スポンサードリンク


ヤクルトの奇跡!?


注:
2013年3月、製品のリニューアルに伴い、「ヤクルト300V」は「ヤクルトAce(エース)」に生まれ変わりました。外観も紺色のパッケージに。シロタ株の数は300億とそのままに、甘さを控えたり、ビタミンの種類を入れ替えたりしています。

http://www.yakult.co.jp/products/item0211.html

また、この記事の後日談があります。なんと大腸ポリープ消失!こちらの記事でどうぞ!
http://kays1998.blog123.fc2.com/blog-entry-474.html



昨年、大腸を患ったことはこのブログにも書きました(こちら~大腸憩室炎とは)。

かなり大変な思いをしたのですが、その後、仕事仲間のFさんに会ったとき、その話をしました。彼女、ハードな仕事で一緒に修羅場をくぐり抜けたこともあるKAY2にとっては同志のような存在です。超優秀な女性で、できの悪いKAY2を引っ張っていって無事仕事を成功裏に終わらせてくれた恩人です。

見た目も心も透き通った美しい方ですが、体全体がとても「か細く」いらっしゃる。それでいて、どこからあの強靱なエネルギーが出てくるのだろうといつも驚嘆するのですが、そんな彼女がKAY2の病気の話を聞き、同情してくださったのか、秘密を明かしてくれました。

「この話、笑わないでね。でも、告白しちゃうと、私、体が弱いんだけど、実はヤクルトに助けられているの」

まず、意外な言葉にビックリします。

ヤクルトですって!そう、みなさんもよくご存じの。あの、給食とかでよくお世話になっていたヤクルト?

「あ、でもね、普通のじゃないの。宅配専用のヤクルトで400LTっていうのがあって、それを知人に勧められて飲み始めてからはすっかりと病気知らずになったの。」

うーん、驚きました。でも、彼女、KAY2をからかうような人ではありません。それに、とにかく冷静沈着&優秀&常識的な人ですから、きっと、そのまま信じていいのでしょう。

「ちょっと詳しくお話をきかせて」とお願いします。その結果はこうでした。

ヤクルトはL.カゼイ・シロタ株と呼ばれる乳酸菌が入っています。通称、ヤクルト菌。それが生きたまま小腸に到達することにより、腸内の環境を良くすると言われています。とくに小腸は体全体の免疫力に密接な関係があると言われている内臓です。そこをヤクルト菌という善玉菌をある程度の数確保することで、健康な状態に保ち、ひいては体全体の免疫を高める役割を持っているそうです。

そのシロタ株、通常のヤクルトでは1億5千万株ほど入っているそうですが、400LTは4億株。さらに、LTという名称は糖分を減らし、カロリーにも配慮した製品なのだそうです。LTという名称のつかない400という製品もあります。ただし、毎日飲まないとその効果は薄れるとか。

話を聞くと悪くなさそう。ちなみに後日飲み始めたKAY2を見て心配したKAY1、知り合いのお医者さんに確かめたそうです。その答えは「効果はともかく、あらゆる健康食品のなかで、唯一、摂取しても人体に悪影響がないと論文で認められているのはヤクルトだけだよ。だから、少なくとも、飲むことに関しては問題ない。あの会社、まじめに研究していて論文も多いから。」ということで、急にヤクルトに目覚めたKAY2を見て生じた不安も払拭されたそうです。

1本70円。通常のヤクルトの倍の値段ですが、それでも缶コーヒーより安い。

Fさんに「それ、いいですね。さっそく僕も飲みますよ!スーパーで買えます?」

ところが、この答えがちょっとひっかかります。

「これ、対面販売だけなの。だから、ヤクルトレディーが宅配するの」

ふー。万事休す。不在がちの我が家にヤクルトを届けてもらうと言うのは現実的ではないかも…。いや、最近は若くて魅力的なヤクルトレディさんが多いので、KAY2が我が家にずっといるのなら、ぜひぜひ頼みたいところですが…(あ、KAY1が睨んだ!めんごめんご。)

その間、インターネットなどでも調べてみると、興味深い事が色々と出てきました。

・ヤクルトを飲むとインフルエンザになりにくい…かも。
 これ、あるブログで読んだのですが、面白いです。ブログの読者の方がブログの主催者にメールを送られた…ということで書かれているのですが、ヤクルトレディーのお話。そうだったんですねぇ。二階堂ドットコムさんの記事です。
http://www.nikaidou.com/old/2009/09/post_3522.php

・ヤクルトはなぜ65mlと、少量なのか?
 皆さん、思いません?もっとグビっと飲んでみたい…。なのに、この量では…。で、その理由は、お年寄りや子どもが一度に飲み残さずに飲める量というものだそうです。(なぜか中国や東南アジアのヤクルトはもっと量が多いそうです。)NTTコムウェアさんの詳しい記事です。
http://www.nttcom.co.jp/comzine/no035/long_seller/index.html

・毎日少しずつ…
 せっかく飲んだ乳酸菌、あわれ、やがては排泄。したがって、飲み続けることが大事だそうです。一方、飲み過ぎもこれまた、問題。ということのようです。「実践!女性のための美容・美肌雑学」というサイトの記事です。
http://beauty-labo.babyblue.jp/page057.html

・さらに…ヤクルトを大量に一気飲み…
…した方の記事。やっぱり…飲み過ぎに気をつけましょう(爆)。UGY WORKSさんのブログ記事です。
http://ugyworks.web.fc2.com/newpage115.html

・ついでに、海外のヤクルト、ホントに大きいんです。
 その理由が…ふるっています。開心香港街市さんのブログ記事です。
http://blog.goo.ne.jp/gogo-komomo/e/8dc63a0c165843caaeab9aca8d445b0b

さて、これは一つ飲んでみよう!と思うのですが、前述のように400LTの宅配は…と思っていたある日、スーパーに寄ったら300Vという製品が!

調べてみるとシロタ株は300億。それにビタミンCとEの補給も兼ねています。うん、まずは試しにこれを毎日飲んでみよう!

ということで、11月から始まったヤクルト生活。

半年たって、結果はどうだったか…ですか?

1、腹痛持ちのKAY2、腹痛の回数が明らかに減った。
ありがたいです。KAY2は胃腸が弱く、1ヶ月に何度か痛むのですが、その頻度、個人的な感覚では半減、いや、1/4に減ったような気がします。これは嬉しい!それと、朝起きてすぐ、なんとなく胃の調子が万全でないときも、ヤクルトを飲むと、落ち着きます。

2、風邪とインフルエンザにはかかっていない。
これについてはどちらもこの冬、かかりませんでした。ということはヤクルト効果?実は、KAY2、数年前から若い頃にやっていた瞑想を再開。さらに一昨年からヨガも始めちゃいましたから、その効果もあるかもしれず、なんとも言えません。それにインフルエンザは予防接種も受けていますし…。ただ、風邪については多分かかったかな…ということは1度あったのですが、結局症状が出ないまま、治まりました。そう、風邪にかからないのではなく、かかっても、免疫力が強くなっているため、症状が出ないという効果があるのかもしれませんね。

というわけで、そばで見ていたKAY1も飲み始めました。

で、もしかすると、こうしたことって、結構、皆さんも同時期に思いつく物かもしれません。というのは、KAY2がヤクルト300を飲み始めた当時、仙川のスーパーでは西友と丸正では取り扱っていませんでした。で、いつも京王とクイーンズ伊勢丹で買っていたのですが、結構売り切れることが多くなり始めていたんです。困ったな…と思っていたら、西友と丸正も相次いで販売開始。ということは、世間的にも需要が伸びている!?KAY2と同じように効果を実感した人が増えているのかもしれませんね。

それにしても日本の生んだ世界的健康サプリ、ヤクルト。なぜか、あの味はホッとするんですよねぇ…。

追記(2012年6月):
その後、ヤクルトレディーさんと話す機会があり、単刀直入に尋ねてみました。

「インフルエンザ予防に効果あるって噂があるんですが…」

「あの、あまり私たち、おおっぴらには言わないようにしているんですが、ヤクルト400で研究されていまして、その結果、効果があるという論文は出ているんです…。」

おお!やっぱり。そーなんですね。さらに、

「これからは食中毒の季節ですから、そちらにも…」

「ほぉ、食中毒予防にも!!!」

やっぱり、ヤクルトレディーさんに聞いてみるものですね。質問に答えてくださった可憐なヤクルトレディさんに感謝です。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/




コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる