スポンサードリンク


渋谷駅の不思議


ここにかつて通勤通学客が静かに立って並んでいた日々があったと気づく人はどのくらいいるでしょう?


学生時代、そして就職してからも時折訪れる東京の渋谷駅。ここにまつわる不思議。

JRの渋谷駅から井の頭線方面に向けて2Fの通路を歩いていると、不思議な感覚にとらわれることがあります。

山手線外回りの改札を出たところ、ちょうど正面(やや右より)に下に降りる階段があるのですが、そこをはさんで右に古い通路、左に新しい通路があり、分かれるのですが、その先はまた合流。なんでこんな無駄な構造になっているのでしょう。

答えはこちら。

tamagawatwwm.jpg

JR渋谷駅2階にある山手線外回り改札口表示です。玉川改札。え?ここ、玉川なんて地名、ないよ。

鉄道ファンの間ではよく知られた話かもしれませんが、答えは歴史です。実はこの左側の通路、元々は渋谷と二子玉川園を結ぶ路面電車、玉電こと東急玉川線の発着場だったんですね。だから玉川口。そう、路面電車が駅の2階から出ていたんです。おもしろいでしょ。ついでに言えば、地下鉄銀座線はその上、ビルの3階から出ているのは有名な話。谷間に位置する渋谷ならではの立地です。

で、その後玉電の廃止にともない、長いことホーム部分は東急バスの発着場になっていました。KAY2が上京したときはもちろんバスの発着場。ここから大井町方面へのバスによく乗ったものです。KAY1とデートするときもこのバスに乗っていましたから懐かしさもひとしお。

それが、マークシティー建設の際、廃止され、新たな歩行通路となったわけです。おそらく、朝の混雑時、古い通路だけではまかないきれないということになったのではないかと想像します。

そんな状況でも、駅の表示に昔の面影があるって、おもしろいですね。ちょうど地図で、海岸線から数キロの内陸部の地名を見ていて「××が浜」なんてのを見て、昔はここが浜だったんだ…なんて具合に、かつての地形がわかるみたいな…。

都会のど真ん中、ひととき、歴史に思いを馳せます…。

で、不思議といえばもう一つ。

escawm.jpg

さて、そのマークシティ、井の頭線の改札に向かう長いエスカレーター。これが前から気になって…って大した話ではないのですが、安全志向のKAY2はエスカレーターに乗ると、よくある注意アナウンスに正直に従います。「エスカレーターにお乗りの際は手すりにおつかまりください」というあれです。そう、手すりをしっかりと握ります。

するとどうなるかと言えば…。

手すりがエスカレーターの速度より早いので、だんだんからだが前のめりになってしまうんです。で、一番上につく前に、つかまりかえなきゃいけない。これが気になって気になって…。

え?それがどうしたって?

だって、マークシティー開業以来、ずっとこうなんですよ。普通、誰かが文句を言って調整したり、直したりするんじゃないんですかね…。

え?おまえの手と足が短いからいけないって?

あちゃー。失礼しました。

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/





コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる