スポンサードリンク


radikoでエリア外の局が受信できた不思議な体験



ご覧のように鳥取県米子市で東京のTBSが聞けたのです。



PCやスマートフォン、タブレットなどでAM放送が聞けるradiko(ラジコ)。

手軽に、しかもノイズがなく、とてもきれいに聞こえるとあって、ラジオの人気が復活してきているその支えにもなっていると言われています。

ただ、一つだけ利用者にとっての欠点は…。聴取エリアの制限があるのです。たとえば、関東では関東エリアの放送以外を聞くことができなくなっています。

でも、実際には全国各地の放送を聞いてみたいもの…そこで、地域の放送を聴くために様々な工夫をこらす実験が雑誌「ラジオライフ」などで紹介されていますが、なかなか実用的ではないようです。アンドロイドでは raziko というアプリで容易に受信できるようですし、iPhone や iPad などでは「脱獄」と言われる操作によって比較的容易に受信ができるようになるとか。しかし、その場合は iOS のバージョンアップを避けなければならない。万が一、本体に不具合が生じてもメーカーのサポートは受けられないなど、色々とデメリットもあるようですね。

ところが、今回、帰省中に妙な発見をしてしまいました。そう。写真のように、寝台特急の車内、米子駅に停車中、関東エリアの放送局が、フツーに、全て受信できてしまったのです。TBS、大沢悠里の「ゆうゆうワイド」が iPod Touch から流れてきてびっくり。回線は手持ちの NTT DOCOMO 3G回線によるポータブルWiFiです。もちろん iPod Touch に何ら細工はしていません。

驚いてしばらく画面を見つめ、固まってしまいました。山陰の風景を眺めながらの「ゆうゆうワイド」、不思議な感じです。

やがて理屈を考えてみます。

おそらく、東京で出発前に聞いてて、そのままログオフせずにつながっていたため、radiko が位置確認をせずにそのまま関東の設定で接続してしまったのでしょう。時間をおけば、きっとリセットされてあらためて位置確認され、山陰エリアとなり、受信できなくなるのだろうと思います…、と思っていたのですが、その後、何度 radiko を終了させても再度立ち上げると関東エリアのまま。結局2日後、 iPod Touchの電源をオフにするまで、ずーっと東京エリアのままでした。そう。iPod Touch本体の物理スイッチの電源をオフにすることで初めて、エリア変更となったのです。

ということは?

逆も真であれば、一旦山陰エリアを認識し、BSS山陰放送が受信できるようになった iPod Touch。東京に持って帰っても、電源をオフにしないかぎりずっとBSS山陰放送が聴ける!?

ということで、実験。

今度は帰京の際、一旦 radiko でBSS山陰放送を聴きます。続いて、夜行列車に乗り込み東京へ。そして、朝、東京に到着後、ホームで radiko を聞いてみると…。

radiko_bsswm.jpg

やった!

BSS山陰放送、見事に受信できます。そっか、こうすれば地域の縛りがなくなるんだ…。帰宅したら、あの長寿番組「音楽の風車」が聞ける!

と、喜び勇んで帰宅。念のため自宅の WiFi でなく、先ほどまでと同じ3Gの WiFi のまま radiko を呼び出すと…、自動的にエリア設定の文字が…。あれ?

あっという間に関東に戻ってしまいました。BSSはサイバースペースの彼方へと消えてしましました。

不思議…。

いやはや、残念至極。radiko の不思議を感じた一コマでした。一体全体…どうなっているのでしょう!?

ちなみに KAY2のように偶然ではなく、iPhone や iPod Touch などで本格的に地域外受信方法を実際にされた方のブログを見ました。条件の当てはまる人には比較的容易な方法かもしれませんネ。こちらです。





KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/




コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる