スポンサードリンク


Squeezebox に iPengなどコントロールソフトを!



[この記事、2011年9月に書きましたが、2012年10月に加筆しています。]

KAY2が今年買い物した中で最も感動した製品といえば、多分、Squeezebox Touch でしょう。何年も前に iPod を購入したときに匹敵する、まさに生活を変えた買い物でした。詳しくはこちら。簡単に言えば、PCや NAS に入っている iTunes の音楽を無線LANを利用し、他の部屋のオーディオについないで自由に聴くことが出来る小さな装置です。データを Apple Lossless などのエンコードで入れておけば、音質はCDで聞くのと変わりなし。無劣化なのです。以前のように別の部屋のCD棚と行ったり来たりしながらCDを取っ替え引っ替えしながら音楽を聴いていたのがウソのよう。

で、この Squeezebox Touch を例えばウッドコーンスピーカーが素晴らしい JVC の EX-AR9 につなげて聞いたり、あるいは居間の大型トールスピーカー&アンプにつないで聞き、うっとりしたりしているわけですが、一つだけ、不便な事がありました。

KAY2は無類の音楽好きなので、iTunesには1万曲も入っています。すると、Squeezebox Touchで曲を探すのが大変なんです。そう。スクロールしかないので、アルバム名をスクロールするのも非常に時間がかかる!検索機能はあるのですが、日本語の入力ができません。小さな画面ですし。何とかしたいなぁと思っていたのですが、解決法を見つけました。

Squeezebox Touch は Logitech という会社が出しているネットワーク音楽プレーヤーSqueezeboxシリーズの一つです。で、海外では結構人気があるらしく、iPhone や iPad を利用した専用のコントロールソフトがいくつか出ているんです。そう。手元のiPhoneやiPadで操作できてしまうのです。で、数種類、そうしたソフトのデモ画面を見てみました。その中の一つ、iPengというソフトの画面を見たら検索窓を発見!iPadなら日本語入力ができる。やった!

そう、ついでにこれから本体を買おうという方のために言えば、Squeezebox Touchは本体に日本語が入っていませんから、本体に日本語表示をさせたい場合、フォントを入れて日本語化する必要があるのですが、リモコンとして使うiPhoneやiPadには日本語が入っていますから、こうしたアプリを導入し、リモコンとして使う場合、本体の表示を気にする必要はないので、本体の日本語化は必要なくなります。

ということで850円を出してApp StoreにてまずiPengからダウンロード。

さっそく立ち上げてみました。もう、何もせットアップしないままで、いきなり、寝室のSqueezebox Touchを見つけてくれます。そして、すぐにコントロール可能。体感的な操作方法でマニュアルは必要ありません。ちなみに Squeezebox シリーズの製品を複数台持っていると、ちゃんとそれぞれに表示され、もちろん、どれもこの iPeng で操作が可能になるのです。

いや、驚きです。電源のオンオフからボリューム調整、そして、曲の途中で、好きな部分まで飛ばせたり、本当に自由自在。さらに、待望の検索も。アルバム名に例えば「日本」と入れてみると、たちどころに「日本」の文字列を含むアルバム、楽曲、アーチストなどがリストアップされます。そして、選んだアルバムを即再生。アルバムアートワークは大きく表示されますから、iTunes に入れているアートワーク、今後は新たに曲を入れる際、最低でも640×640くらいの、できるだけ大きめのサイズにしたいですね。KAYSは1300×1300くらいの大きさで入れています。(これだけ画像データが大きいとアルバムを変えるとその後、表示されるまで時間がかかりますが、おそらくiPadなどがどんどん新しくなりCPUの性能が良くなると表示も速くなるでしょう。)

spad3wm.jpg

これ、本当に素晴らしいです。何度も操作しては感嘆の溜息。

やっぱり、Squeezebox Touch って凄いと改めて実感します。しかし、これは日本では正式に発売されていない製品なので、知ってる人はまだまだ少ないのです。気付いた人だけの生活革命…。日本で発売されている同様の機能を持った、いわゆるネットワークミュージックプレーヤーというのは何倍も、下手するとウン十倍以上値段がします(某社の製品は90万円!)。

ところで、上記ソフト、同じような操作ができるソフトは本家本元である Logitechが Logitech Squeezebox Controller というアプリを作り無料配布しています。が、こちらはアメリカのiTunesアカウントを持っていないとダメなんです。無料ということで魅力的なソフトなので、このアプリで試してみたいという方も多いでしょう。アメリカのアカウントを日本で取る方法もあります。ネットで検索してみてください。KAY2は iPeng(ユニバーサルアプリ)、SqueezePad(iPad専用)、そしてこのLogitech Squeezebox Controller の三種類をダウンロードして使ってみました。いずれも甲乙つけがたいアプリで便利です。

また、SqueezePadの場合、画面の左側に「1~0、A~Z、ア~ン(ひらがなまじり)、漢字」とアルバム名に使われている最初の文字の一覧が出てくるので、たとえば「あ」から「上」など飛んでいくときにとても便利。ただし、この機能、本来はアルファベットだけを想定しているだけに表示枠は狭いです。そこに漢字がひしめくと…、ま、おおざっぱな移動に使うとうことで。(漢字は音読みでの「あいうえお順」になっています。)

さらにSqueezePadの場合、右側にインターネットブラウザのタブがあり、現在聴いている曲に関して様々な情報をネットから取って表示させてくれます。たとえば、ある日、居間で、由紀さおりさんと Pink Martini の「1969」を聞いていました。曲が「いいじゃないの幸せならば」になります。以前新聞を読んでいたら、この曲、Pink Martini のトーマス・M・ロ-ダーレールさんが大好きで、「この曲を入れてくれなければ僕はこの仕事から降りる」とまで言わしめたと書かれていました。KAY1が「懐かしいねぇ。佐良直美よね。これ誰の作曲?」と訪ねます。瞬間指は Squeezepad の現在かかっている曲名をワンタップ。すぐに、wikipedia のページが表示されます。岩谷時子作詞、いずみたく作曲。第11回日本レコード大賞受賞曲。必要な情報がすぐに出てきます。

spad1wm.jpg

さらに、歌詞が見たいな…となれば、左側の歌詞を選んでクリックすると…「あのときあなたと…」。そう、ちゃんと表示されるんです。

spad2wm.jpg

KAYSは今まで持っていたCD(多分1000枚以上)をすべて2TバイトのNASに入れる作業を現在も継続中です。その際、実はCDについてくる印刷物をどうするのかが悩みでした。CDは押し入れにしまってしまうのですが、歌詞カードや解説も一緒にしまってしまうのは…と当初悩んでいたのですが、こうしてネットで情報が得られるのなら必要ありません。一緒に押し入れに…。

その後、居間では iPad に SqueezePad、寝室では iPod Touch に iPeng という組み合わせで使用しています(結局 Squeezebox Touch、気に入り過ぎちゃって2台になってしまったのです(笑))。

というわけで、数百円の有料アプリですが(Logitechのものは無料です)、それだけのことはあります。そのままでも素晴らしい Squeezebox Touch の魅了が数倍、いや、100倍になった実感がKAYSにはありますから。


KAYSのホームページはこちら http://kays1998.web.fc2.com/







ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる