作する方にはちょっと面倒な季節です。

そう、タッチパネルを操作するのに手袋を脱がなきゃいけないからです。その面倒さを避けるために、指先だけ穴のあいた手袋もあるとか…でもそれじゃ指先が寒いですよね。

でも、そんなときに便利なグッズが。

スタイラスです。スタイラスペンとかタッチペン、あるいは両方くっつけてスタイラスタッチペンなどとも呼ばれています。

そう、指の代わりにボールペンの先が布のボールみたいな形になっているペンです。寒くなくても、普段、液晶画面が指紋で汚れるのを嫌い使っていらっしゃる方も多いことでしょう。

これは便利ですよねぇ。ただ、KAY2の使っているiPod Touchにはこうしたスタイラスを取り付けられるようなストラップの取り付けフックがないんです。

同じように困っている人が多いのか、そこで、目をつけられたのがヘッドフォンジャック。そう。スタイラスをつけた紐、これにプラスチックのプラグ状の差し込みをつけるのです。そうするとヘッドフォンジャックがストラップ取り付けフックがわりに…。よく考えましたね。

あれ?

でも、そうするとジャックがふさがっているから音楽が聴けない!?

そこでまたうまく考える人がいるんですよ…。

stylus2wm.jpg

そう、ドック部分のジャックに小さなヘッドフォン用アンプをとりつけ、そこからヘッドフォンを利用できるようにする装置があるんです。いや、これもまぁ、よく考えましたねぇ…。audio-technicaのAT-PHA31iです。電源いらず、それでいて本体だけのときと比べ、音質が向上することで評判の製品です。

というわけで、冬になっても手袋をつけたまま外出先でスマートフォンやタブレットが使える。

人間は考える葦である…そんな言葉を思い出しました。

ちなみに写真のスタイラス、実はちょっと工夫が…。
本体とジャック部分はPrinceton TechnologyのPIP-TPM2Bという製品ですが、これについていくる紐は伸縮せず、普通の黒い紐です。これが短すぎて、iPod Touch の画面上部に届きませんでした。そこで同じPrincetonのPSA-TPMXBという製品を手に入れます。こちらはジャックが付いていません。そこで、そのスプリング状の紐をはずし、前者にとりつけました。そう、両者合体で、世の中で売っていない便利な一品となりました。(笑)ま、2本分のお値段がする「超」贅沢で高価な一品にもなっちゃいましたが。(爆)

意外なことにスプリングはよく伸びるので最近買った7インチのタブレットでもOKなのはうれしですねえ。

と、書いていたらKAY1が耳元でささやきます。「KAY2は時代遅れね。今は画面をタッチできる手袋も売っているよ」だそうです。

そうそう、一つ重要な事を。

このスタイラスペンの胴体には滑り止めとして3本の小さなゴムの輪っかが付いています。これが結構外れやすいのでご注意を。カバンに入れていたりするといつのまにか取れていて慌てて探すことに。で、KAY2はそれに懲りて、ごく微量の接着剤(つけすぎに注意…接着剤がはみ出ちゃうと美しくありません)で輪っかを固定しちゃいました。

これで安心…。



KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント

恵藤憲二朗です

これはいいですね

Re:恵藤憲二朗です

恵藤さん、

コメントありがとうございます。

そうなんです。本当に便利で冬に欠かせないグッズとなっちゃいました。冬でなくても、画面が指紋で汚れないので、一年を通して使っています。

ちなみにこのスプリング状の紐はもう少し長くて太いモノであればホームセンターで安く手に入ります。iPad用にはそちらを使っています。(^^)


スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる