スポンサードリンク


大腸内視鏡検査を体験 4 検査


手前に液晶テレビも。こんな快適な空間で検査前後、しばらく過ごします。


ムーベンの壁も越え、いよいよBクリニックへ。

事前情報として、行ってすぐに便の検査があり、それがOKだった人(固形物がなくなった人)から検査と聞いていたので、トイレを我慢し、クリニックへ。

午後1時半まで受付をすませることと指示書に書いてあったので、早めに1時には到着。20分ほど待合室にいましたが、その後、ロッカーで着替え、後ろに穴の空いた使い捨てパンツと浴衣のような検査衣に着替えます。その際、パンツは前後を間違えないようにとの注意。結構、男性の皆さんは間違えそうですねぇ(笑)。そして、ブースのようになった所に案内されて、そこで検査を待つことになります。

周りを見てみると、どうやら午前中から、自宅ではなくクリニックでムーベンを飲んでいた人が既に何人かいるようで、便意を我慢して1番のりをめざしたのは徒労でした。

さて、1時半になり、検査が始まったようです。やがて、隣の女性のもとに看護師さんがやってきて「あと10分ほどで検査なので、トイレをすませてください」と告げます。

そして2時過ぎ、今度は自分に声がかかりました。そして、検査室でストレッチャーのような台に横になります。指先に脈拍は血圧チェックの洗濯ばさみのようなものをつけ、腕には点滴が始まります。やがてドクターが登場し、名前の確認。「薬を入れますねぇ…」で、確かにやや意識が酔ったような状態となり、ろれつがまわりにくくなります。が、意識一応あるようです。で、内視鏡がゆっくり入ってきました。痛みがないという人も多いのですが、KAY2の場合、一度、かなりつっぱるような痛みがあり、思わず声が出ちゃいました。が、それ以外には痛み無し。なんとなく夢見心地なので、時間の感覚が失われているのですが、10分ほどでしょうか。特に何か処置をしたわけではないようです。ということは、最悪ガンならば酷すぎて処置無し…、でも、先生の穏やかな雰囲気からはそうではなく、やっぱり憩室炎かな。終わって、ストレッチャーのままカーテンで間仕切りされた場所に移り、30分くらいそのままになって休みます。

やがて、看護師さんがカーテンをあけ、立ちあがるように声をかけます。そして、元のブースのところに点滴のまま移動します。時間は3時15分。さらに20分ほど待ち、点滴が終わったころ、再び看護師さんが来て「では、待合室に」

待合室で10分程度待っていると看護師さんが1枚の紙を手にやって来ます。「この後、もうすぐに通常の生活に戻って大丈夫ですよ。」ということはやはり何も処置がなかったわけで、多分、憩室炎だったのだろうと踏みます。とりあず、ガンなどのポリープじゃなさそうですね。

間もなくドクターに呼ばれて写真を見ながら説明を受けます。

「やはりね、複数個憩室がありました。うち、この1つは血管の部分でここが炎症&出血をおこしたんでしょう。」
「この病気はね、予防のしようがないんです。まず、憩室ができる原因がわからない。で、もともと憩室を持っている人が日本人には少ない上に、KAY2さんのように症状が出る人はもっと少ないんです。それも、出たとしても普通は炎症か出血のどちらかだけれど、KAY2さんは両方ですからねぇ。珍しい。当たっちゃったということです。で、悪いことに、繰り返す可能性がある。その場合は、入院を念頭にいれて救急のある病院に行ってください。」
「で、今回、最初のAクリニックに行ったときの診断は間違っていましたが、偶然、処方はベストでした。その処方のおかげで治まったと思いますよ。今後も、そのAクリニックに駆け込むのであれば、同じ処方にしてもらった方がいいでしょう」

いえいえ、Aクリニックはこりごりです…。

食生活とか気にするところはありませんか?と尋ねてみました。

「便通が良くなるよう心がける以外には、特に良い方法はないのです。KAY2さんの場合はもともと便通がいいそうですから、この状態を続けて…としか言いようがないですね。」

会計をすませてクリニックを出たのは4時過ぎ。やれやれ。昨日の食事制限から考えると二日仕事でした。ガンでなかったのはよかったけれど、憩室炎と今後一生つきあわなければならないかもしれないと考えると…。

もう一つ。

実はガンの可能性を指摘されて以来、どうせこれで人生終わりならと、結婚以来KAY1にナイショで貯めてきたへそくり、ぱぁーっと全部使っちまえ!!とばかりに派手に使っちゃったんです。そう、ここ最近いろんな電器製品を買ったり、美味しいお店に行ったのはそのせい。ヘソクリがKAY1にばれちゃったし、「すっからかん」になっちゃいました。それで、フタをあけてみるとガンでなかったわけで、嬉しいやら悲しいやら。ヘソクリぃっ!かむばぁっっっっっっっっく!


次回、このシリーズの最終回に続きます。


大腸内視鏡検査体験記事(大腸憩室炎):
大腸内視鏡検査を体験 1 発端
大腸内視鏡検査を体験 2 検査前日
大腸内視鏡検査を体験 3 ムーベンを飲みやすく工夫!
大腸内視鏡検査を体験 4 検査
大腸内視鏡検査を体験 5 大腸憩室炎とは

KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる