スポンサードリンク


KAY2が京王を好きな理由(わけ)

keio9000wm.jpg
この車両になってから座席が固くなりました。
KAY2は以前の方がよかったなぁ…。
それだけがちょっと残念。



KAY2が上京して京王線を使い始めて30年以上立ちます。その間、他の私鉄やJR沿線に住んだ事もあるのですが、結局京王沿線に戻ってきています。沿線の雰囲気が静かで素朴、それが好みに合うという事もありますが、実は京王電鉄という電鉄会社が割合好きということもあるんです。

住むのに電鉄会社で選ぶ!?何、それ?

と思われる方もいるでしょう。ま、それが全うな反応ですよね。

たとえば…、京王線の駅員さん。不愉快な経験をしたことがあまりないのです。逆で、むしろ、日々感心することが多いのです。人が駅で倒れた…なんてことを今まで数度目撃していますが、そのときの対応もいつも迅速で、的確。感心してしまいます。また、乗客への情報提供も多くの場合十分かつ適切。

あるいは、車内の路線案内図。必ず見渡せば、しっかりと見える位置に複数あります。これが例えば、以前使っていた別の私鉄などはごく限られた数しか無くて、不便。立ちあがって別のドア近辺に行かなければ見ることができないこともあります。こんなところでコストを削減しているの?と思わず思っちゃいました。実際には別の事情があるのでしょうが…。通勤電車は毎日乗るモノなので、沿線案内図を見る人は少ないと考えているのかもしれませんね。

歴史をひもとけば、京王電鉄(かつては京王帝都電鉄と言っていました)、例えば関東の私鉄で最初に冷房を通勤電車に採用しています。女性専用車も現代のシステム(戦後は国鉄にもありましたが)での導入は2000年で第1号。駅のホームにある冷暖房つきの待合室も。さらに言えば、歴史上きわめて珍しい、運賃の値下げも1997年に行っています。女性の乗務員の採用も早かった。現在のコーポレートカラー、車両にも採用されていますが、KAY2の好きな色合いです。そして、TVや映画のロケ申請を断らずにできるだけ協力するという態度でも有名。とにかく新しい物にチャレンジする傾向が強い私鉄だと思うのです。

先日車内の吊り広告にこんなのがありました。

keiodnawm.jpg

変革×挑戦のDNAを持つというのです。うん、確かにそうかもしれません。

もっとも、凡人のKAY2には意味のよくわからなかったチャレンジもあります。以前、沿線を幾つかのエリアに分け、それぞれに固有の色をつけたことがありました(ゾーンカラー)。例えば、府中は黄色、八王子エリアは青色という具合。しかもホームにその色を塗ったり、駅名表示板にも。何の意味があるのかなぁ…と思ったら案の定数年で廃止されました。本当は深い意味があったのでしょうが、もしかしたらKAY2のように意味が理解できない人が他にもいたのかもしれません。

そういう「進みすぎ」と見えるようなケースもままありますが、概して、京王の新しい試みというのは、興味深く、また、次第に他の私鉄に広がっていく気がします。

京王電鉄に不満がない?いえ、あるのはあります。

たとえば電子メールによるお客様窓口(広報?)。いままで何度かコンタクトを取ったことがありますが、残念ながら、その時の対応は…。まるで木で鼻をくくったような官僚的な文言の並ぶ回答をいただいただけでした。とほほ。ま、KAY2がたまたま当たった一部の担当者の方だけかもしれません。それに、もう5年以上前の話なので、現在はきっと改善されると…信じましょう!KAY2の好きな京王のことです、きっと大丈夫!(と思ってたら後日ある用事でメールしたら、全然変わっていませんでした。冷たいメール対応にがっかり…。京王電鉄殿、この点だけは改善したほうがいいと思います。)

あと、車両。最新型は今時は全国にひろがりつつある、いわゆる「使い捨て車両」(車両のコストを削り、短い寿命で使うタイプの車両)っぽい感じに似てきてしまい、椅子の座り心地が悪くなっています。これは多くの鉄道会社が同じなので仕方ないと言えば仕方ないのですが、ちょっと残念。

と、まぁ、不満もあるけれど、トータルでみればかなり良い線行っている私鉄という気がします。

というわけで今までの人生の半分以上、京王電車に乗る生活を送って、そのことには満足しているKAY2です。


追記:その後、ある所で、父、息子共に親子で京王に勤めていらっしゃる方の記事を読みました。お父さんが息子さんのの就職の際、京王も勧めたそうで、「客観的に見ても親が子どもに勧められる会社だと思いますね」と書かれていました。実際に働いていらっしゃる方にとってもそうなんですね。


追記その2:(2012年6月19日)
なんとここに書いた事、同じ事が専門家によって詳しく書かれた本を発見!
日本の私鉄 京王電鉄」(広岡友紀著、毎日新聞社刊)です。その32~33ページには「京王電鉄のこうしたサービス向上策が民鉄各社の底上げをしている。同業他社は「京王さんは余計なことをしてくれる」と苦々しく思っていると聞く。(中略)好感度が高い民鉄である。」とありました。
本当にそうだったんですね。京王頑張れ!とうれしくなるKAYSです。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる