スポンサードリンク


温度計で変わる生活




みなさんのお宅、温度計ってたぶん1個はお持ちだと思います。その温度計って、おそらく室内の温度を測るものでしょう。

KAYSの家にも温度計が何個かあるのですが、一番重宝するのは、ちょっと変わった温度計です。

実はこの温度計、文房具店やデパートなど普通のお店ではあまり売られていません。

カーショップで手に入れたものです。

そう、写真にあるように、室内と室外の両方の温度を測ることができるものなんです。

きっかけはアマチュア無線でした。無線家のみなさんはよくご存じでしょうが、アマチュア無線の会話というのは、基本的にシンプルです。お互い住所と名前、そして受信した相手の電波の強さなどを報告したあとは、QSLカードという交信を証明する葉書大のカードを交換することを約束して終了。そんな会話がほとんどです。ただ、お互いの場所の天気、気温などは挨拶がわりに報告することもよくあります。

「こちら調布市仙川の天気は晴れ。いま、外気温は12度、ちょっと肌寒いですね。室内は24度ですが。」

なんて具合。

そう、室温だけでなく外気温もなんです。これってどうしているんだろう?そう思って他の無線家の方々のホームページなどを見ていてやがて外気温と室温の両方を表示できる温度計があることを知ります。そして、そんな温度計はカーショップで扱っていることも。そう、車の運転をなさる方が、特に冬などは走行時に外の気温も知る必要がある場合があるんですね。

そこで、10年前、たまたま近所にイエローハットがあったのでのぞいてみると…ホントです。数種類売られているのを発見しました。長くて細いコードがついており、その先に小さな温度センサーがついています。それを外に出すことにより、外の気温がわかるわけですね。細いコードなので、サッシ窓でもうまく外に出すことができますし、KAYSの家では壁のクーラー用ダクトから出しています。

で、実際に導入してみると、無線だけでなく、実生活でとても便利なことがわかりました。外に出なくとも、現在の気温がわかるので、朝、着ていく服を選ぶときに強い味方。ベランダなどがあるお宅では窓をあけて外に出てみればわかるので、不要かもしれませんが、そうでないお宅では重宝するはず。特にベランダのない高層住宅などでは便利でしょうねぇ。

それに、見ていると、急に気温が下がったり、あるいはその逆というのもよくわかります。すごいときは数時間の間に10度以上も温度が変化したり…。昨日の日食の際は金環食になったとき1度程、温度が下がるのもわかりました。

eclipsewm.jpg
我が家から撮影した金環日食。
温度計を見ていたら、本当に外気温、下がりました!



で、温度をチェックして外に出る毎日を過ごすと、やがて、気温と服装の関係もおおよそつかめてきます。たとえばKAY2の場合、20度以下で長袖のシャツが必要。15度以下では上着が必要。10度以下になると分厚いコートが必要で、5度以下になるとマフラーも…てな具合です。

気温という数字が実感として感じられるようになるんですね。

というわけで、出勤前のKAY1が「ねぇ、今、外は何度?」とKAY2に聞くのが日常になっています。

値段もそれほど高くなく手に入れることができます。室内・室外温度計という名称で、エコが叫ばれる現在は、カー用品としてだけでなく、家庭用もたくさんの種類が出ているようで、amazonなどでもいろんな種類が売られています。みなさんもお一ついかがですか?


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる