スポンサードリンク


電子書籍「自炊」の意外なメリット

KAYSが電子書籍の「自炊」(自分でPDF化すること)を手がけて1年以上が経ちます(こちらの記事をごらんください)。

大きなメリットとしては、

・数千冊ある本を次第に電子化することで、部屋のスペースが徐々に広くなった(まだ途上ですが)。

・すべての本をOCR化しテキストファイル検索ができるようにしたので、文字列の検索が出来るようになった。たとえば、今までは付箋をつけて、あとで探して開いていたような場所を、PC上でサーバーから呼び出し、自由に検索して取り出せるようになった。

・小さな活字の文庫本も、iPadやPCでは大きく表示されて読みやすくなった。

というのが大きいのですが、それ以外に当初予想しなかったメリットがあります。

・古く黄ばんで汚れた本を清潔に読むことができるようになった。

これ大きいです。この写真見てください。



これはKAY2が若い頃読んだ筒井康隆さんの「エディプスの恋人」です。文庫本で購入し、すでに30年近く。そう、各ページはすっかり黄ばみ、さらにほこりまみれに。こうなっては、とても再読しようという気になれません。

tsutsui2wm.jpg

ところが、これを電子書籍化してしまうと、ご覧の通り、黄ばみも消え、ホコリや紙魚(しみ)を気にすることなく読めるのです。これは意外な収穫でした。おお、また読みたい!というわけで、古い本を読み返すことが増えました。実際、「エディプスの恋人」、読み返し、若い時には気付かなかった様々な著者のメッセージを受け取ることができました。

背表紙を断裁するのは本好きとしては断腸の思いでしたが、こうして古い本がよみがえって何度も読んでもらえるというは、実は本にとって幸せなことではないかとも思えてきます。また、サーバーの中のフォルダーをジャンル分けすることで、本のタイトルを眺めるのも、実は書庫を眺めるのと同じようなわくわく感があります。そして、そこから読みたい本をそのままPCで開いて読んでもいいですし、iPadで読み込んで好きな場所で読むのもまた良し。もちろん、PCの検索機能を使えばタイトルの一部を入力すれば、一発で本が呼び出せます。「あの本、どこにしまったけ?」ということがないのです。

もう一つ、意外なメリットが。

いままでは新たに本を買う場合、これ以上我が家が狭くなると…と思って、二の足を踏むことが多かったのですが、それもなくなりました。だって、読んだら、すぐに電子化しておけば、いっこうに部屋のスペースは減らないし、それに、OCR化によって、自分自身の知的な財産になって、いつでも気になる一言が取り出せるわけですから…(これ、おそらく論文とか仕事のレポートを書く人には最強の武器になるに違いありません)。ですから、電子書籍の自炊が始まって以来、却って本屋さんで本を買う量が増えてしまったという結果になりました。

というわけで、震災をきっかけにさらに進む我が家の本とCD、DVDのサーバー化、その恩恵に浴する毎日です。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる