スポンサードリンク


ラジオな話で2題 1.欧米ではラジオって凄いんです


こちらがその配信番組の冒頭から。当面、アーカイブで視聴できます。
URLやタイトルはこの記事の下にあります。



KAYS周波数掲示板(http://kays1998.bbs.fc2.com/)によく情報を書いてくださる noix さん、今回も耳寄りな情報をいただきました。12月15日にネット動画配信の Ustream でBCLファンにはたまらない番組が配信されるというのです。ソースはアジア放送研究会の掲示板。そちらに、その番組のホストの方ご自身から書き込みがあったのです。

その方は原麻里子さん。といえば、BCLファンには懐かしい!そう元BBC日本語部で活躍していらっしゃった方です。そしてゲストはまず秋島百合子さん。こちらも元日本語部員であり、多くの著作のある方。クラシックファンにはイギリスから音楽情報を伝えてくださる方としてなじみが深いでしょう。そして、もう一人のゲスト、TBSでBCL全盛期にBCLジョッキーという番組を作っていらした多木良國さん。

これは見逃せない!ということで教えてくださった noixさんに感謝しつつ、見ました。

いや、懐かしい声が…。そう、BBC日本語放送をよく聞いていた自分にとっては本当に懐かしい番組でした。

その中で一つ、おもしろい話が。始まって10分45秒前後、秋島さんと原さんの会話です。

秋島:「イギリスはね、ラジオを聴く人が大変多いんですよ。(テレビよりも)ラジオの方が高尚だというイメージがあるんです、いまだに。」

原:「そうなの。教育の良い人は目に見えるものに引きずられないという、そういう考え方が強いですもん。最近少し変わってきましたけど、まだ…。」


そうなんです。イギリスはラジオの地位が高いのです。人気投票でキャスターを選ばせるとラジオのキャスターがテレビを押さえて一位になったりするくらいのお国柄です。逆に言えば、日本はラジオに対して冷ややかすぎる感じがします。久米宏さんのTBSラジオ番組「ラジオなんですけど」というのはそういう意味でも「意味深」なネーミングですねぇ。

以前、KAY2がカナダで生活していたときに、仲良くしていただいた友人夫婦も言っていました。カナダではラジオは本当によく聞かれていると。実際、彼の家では四六時中ラジオが鳴っていました。奥様も「カナダでは料理を作るとき、結構ラジオを聴いている主婦が多いのよ。だから、夕方のラジオ番組って、人気キャスターが担当するの。」もちろん朝と夕は車の中でも良く聞かれるのはご存じの通り…。

もう一つ、KAY2がカナダ政府の要職にある方のお宅に招かれたとき(たまたま知り合いになっちゃったんですよぉ。まぁ、その話はいずれ)、彼の書斎に大きなラジオが…。へぇ、ラジオお好きですか?と尋ねたときの彼の答え、たぶん、一生忘れないでしょう。度肝を抜かれたからです。

「大きな出来事があり、重要な外交的・政治的決断をしなければならない場合、テレビではなくラジオニュースを聞くようにしている人は多いのです。テレビだとどうしても映像で感情的な判断になりがちですから。ラジオだと冷静な判断ができます。」

そうなんです。政府の意志決定にも重要な役割を果たしているラジオ。

日本では「冷たい扱い」をされるメディアですが、欧米の一部では、結構「すごいん」です。

そんなことを思いながら楽しんだ番組でした。

USTREAMの番組配信サイトはこちらです。
麹町ワールドスタジオ『原麻里子のグローバルビレッジ』
英国の夏の風物詩 BBCプロムスとTBSラジオ BCLジョッキー
http://www.ustream.tv/recorded/19138178


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/


いい音でラジオを楽しみたい!
という方はこちらでしょう…。



原麻里子さんの書かれた本はこちら。





ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる