スポンサードリンク


仙川駅徒歩5分圏内に6軒目のスーパーが誕生!




先週金曜日、ついに、スーパーの「いなげや」が開店しました。


これで京王線・仙川駅から徒歩5分圏内に合計6軒のスーパー・マーケットが出来たことになります。甲州街道を挟んで南に「西友」「丸正」「京王」「クイーンズ伊勢丹」、そして北に「ライフ」と今回オープンした「いなげや」。

こんな街、日本国中探しても、そうはないはず。買い物でついつい他店と比較してしまう関係で、時間がかかってしまって大変でもありますが、一方、あの店になかったので、この店に行けば…ということもあり、結局、便利さを実感します。

で、先日早速「いなげや」に行ってみました。元住宅展示場だったところ(その前は工場だったとか)なので、巨大な敷地です。そこに「いなげや」を始め、いくつかの店舗が横並びに入っています。そう、基本的にワンフロアなんです。低層住宅地だからでしょうね。クリーニングや歯科、そして美容室やドラッグストアなど生活に必要な店がいろいろと入っています。さらに、コーヒーショップの「コメダ」が出来たのも便利ですねぇ。仙川で2店舗目となる「ファッションセンターしまむら」はちょっと遅れて16日にオープン。

で、広い店内を見て回りましたが、個人的に「おお!」となったのは

・冷凍食品の品揃えが豊富。他店を圧倒しているかも…。
・ワインはデイリーワインを中心に安くて美味しいモノが揃っている。
・総菜が豊富。総菜コーナーだけでなく肉売り場や魚売り場などにも点在。この日買った「厚切りロースの極みトンカツ」はホントにぶ厚くて「まい泉」のようにやわらかいカツにノックアウト。
・パンも種類が豊富で美味しそう!しかも、隣にイートインコーナーがある。
・広いけれども、品物の配置が比較的わかりやすい。
・南側のクイーンズ伊勢丹にもある神代農協の販売コーナーが!これはいい。


と、こんな印象です。で、気になったのは店舗の作りが大きさは異なるものの、すぐ隣の「ライフ」にも似ている点。これは「ライフ」にとっては脅威では…と思い、「いなげや」を出て「ライフ」を覗いてみました。

うん、やっぱり「いなげや」効果でしょうか、こちらはお客さんが通常より少ないようです。とはいえ、まだ「いなげや」開店直後ですから、きっと落ち着けばお客さんも戻ってくるのでしょう。

で、ふとワインの棚をみてみると、こちらも、デイリーの価格帯を中心にしていますが、いなげやとはかなり品揃えが異なります。なるほど、ワインに関しては両方覗いて、いろいろと試してみるのもアリですねぇ。

ところで、KAY1は「私は「ライフ」の方がいいな。だって、「いなげや」は広すぎて…。店内を歩く事を考えると「ライフ」がちょうどいい。」

と、こういう意見もあるんですね。

ちなみに、以前にも書きましたが駅の南側4軒のスーパーはそれぞれに独自色が濃く、うまく棲み分けをしています。

「クイーンズ伊勢丹」は高級食材や珍しい輸入食材などもそろえ、すこし贅沢をしたいときに便利。そして神代農協のコーナーでは新鮮な野菜が。特にKAYSがおすすめなのは枝豆だったりします。

「西友」は24時間営業が便利。そして、圧倒的な価格の安さ。特にヨーグルト、レトルトカレーなど加工食品などは他の追随を許さず。

「京王」は駅舎にあることもあり、仕事帰りに便利。おまけに、野菜など、1個ごとの販売があり、1人暮らしの大きな味方。また、時折行われるシールによる食器類の安価販売は意外と高級な食器が手に入るなどお得。

「丸正」は野菜の新鮮さと安さが抜群。またお店&周辺で日曜日に行われる朝市も物凄い数のお客さんをさばきます。またこのお店の叉焼がラーメンにぴったりとKAY2はお気に入りです。


というわけで、またもやスーパーの増えた仙川。それぞれが個性を発揮して皆さん WIN-WIN(共存共栄) となって欲しいものです。



KAYSのホームページはこちら










ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる