スポンサードリンク


らんぷの湯(島根県出雲市)は絶対に行きんさい!




JRで島根に帰省し、出雲市駅で下車する場合、KAYSにとって「MUST GO!」とも言える施設があります。それが「らんぷの湯」。JR出雲市駅すぐそば。というよりも元駅構内。そんな場所にありながら、なんと天然温泉掛け流し。地下1800メートルから汲み上げているそうです。

東京から寝台特急サンライズ出雲で帰省すると午前10時前に到着するので、ちょうど、らんぷの湯のオープン時間にぴったり。おまけに朝は空いているのでのびのびと楽しめます。のんびりとお湯に浸かって、そしてレンタカーを運転して郷里の江津に向かいます。逆に、出雲市駅から東京へ向かう場合も、出発が19時前ですから、荷物を駅のコインロッカーに預け、17時頃に温泉に入り、18時前頃から温泉に併設の和風レストラン「神門」で食事をとって、寝台車に乗り込むというのも便利!

というわけで頻繁にそのお湯に浸かっているKAYSであります。

さて、今回、久しぶりの帰省で、またランプの湯に入ってきました。

大人は平日600円。土日祝日は700円です。

小さな休憩所を左に見ながら脱衣所に進みます。脱衣所、実は洗面台が4つ。それほど広くはありません。そうなんです。こちら、敷地は広いですが、140台収容の駐車場にほとんどが用いられており、温泉施設そのものはそれほど大きくないのです(サウナは3人入ればいっぱい)。それが唯一のマイナス点。ですから、らんぷの湯に行くときにはぜひ、混雑しない時間帯を選んでみてください。午前中などが穴場です。

さて、浴場に入ってみれば、天井からはランプがたくさん下がっています。そして、桧の香りが立ちこめて、雰囲気抜群。とてもJR高架駅のすぐ下とは思えません。

大きな湯船は底がやや大きめの玉石になっていますから、どうぞ気をつけてゆっくりと入ってみてください。足裏を刺激してなかなか気持ちよいです。

ゆっくりと入った後は、体を洗い、さらにサウナに、そしていったん汗を流してから外にでて水風呂に……という典型的なコース。外はちょっとした竹林があり、昼間でも少し暗い空間となっています。

そして、その外にKAY2が愛してやまないものが…。

lumpnoyu2wm.jpg

そう、この写真、一人用の湯船。これが3つあるのです。贅沢! この湯船に浸かって目の前の竹林をのんびりと眺める瞬間のなんと贅沢なことか…。

竹林は外敵から安全な場所なのか、鳩がのんびりとしていたり、あるいはトンボや蝶が舞っています。鳩もよく見てみると普段目にする落ち着きのない状態ではなく、本当に動きがのんびりしています。この竹林が安全な場所となっているのでしょう。そんな穏やかな光景を見ながら湯船に浸かっていると、身も心も洗われていきます。

というわけで、帰省の際には必ず寄るらんぷの湯。みなさんもぜひどうぞ!

もちろんJRで行かなくとも、上記の通り、車で行っても駐車場が広々としてますから、便利。

lumpnoyu3wm.jpg

らんぷの湯
  ランク:AA
  電話:0853ー20ー2626
  住所:出雲市駅南町1ー3ー3
  時間:10:00~22:00
     受付は21:30で終了
  定休:第1水曜日
  値段:中学生以上:700円
     4才以上小学生以下:400円2
  場所:駅 徒歩30秒!
  地図はこちら

KAYSのホームページはこちら

KAYSの温泉めぐり記事:
ひかわ美人の湯(湯の川温泉)で美肌に!
旭温泉 かくれの里 ゆかり (島根県浜田市)
温泉で心の洗濯~湯谷温泉(島根県・邑智郡)
手軽に温泉、食事、宿泊が楽しめる「きんたの里」
有福温泉の「ぬしや」でもらい湯(島根県江津市)
らんぷの湯(島根県出雲市)は絶対に行きんさい!




ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)



コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる