スポンサードリンク


ディープで素敵な幡ヶ谷グルメ1 セラドン


このビルのドアをあけて、セラドンの入り口。見逃してしまいそうな立地です。


(このシリーズの記事、ずいぶん前に書いていて、そのままになっていたものを加筆しました。そのため、事実関係がやや古くなっている場合があります。ご了承を。)


KAYSにとって京王新線の幡ヶ谷というのは長年縁のない街でした。仙川から新宿まで京王線を利用すると、通過してしまう駅。しかも、本線を利用していると、実際に駅を通らない。そうなると益々縁遠くなるわけです。ところがある時、ふと気付きます。あ、バスなら幡ヶ谷は近いぞ。そう。KAY2が仕事をしている所からバスが出ており、道路が空いていれば15分で行けることが判明。仕事帰りに寄って、ご飯をたべて、それから京王線で帰宅というパターンができるじゃないですか!というわけで、一気に「縁」ができちゃいました。

そしって最初に寄ったお店が、できたばかりの立ち飲ワインバ、「kinasse(キナッセ)」。このお店のことは以前、このブログでも書きましたよね(こちら)。日本ワインに力を入れる素敵なお店で、今もときおりおじゃましています。

さて、そうして幡ヶ谷に通うようになり始めると、いろんな店が気になり始めました。ということで、今回はシリーズで幡ヶ谷の素敵なお店を紹介します。

まずは第1回目。幡ヶ谷で昔から有名なタイ料理のお店、セラドンです。このお店、KAY1は以前からずっと行きたかったようで、ある日、キナッセを出た後で、「KAY2、今から行こうよ」ということで「はしご」で寄ってしまいました。金曜日の夜、ほとんど満席だったのですが、奇跡的にちょうど二人客がお店を出た後だったので、我々は滑り込むことができたようです。

メニューを見ると、典型的なタイ料理レストランの料理が並びます。そしてアジア地域のビールが各種あるのもうれしいですね。ただし、値段はやや高め。もともとタイ料理のお店はどこでも値段は高めですが、こちらはもう少し高い感じがします。

ところが、オーダーして実際に出てきた料理を味わうと、「割高感」はすっかり消えてしまいます。

「なんと、こりゃ、今まで食べていたタイ料理とはひと味もふた味も違うぞ!なによりもすごく上品で手が掛かっている!」

そうなんです。このお店の料理、味わいが非常に洗練されているうえに、盛りつけも美しく、シェフはただ者ではないと思い始めます。そして、次々とでてくる料理で、その思いを強くします。サテにでてきたソースの美味なこと!エビの揚げ物の揚げ方の実に上品なこと!

後で調べてわかりました。こちらのシェフ、タイの有名ホテルのレストランで働いていた人なんですね!道理で。

というわけで、ワンランク上のタイ料理が味わえる幡ヶ谷の名店。やはり、言われているだけのことはあると感激の夜となりました。

ホール担当の女性の方の美しさもさることながら、同じくホール担当のお兄さんの「ユニーク」な個性が光ります。

その後、仕事の仲間と一緒に行ってみました。そのうちお一人はエスニック料理にとても詳しい方。1年に何度かタイ料理を無性に食べたくなるということで、タイミングがちょうどよかったようです。その彼が「このお店はいい!」と太鼓判。やっぱりエスニックに行き慣れた人にとっても良いお店なのですね。

セラドン(cela-don)
  ランク:AA
  電話:03-5371-3223
  住所:渋谷区幡ヶ谷1‐8‐3
  時間:11:30~14:30(火~金)
     17:30~23:30(火~金)
     16:30~23:30(土・日・祝、ディナーのみ)
  定休:月曜日
  値段:3~5000円
  カード:可
  場所:幡ヶ谷駅、笹塚駅から徒歩4分
  地図はこちら
  メニュー例:ランチ 900円、
        牛肉のオイスターソース炒め 1200円 
        鶏のグリーンカレー 1200円 
  HP:http://www.cela-don.com/


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/





コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる