スポンサードリンク


若いって…特権ですが…、マナーもお忘れなく。


こんな風に他にお客さんが誰一人いなければいいのですが…。


注意:お食事中の皆さん、悪いことは言いません。この項目、食事の後で読んでくださいね。


京王線、ある朝の出来事です。

いつものように新宿行きの各駅停車に乗り込みます。

通勤ラッシュが一段落しようかという頃、各駅停車ということもあり、時折空席が。そのうちの一つにKAY2が腰を下ろします。

目の前には若い女性が二人。まだ十代とおぼしき雰囲気です。お一人は頭は金髪。もうお一人も髪の毛は不思議な色合い。そしてジャラジャラと言わせる装飾品を一杯に身につけて、ある種の世界の方達という雰囲気です。

その隣が空いていましたが、サラリーマン風の若者が座りました。

さて、その女性二人、とにかく声が大きいのです。元気ハツラツオロナミンCといった案配で(古すぎ!)、そして、その年頃のせいか、とにかく明るく楽しそうに話しています。そして、言葉遣いは完全に男っぽい。「おめぇよぉー」「ざけんじゃねぇよ」という、これも「ある種」の雰囲気満載の会話。

そこまではいいのです。まだ、時折出くわす、普通にある光景。

ところが、ある時点で雲行きが怪しくなってきました。

女性A 「俺よぉ、今朝、気分悪くてよぉ」

女性B 「おめぇ、いつものことじゃん!」

女性A 「それがよぉ、気持ち悪くてよぉ。洗面所で歯ぁみがいてたら、急にオエッって…」

女性B 「飲みすぎたんじゃねぇの?きのう」

女性A 「バッカ、飲むかよ。金、ねぇんだよ。で、だんだんムカムカしてきてよ、で、オエってやっちゃたんだ」

女性B 「キッタネェッッッッ!」

女性A 「で、匂いが臭くて臭くてよ」

女性B 「わはははははは!」

女性A 「昨日食ったニンジンなんかがそのまま出てよぉ」

女性B 「キッタネェッッッッ!」

女性A 「ゲロゲロしたら、またゲロっぽくなってきてよぉ、もっかいゲロって出たら、今度は3連発でおえ、おえ、おえって」

女性B 「バッカじゃねぇの」

女性A 「今度はどろどろのシイタケだろ、それと…形がぐちゃぐちゃになった野菜とか…」


そのときです。


突然隣の青年、立ち上がったかと思うと、二人を「キッ」っと睨みつけ、他の席に移動していきました。

あっけにとられた二人、しばらく目が点になってお互い顔をみあわせていましたが、

数秒後、

はじけたように笑い出します。

そして、声を揃えて叫びました。

「聞こえてたんだ!!!ヤッベェー!!!ハハハハハ!!!」

あのね、あなたたち、そんな90デシベルの声で、しかも朝の通勤電車の中で話していたら、そりゃ、お隣さんどころか、車両全体に聞こえるでしょ。と心の中でつぶやいていたKAY2、実は、他人の事は言えません。

学生時代、まだ10代の頃です。ある書店の入り口で友人のH君と偶然出会います。で、「どうしてる」なんて会話のうちは良かったのですが、その後、次第に妙な展開となり「最近見た気持ち悪い虫」について話し始めたら夢中に。

若者の特権…他人が目に入らなくなるんですねぇ。

そのうち、寄生虫の話とかそんなになったところで、突然、小日向文世さんによく似たお店の人に声をかけられました。

「あのさ、あんた達、ウチの店の営業妨害なんだよね。お客さん気味悪がって入ってこないんだよ。すぐ出て行ってくれる!?」

瞬間、我に返り、ひたすら平身低頭、平謝りに謝ってお店を飛び出しました。

というわけで、若いって…。自らの反省をこめて、やっぱり、周りのことも気にしましょうね、お嬢さんたち…。通勤電車ですから…。(-_-;)


KAYSのホームページはこちら






ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

コメントの投稿

非公開コメント



スポンサードリンク
プロフィール

KAYS1998

Author:KAYS1998
KAYSとは二人のKAYのこと。
KAY1:くいしんぼなお姉さん
KAY2:自称「炎の料理人」
詳しくはKAYSの
ホームページで!
どうぞよろしく!!






島根県をコッソリ応援!
島根県の公式「裏」サイト
「リメンバ~しまね」です。


京都の旅行情報
京都の旅行情報
KAYSはトリップアドバイザーさんのお勧めブロガーに認定されました!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
スポンサードリンク
KAYSホームページの内容
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる