スポンサードリンク


ディープで素敵な幡ヶ谷グルメ7 セルール




ワインバーがあちらこちらにできる時代。

その中でも、ワインがリーズナブルで、料理も美味しいとなると、数はかぎられます。そもそも、幡ヶ谷に出入りするようになったのは、このシリーズの初回にも書きましたが、何年か前に素敵なワインバー「kinasse」を見つけたからでした。そして、都内各地に出来て厳しい競争世界になってきたワインバー、その中で、着実な評判を得ているのがこのお店。特に野菜にこだわりがあるとのこと。

それを証明するかのように、女性の一人客が多いのが目立ちます。

そして、もう一つ特徴が。内装、決して派手ではないのですが、デザインが良いのです。あとで調べてみると、吉祥寺の有名な「SOMETIME」グループの一店なのだそうです。なぁるほど…と頷けます。

肝心のワインですが、値段、安価な設定がしてあります。500円から。ワインバーはこうじゃなきゃ!うれしくなり、ついついおかわりを重ねてしまうKAY2です。

お店に入った時点では、男性お一人が料理もワインのサーブもこなしておられました。ですから、使う我々の側も、その辺を理解してあげる必要があります。料理、かなり時間がかかります。

でも、待った甲斐がありました。ブロッコリーと海老のサラダをもらったのですが、噂通り、野菜にこだわり…。ブロッコリーの味が濃くて美味しい!

野菜って、こんなに濃い味わいがあったんだ…とあらためて感じます。ブロッコリーは輸入物だと、味気なくて、砂をかんでいるような場合があります。それでブロッコリー嫌いになる人もいるんじゃないかとKAY2は自らの経験で思います。そう、KAY1と一緒になるまではブロッコリーが大嫌いでした。ところが、ブロッコリー・マイ・ラブ!と叫ぶKAY1は「あなたね、下手なブロッコリーばかり食べているからそうなるのよ!」と教育。国内産のおいしいブロッコリーを探し出してきては食べさせてくれたので、やっとブロッコリー嫌いから抜け出したのです。そんなことも思い出します。

さらに、あつあつのアヒージョを「あひー、あひー」と叫びながら食べて大いに満足!

ただ、お店はとても小さいので、あまり長居をしても申し訳ないと思います。なにせ、見ていると次から次へとお客さんが来るのですから。人気のほどが伺えます。というわけで、我々も40分ほどで次の店へと移動しました。

狭いながらもおいしい素材の料理とくつろげる時間。日本のワインを紹介している飾らない「kinasse」もいいですし、こちらも捨てがたいですね…。幡ヶ谷に来る度にワインバーに迷いそうです。


セルール
  ランク:A+
  電話:03-3377-0963
  住所:渋谷区幡ケ谷2-12-17
  時間:18:00~26:00(日曜日のみ24時まで)
  定休:無休
  値段:2~4000円
  カード:
  場所:幡ヶ谷駅から徒歩2分
  地図はこちら
  メニュー例:ソーセージ五種盛り合わせ 500円
  HP: http://www.sometime.co.jp/cest_l_heure/

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる