スポンサードリンク


島根の「歴史通」になれる無料冊子




今年は古事記が編纂されて1300年ということで、KAY2のふるさと島根県は盛り上がっています。そう、島根県は古事記の舞台の1つ。様々なイベントが行われ、大勢のお客さんが島根を訪ねて下さっているようです。先日帰省でレンタカーを借りたときも「今年のゴールデンウィークは多かったよ」と話して下さいました。うれしいですねぇ。かつて日本の一大勢力を誇った土地でも、今はなにせ、普段寂しい所ですから…。

寂しいとはいえ、歴史好き、考古学好きの皆さんにはたまらないお宝満載の場所であるのはご存じの通り。そして、そっちの分野に疎いKAY2でも、雨上がりに出雲大社の参道を歩くと神々しい雰囲気に圧倒され、松江の神魂神社に行けば、これまた神々しい雰囲気に圧倒。小高い丘があれば、古墳だったり、あるいはちょっとした山に登るとかつての城跡で、石垣が残っていたり。

つまり、生活のそこここに歴史が見える…そんな島根県です。

そしてそんな土地がら故、頻繁に史跡調査などもされているようですが、こんな冊子が無料で配布されていることは最近まで知りませんでした。きっと奥ゆかしい島根県民のこと、素敵な冊子を作りながらも、大々的に宣伝をしていなかったのでしょう。そう、よくあることなんです、島根県では…。ホント、引っ込み思案で目立とうとしない県民性です。(笑)

「山陰史跡ガイドブック」。タイトルの「山陰」が示すとおり島根県と鳥取県が共同で作り、両県の主な史跡をカバーしています。現在までに五冊出ています。

第1巻 山陰の城館跡
第2巻 山陰の古墳
第3巻 山陰の弥生時代
第4巻 山陰の古代遺跡
第5巻 山陰の近世・近代遺跡

いずれも、40数ページの小さな冊子ですが、写真、図版を大量に使ったわかりやすい説明。オススメの見学コースまで書いてある場合もあります。KAY2はこの本を見て、「え?こんな実家の近くに古墳があるの?」とびっくりしたり…。

知らなかったなぁ…。故郷の島根県、なかなかヤルじゃないですか!

このシリーズの冊子、もし島根県に旅行し、そこで手に入れたいとなると、島根県内の教育委員会、博物館・資料館や観光案内所で手にれることができます。また、直接そうした場所に行けないという方は島根県教育庁文化財課に連絡すれば、送料の負担だけで送ってもらうことができます。

残念ながら、現在第4巻と第5巻は在庫が一時的に切れているよう(2012年7月現在)ですが、インターネットであればPDFファイルで全巻読むこともできます。こちらのサイトでどうぞ!
http://www.pref.shimane.lg.jp/life/bunka/bunkazai/event/saninshisekigaidobook.html

歴史や考古学の好きな方、あるいはこの夏、島根県に行ってみようかなという方、ぜひどうぞ!

そして、古事記1300年のスペシャルサイトは以下のURLです。
http://www.shimane-shinwa.jp/

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/







コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる