スポンサードリンク


レーシック手術、4年たって~病院選び


「レーシック治療のウソ、ホント」(根岸一乃著・メディカルサロンの健康学習文庫)
この本、すでに出版されて年数がたちますが、レーシックについて客観的に書かれた良書です。
KAY2もこの本を読んでレーシック手術のメリットとデメリットを理解しました。
ちなみに著者の根岸ドクターは白内障の専門家でもあり、そのお人柄と技術は本当に素晴らしいです。



KAY2がレーシック手術を受けてすでに4年がたちます。その際の記録「レーシック(イントラ)体験記 これって失敗!?」はおかげさまで多くの方々に見ていただいているようです。

KAY2の右目に白内障の兆候が見られることに気づいた大学病院での再検査を受けず、一方、それに気づかなかったクリニックで手術を受けた結果、左目は視力が1.5に戻ったものの、右目は0.8。その後、どんどん視力が下がり、ついに0.2まで落ちてしまいました。その後のことは別の「白内障手術体験記(多焦点眼内レンズ)~レーシック後の白内障手術にチャレンジ~」に記しています。

レーシック、興味を持つ方は相変わらず多いようです。そこで、手術から4年たった状態で、改めてレーシックについて、これから受けたいという方に、どこで受けたらいいかを僭越ながらアドバイスをするとすれば…。あ、とはいえKAY2は医療の素人、かならず受ける場合はご自身で医師にいろいろ確認してくださいね。

自分の目の状態に全く問題がないという方は、手術料の安い大手美容系のクリニックでも大丈夫かもしれません。医療の世界になぜか詳しいKAY1をとおしてお医者さんに聞いてみましたが、技術も、多くの患者さんを扱っている所であれば、まず失敗は少ないようです。ただ、必ず日本眼科学会が認定した眼科専門医がそろっているところにしてくださいネ。数年前に起きた「銀座眼科」の事件は衝撃的な事件でしたが、まさに、眼科専門医がおらず、機器のありえないほどずさんな管理がもたらした悲劇です。そして、できるだけ執刀数の多いクリニックをお勧めます。それと視力が1.0以上には戻らないというケースは必ずあります。完璧ではないということは頭にいれておいてください。あるクリニックの公表しているデータでは一割は1.0未満になるそうです。また、万が一、問題が生じたときに、どんなケアをしていただけるのか、具体的な話を根掘り葉掘り聞いた方がいいです。

問題は、少しでも目の状態に不安がある方。こうした方はなんといっても、術後のケアがしっかりした大学付属病院などを選ぶべきではないでしょうか。その場合は手術の料金が数倍になりますが、いざというときにはそれだけのことはあります。さらにいえば、そうした病院は検査の時点で、とても慎重です。少しでも疑いがあれば、非適応としてしまいますが、それはKAY2の例を見れば正しいわけです。

さて、KAY2がレーシックを受けて困った点をまとめれば


もともと右目に曇りがありました。美容系クリニックではそれを初期の白内障と思わず他の病名をつけ、手術は大丈夫としました。一方、別の大学病院ではその病名を否定し、白内障の可能性をあげ、そこで手術するのなら、もう一度、くわしく検査をしたいとされていました。そこでなら、たぶん、手術は非適応となり、その後のKAY2の悩みも解消されていたでしょう。


その美容系クリニックでは他の多くの美容系と同じく、目に関するデータを手術に関するものだけとっていたため、元々の目の眼軸長(レーシックで変化してしまいます)などのデータをとらずにいました。が、それが後で白内障の時に重要なデータだと知ったのですが、すでに時遅く。大学病院では後々のことを考えて、必ず適応検査の後、手術の事前検査でそうしたデータもとるそうです。

というわけで、レーシックでクリニックを選ぶ場合、ご自身の目の状況によって選んだ方がいいと思います。事前の検査などは複数のクリニックで行うことが望ましいです。その上で判断を。大学病院などは事前検査が有料ですが。

そしてもう一つ。美容系のクリニックで受けられる場合も、かならず出来るだけ多くのデータを取り、しかも、そのデータはコピーをもらってください。KAY2の場合、上記のようにデータが少なかったのですが、それでも術前術後のデータを500円ほどでコピーしてもらったのが、白内障の手術で役に立ちました。クリニックによってはそうしたデータをいつまでも保管していないところもあるでしょう。しかも、クリニックが倒産などでなくなってしまうこともあります。ご自分でぜひデータは保管してください。

白内障でない左目についていえば、今でも遠方視力は1.5。本当によく見えています。いろいろあったけれど、手術をしてくださった美容系のクリニックには感謝しています。特にそのクリニックの院長は非常に良い先生で、術後検査でひどい対応のお医者さんたちに複数出会い、困っていたところ、同じクリニックでレーシックを受けた仲間から院長は良いと聞き、指名してからは、適切なアドバイスをたくさんいただき、本当によかったと思います。

というわけで、これからレーシックを受けようかな…という方、特に中年以降の方はKAYSのホームページ、「レーシック(イントラ)体験記 これって失敗!?」をよろしければ、参考になさってください。長い記録ですが、いちばん最後にある「FAQ」から見ていただければ、わかりやすいと思います。


KAYSのホームページはこちら








ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる